2010年01月24日

いったい腰への負担はどれくらいあるの?

腰の痛み

があると言う事は、腰に痛みが出る前に
かなりの負担をかけていたことになる

実際のところ

腰にかかる荷重を調べた人がいる
(もちろん医療系の学者さん)
(1988、Nachiemson)

その一部を書くと

なんと

体重が70kgの男性・・


立っているだけで100kgもの部分的負荷が
腰にかかっている!(腰椎椎間版L3/L4間)

体重よりは少ないと思っていたけど
よくよく考えてみると

人間、じっと立っているつもりでも、
完璧に静止しているわけでなく
身体の中で体重移動したりしているわけで・・


そりゃ、腰も痛くなりそうだ

Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大野   2012年10月22日 22:22
初めまして。通りすがりの大野と申します。私も腰痛持ちで、腰痛関係のネットを色々と見ていたらここにたどり着いて、ブログを興味深く読ませていただきました^^

体重よりも重い数字はかなりショックですね…腰痛が治る気がしなくなってきました(泣)興味深い記事をありがとうございます!通りすがりではありますが、応援しています^^

コメントする

名前
 
  絵文字