妖怪の嫁がほしい

永瀬ようすけのブログ ただのブログです

2008年02月

コミスタ

コミスタをインスコしてずっと使用してなかったのを思い出して
ひさしぶりに起動してみた。
 
あれこれ弄ぶってみたけれど、使用方法がさっぱりだ。
たしか前もこうやってちょっといじってからやめちゃったんだよな。
 


でもあれですね。これは使いこなせれば色々と便利そうだなぁ。
しかし僕みたいにペンいれまでアナログな人は、
一体どの段階でコミスタ作業に入ればいいんだろうか。

トーンとか補正とかの仕上げの段階だったら写真屋で十分な気がするし。
デジタルで線画かかない僕にはあまり意味のないものなのだろうか。
素材とかは色々使えそうなのあるけど。

一時期、線画もデジタルで描こうと練習したんだがどうにも慣れずに結局あきらめた。
だから仕方なくくそでっかいスキャナとか買っちゃったんですよ。
やっぱりGペンでカリカリ描いたり、筆ペンでベタフラ入れる方がいいんだよなぁ。

「今から色々使い方覚えるのめんどくさいし、まぁオレには写真屋で十分だわ」
とかここで思っちゃうから成長しないんですね。




正直それよりも3D技術を取得したい。
ShadeかPoserかMayaか。なんかオススメあったら教えてくださいませ。

アナログとデジタル

しんとしゃ見てみるとデジタルが圧倒的に多いですね。
やっぱりそのままUPできるし、気軽に描けるからでしょうね。

プロとかになると半々くらいでしょうかね、今は。
僕の作業手順はというと、

・ネームノートにネーム描く
・原稿用紙にミリペンで枠を描く
・そのまま下書き
・ペン入れ(Gペン、丸ペン)
・スキャナで取り込み
・フォトショで線画修正、トーン(グレスケ&POWER TONE)などの仕上げ

って感じですね。半々。
線画はデジタルだとどうも慣れないんだよなぁ…。

それぞれの(僕なりの)利点、欠点をあげると

−−−−アナログ−−−−
○原稿用紙全体を原寸でそのままを見れる
○ペン入れがデジタルより早い(ツヤベタとかも色々)
○でき上がった時にデジタルより満足感がでかい
○ペンと原稿用紙さえあればどこでも描ける
●細かいミスならいいが、大きなミスだと修正が大変
●トーンにお金がかかる
●手汗、温度、紙質、あったペン先、専用定規など環境揃えるのがめんどい

−−−−デジタル−−−−
○修正が簡単
○UNDOができる
○トーンにお金がかからなく無制限(拘ろうと思えばソフトにお金かかるけど)
○集中線などが簡単にできる
●本格的に描くならスペック、ソフトなどある程度必要
(僕の場合、ペンタブ、ソフト、大判スキャナ、メモリ、専用HDDなどで30万近くつかってた…)
●気をつけないとちょっとしたことでデータ消えたりする
●時間かからないように思えて、細部まで気になっちゃって結局時間かかる

こんなとこでしょうか。
やっぱ今の半々が一番あってる気がするな…!


カラーは完全デジタルなんですが、コピックとか使ってみたい今日このごろです。
コピックの絵、見るとあの色合いいいなぁと思うんですよね。
でも色をたくさん揃えるとなるとまたお金かかりそうだなぁ…。

livedoor プロフィール

永瀬ようすけ

まんが
http://www.koku-kiseru.net/zinseitop.html
ついった
https://twitter.com/youtantan

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ