妖怪の嫁がほしい

永瀬ようすけのブログ ただのブログです

誕生日

ちょっと過ぎちゃいましたけど22日誕生日でした。
誰かFAを描いてくれただろうと、読者ページF5連打してましたがきてませんよ?

…あ、きっと大作すぎてまだ出来上がってないんですね^^


というか三年連続実況しながら誕生日を迎えた。
なんという…でも観ててくれた人ありがとう!

写真は誕生日記念撮影。
こんなたくさんの人(+アクマとか妖怪)に祝ってもらえて幸せだなぁ!
蝋燭はあったのだがケーキがなかったので蜜柑ね。



efb38d75.JPG









あと誕生日の前の日にアシのせんせーとメッセをしてて、
「明日、誕生日なので梨花ちゃまがおめでとうってやってる絵クダサイ!」
と言ってみたら快くひきうけてくださり、誕生日にフルカラーの梨花ちゃまもらったぜい!


しかもリクエストしたわけではないのにスク水…!
さらに紺スク(普通の)、赤スク、白スクの3パターン!!
糞萌えたのでモニタにチュッチュして携帯の待ち受けにしてしまいました。






独り占めしたいから誰にも見せないぜ!!!うひひー!!!! 



あけおめこ

あけましておめでとうございます。

年末年始はPCがトロイまみれになって大変でした。
その結果Cドラをいれなおしたんだけれど、
ビルダーをまたインスコするのが面倒でまだやってないので
HPがまったく更新されていないのです。


あとでまとめて日記更新しようと思います。

今日担当さんに完成した四コマを送ったら、すぐ電話がかかってきて
「選考は今日ですよ」といわれウヒャーとなった。

担当さんは10日と言ってたはずなのだが…
僕の耳が腐ってて勘違いしたのか、担当さんが間違えたのかわからないが
今月(一月分)にまわされることになりました。
こういう大事なことを確認しないのは僕の悪い癖なので死にたくなった。
ついでにPCのCPU使用率がずっと100でまた死にたくなる。
でもこれは解決したので生きようと思う。


一ヶ月の間に考えている漫画をネームにしよう。

・放課後ゾンビクラブ
 科学教師の企みでゾンビ化した生徒たちがころしあう。読みきり用は無理くさいかも
・タタラバ鉄塔
 山奥になる大きな鉄塔からは怪電波がでてて人がおかしくなってく
・せいぎのヒーロー
 変身グッズを手に入れた主人公が悪を倒すんだけどエスカレートしてく
・ケガレクイ
 ものについた穢れをとる人の物語
・フミキリ
 目の前で姉の自殺を目撃して頭の中で踏切の音が鳴り続けるおんなのこの話
・あと歪んだ愛情をもった女の子二人の話とかあんま細かくきまってないのがいくつか


こっから形にしていくのが大変なんだよな…。

持ち込み

人生三回目の持ち込みにいってきました。

とりあえず、講談社にいって携帯漫画+アシで全く進展してなかったヤンマガの編集者の方と打ち合わせ、
どうせならと竹書房に行くついでに四コマもってってみました。

要約すると
・小学生っていう設定がとっつきづらい
・あんまりグロいネタ(とくに小学生に)はできない
・ちゃんと絵かけるんだからストーリーで行ったほうがいい

と、いう感じでした。
そのまま新しくできたプロットのうち便所飯の話と
あと二個、好感触だったもの(ヒーローものとヤンキーもの)をとりあえず
ネームですすめてく感じです。


んでそのまま護国寺から飯田橋の竹書房へ。(まんがライフオリジナル)
女性の編集者のかたが見てくださり色々と批評をうけました。
・導入だけで終わってる感じ
・うちはファミリー層だからあまりきつくないのを
・背景、人物描きこみ杉。もっとシンプルに
・主人公のキャラをもっと生かして

と結構、色々批評されて
「ああ…やはり駄目だったか…かえって焼酎飲んで不貞寝しよう」
と思っていたら、
「でも全体的には楽しんで読めたので、今やっている月間賞に応募しませんか。
この作品を手直ししてネームを打ち合わせしながら。」
といって名刺をくれたので
「え…はいじゃあそうしたいです」と言い、
「じゃあがんばりましょうね」「がんばります」
と言って帰ってきました。


今回思ったのは、新人の場合だとあまり自分の趣味(僕の場合オカルト、グロとかあと残酷なバッドエンドとか)
を前面に出しすぎるのは駄目だと思ったことですね。
そういうのはある程度力がついて、認めてくれればできるようになるし
それより「雑誌が求めているもの」をもっと考えて描かなきゃなーと思いました。

あーでもエロティクスfとアフタにも持ち込みしたいなあー。
ある程度内容は決まっているのに…描きたい漫画が多すぎてどうにもならん。


とりあえず12月はアシと携帯漫画の本業をこなしつつ、
ヤンマガとまんがライフのネームを考えよう。
それで余裕があったらエロティクスfとアフタ用の漫画描いて、
さらに余裕があったられのん描こうと思うぜ!腹へった。

絵柄

今回のれのんの更新で結構の人に絵柄が変わったと言われた。
てか実際結構自分でも変わったと思う。

最初の頃〜其の九くらいまでは自分の素の絵柄だった。
その後アシになり、そこで先生の生原稿を見て色々影響を受けた。
プロは本当に「うわッ」と思うくら線も綺麗で、
他にトーンのつけ方、髪のツヤベタの仕方、目の描きこみとか
色々真似させていただいたわけだ。

ここらあたりの絵柄はちょっと可愛い感じだと思う。
(一話リメイクZIPあたり、消してしまった17、18話あたりが影響が顕著)

そのあと、もっとホラーっぽいリアルタッチの絵柄にちょっと変わった。
カケアミをつかいはじめて、陰影を強調するような感じに。
そしてトーンをちょっとずつ減らし、あんまりカラフルでなくなった。
個人的に白黒で殺伐(?)としてるほうがホラーとかオカルトにあってる
かなーと思ったからだ。
髪のツヤベタは米欄の通り田島昭宇先生とか小畑健先生の描き方を真似てます。


今、仕事で描いてる漫画は女の子が可愛くてなんぼのもんだから
ちょっと方向性が違うかもしれないけど、今の絵柄が自分では一番好きだなー。
でも将来描きたい漫画は民俗学とかオカルトとか古代史とかからめた漫画
(妖怪ハンターとか宗像教授シリーズとか木島日記みたいなの)なので、
将来的のことを考えると可愛い絵柄に戻すよりこのままのがいいかなと。

この前も担当さんに「ちょっとホラーみたいで怖いです」って言われたし、
友達や米欄でも「前のほうがかわいくてよかった」と言われたし、
できた四コマを見せると「全然マンガライフでもきららでもねーな、
どっちかっていうとアフタヌーンだな」って言われましたが…。

プロになって絵柄が固まって、絵柄使い分けるとかならありかもしれんけど、
今はこの方向で描いていきたいんどすえ。

とりあえず来週はひさしぶりに講談社で打ち合わせだー
早く誌面デビューしたいです。

画像は気分転換に昨日、本スレに投下した辛苦。
shinku



四コマ

24fba607.jpg

持ち込み用の四コマかいてます。
デビューしたのはいいけど見てもらう人に300エンはらってみてもらうのが
なんとなく申し訳ないような気がするので雑誌デビューしたいなぁ。

小学生モノをかいたことがないので、小学生ものを描いてみようかと。
小学生の女の子が電波クラブに拉致られて電波な学校生活を電波に送る話。

ほんとは「禁ドン!(僕が大好きなグロ四コマおすすめです)」
くらい脳漿がとびちったり内臓引きずり出されたりすればおもしろいのだけれど、
オカルト要素だけ残してまったりしたのを描いてみようと思います。


まんがライフとかあたりって絵柄とか雰囲気てきにどうなのかしら。

あと鉄塔ホラーと踏切ホラーの短編を考えているのだけれど、
なかなかうまくいかないです。


とりあえず11月中には完成させようと思いまふ。

剥離骨折

HPの9月1日の日記に書いたのだが、
WIREではしゃぎすぎてすっ転んでしまい中指が腫れてしまった。

軽い突き指くらいかなと思って放置していたら
一ヶ月以上たってもあいも変わらず腫れ腫れ愉快のままなのだ。

そこでやっと病院にいったら「剥離骨折」だかなんだかで
「このまま放っておいても治らない」らしい。
それどころか「もっと悪くなる」恐れもあるらしい。
「腐ってきて削げ落ちる」こともありそうだ。

そして今まげないようにグルグルにテーピングされているのです。
おそろしくタイピングがしにくくてイライラします。

左手だったからよかったがこれが右手だったら終わってた。
三話目にして「断筆」という状態に陥るところだった。
それどころかぺんもうまく握れないのでアシも満足にできない…!
もちろん其の間だけ「肉体労働」などすることも不可能…!

仕事ができなくお金を稼げない僕は生きる屍となって
日々濁った目をして部屋のすみで暮らしていかなくてはならないところでした。
会社とかだとどうにかなるかもだが漫画家のような個人の仕事は
こうなったら終わりだ。
いや、それどころか電気代も水道代もガス代も家賃もローション代も支払えなくなり
待っているのは…「死」。

恐ろしいああ恐ろしい。
これから右手だけは怪我しないようにしよう。
つきゆびでもペンタッチがおかしくなる可能性がある。


そしてこれは余談なんだが前に編集の人と喫茶店で何気なく雑談していた時、
担当の人が明日御祓いにいくとかいうことで、僕がこんなことを聞いた
「実際ホラー漫画とか描いて祟りにあうんですか?」
やっぱり結構「ある」らしいのだ。

趣味で描いてるぶんにはないけどそれを「仕事」で描き始めるとあるらしい。
「それも体の左側になんかおこるんだよね」とのこと。
今かいてる漫画は幽霊が出てくるがホラーではないので偶然だとは思うが
ちょっとだけビビりました。


絵を描くみなさんも利き手の事故には気をつけてくださいねマジで。

漫画

10月から連載するケータイ漫画の二話目のうちあわせにいってきた。
おととい一話目を脱稿したばかりなのだけれど。

行く途中に大雨が降り、編プロについた時にはびちょ濡れだった。
傘もバキバキにぶっこわれた。

とりあえず三話まで描いて、そこでもいっこ違う作品をかいて
人気あったほうを本格的に連載するって感じらしいです。

一個は幽霊モノなんだけども一個は女子高生百合ギャグ的な感じになりそう。
9月中に残り二話を仕上げて、も一個のネームも完成させねば…。

んでほのぼのスプラッタオカルトグロ四コマもどっかもち持ち込みに行きたいから
それも10月中くらいまでは完成させたいなぁ。
今かいてる漫画にオカルトグロ要素が全くないから補充しない駄目なんです。
四コマは結構パパッとかけそうだからいけるかな。
もうある程度ネームはできてるし。

あと編プロに黒岩よしひろ先生とか千之ナイフ先生とかの原稿あったから、
見たかったけど言えませんでした。今度行ったらがんばっていってみよう…!

今年はとりあえず漫画ばっか描いて終わりそうです。
でも漫画ばっか描いてご飯食べていけるのならそれでいいや。

アシがあさってまでに終われば高円寺の祭と本郷探検にいけるかもしれないから
がんばろう…!と思いながらまたさっきまでDrマリオをやってしまいました。

持ち込み

日記も漫画も全く更新していませんでした。
ちょっと色々ありまして。

と、いうのも人生初の「持ち込み」というものに行ってきまして。
大手出版社Kのざわざわしてるあの雑誌です。僕の中で神漫画でもあるAとKがやっていた。

言われた感想を要約すると、
「おもしろいし、絵とか背景もちゃんと描けてるし女の子もかわいい。
話はまとまりすぎてる感がある。でもうちよりはエースっぽいね」
って感じです。

これが先週の話で、名刺を頂いて「新しいネームかプロットできたら見せて」
とのことだったんでさっそく今日また新しいネーム持って行ってきました。
打ち合わせ?と言っていいのか分らないのですが、楽しかったです。
二時間以上色々アイデアとか出し合ったりコマ割とか台詞とか構図とか
編集さんとあーだこーだ話して決めていくのはおもしろかったです。

こんな僕の漫画に色々と考えてくれる時間をとってくれてる編集の方には
頭があがらない次第でございます。

とりあえず賞取り用のネーム、半分はOKもらって
後半は何パターンかプロットにしてまた来週持ってくつもりです。

あと雑談の中で、「新都社って知ってますか?」と聞いたら知りませんでした。
でもオナマスは知っていました。YOKOさんの知名度はさすがだなぁ!

コミスタ

コミスタをインスコしてずっと使用してなかったのを思い出して
ひさしぶりに起動してみた。
 
あれこれ弄ぶってみたけれど、使用方法がさっぱりだ。
たしか前もこうやってちょっといじってからやめちゃったんだよな。
 


でもあれですね。これは使いこなせれば色々と便利そうだなぁ。
しかし僕みたいにペンいれまでアナログな人は、
一体どの段階でコミスタ作業に入ればいいんだろうか。

トーンとか補正とかの仕上げの段階だったら写真屋で十分な気がするし。
デジタルで線画かかない僕にはあまり意味のないものなのだろうか。
素材とかは色々使えそうなのあるけど。

一時期、線画もデジタルで描こうと練習したんだがどうにも慣れずに結局あきらめた。
だから仕方なくくそでっかいスキャナとか買っちゃったんですよ。
やっぱりGペンでカリカリ描いたり、筆ペンでベタフラ入れる方がいいんだよなぁ。

「今から色々使い方覚えるのめんどくさいし、まぁオレには写真屋で十分だわ」
とかここで思っちゃうから成長しないんですね。




正直それよりも3D技術を取得したい。
ShadeかPoserかMayaか。なんかオススメあったら教えてくださいませ。

アナログとデジタル

しんとしゃ見てみるとデジタルが圧倒的に多いですね。
やっぱりそのままUPできるし、気軽に描けるからでしょうね。

プロとかになると半々くらいでしょうかね、今は。
僕の作業手順はというと、

・ネームノートにネーム描く
・原稿用紙にミリペンで枠を描く
・そのまま下書き
・ペン入れ(Gペン、丸ペン)
・スキャナで取り込み
・フォトショで線画修正、トーン(グレスケ&POWER TONE)などの仕上げ

って感じですね。半々。
線画はデジタルだとどうも慣れないんだよなぁ…。

それぞれの(僕なりの)利点、欠点をあげると

−−−−アナログ−−−−
○原稿用紙全体を原寸でそのままを見れる
○ペン入れがデジタルより早い(ツヤベタとかも色々)
○でき上がった時にデジタルより満足感がでかい
○ペンと原稿用紙さえあればどこでも描ける
●細かいミスならいいが、大きなミスだと修正が大変
●トーンにお金がかかる
●手汗、温度、紙質、あったペン先、専用定規など環境揃えるのがめんどい

−−−−デジタル−−−−
○修正が簡単
○UNDOができる
○トーンにお金がかからなく無制限(拘ろうと思えばソフトにお金かかるけど)
○集中線などが簡単にできる
●本格的に描くならスペック、ソフトなどある程度必要
(僕の場合、ペンタブ、ソフト、大判スキャナ、メモリ、専用HDDなどで30万近くつかってた…)
●気をつけないとちょっとしたことでデータ消えたりする
●時間かからないように思えて、細部まで気になっちゃって結局時間かかる

こんなとこでしょうか。
やっぱ今の半々が一番あってる気がするな…!


カラーは完全デジタルなんですが、コピックとか使ってみたい今日このごろです。
コピックの絵、見るとあの色合いいいなぁと思うんですよね。
でも色をたくさん揃えるとなるとまたお金かかりそうだなぁ…。

livedoor プロフィール

永瀬ようすけ

まんが
http://www.koku-kiseru.net/zinseitop.html
ついった
https://twitter.com/youtantan

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ