腰痛体操&腰痛解消グッズでイタイのとんでけ〜!

腰痛体操&腰痛解消グッズでイタイのとんでけ〜!
腰痛はとてもつらいですよね。腰痛になる前の予防から腰痛になってしまってからの改善までに役立つグッズや腰痛体操をたくさん紹介します。





原因が特定できない非特異的腰痛0

原因が特定できない非特異的腰痛

日本整形外科学会と日本腰痛学会による腰痛診療ガイドラインによると、腰痛は次の3つに分類できます。

1、がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
2、まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの
3、原因が特定できない非特異的腰痛

これらの分類は、発熱や胸部痛といった危険信号の有無などで判断されますが、このうちの原因が特定できない非特異的腰痛が腰痛患者の全体の85%を占めるそうです。

つまり、腰が痛いと感じている人のかなり多くが原因が特定できない、ということになるのです。ぎっくり腰もそうです。ぎっくり腰とよく言われている腰痛は、急に腰が痛くなる症状の総称で、特定の原因による特定の病名ではありません。また、腰痛には筋肉や骨に異常があるのではなく、ストレスが原因となっているものも多く、その場合も非特異的腰痛に分類されます。

腰痛診療ガイドラインによると、ストレスが原因の非特異的腰痛には、職場の人間関係や仕事量の多さ、仕事上の不満、鬱状態など心理社会的要因が関与しているので、その治療にはストレスを軽減するために認知行動療法などの精神医学療法が有効だそうです。

腰痛だったら整形外科、という選択肢だけではなく、心療内科もありうるということですね。あなたの腰痛はどうでしょうか??

また、非特異的腰痛の場合は安静は必ずしも有効ではなく、できるだけ普段の動きを維持した方が早い改善につながるそうです。発症から3か月以上たった慢性腰痛には腰痛体操などの運動療法は効果があるということなので、さっそく腰痛体操をやってみてくださいね。

腰痛体操(イラスト解説つき)




腰痛予防・改善に水中後ろ歩き0

全国的に梅雨明けして、いよいよ夏本番。
暑いときは涼しくプールで腰痛体操をしましょう。

プールの中、つまり水中では浮力があるので、腰の負担が軽減できます。
でも、ただ前進するだけの水中ウォーキングでは
水の負荷でやや腰を反ったような姿勢になりがちです。

そこで、水中で前に歩くときは、陸上を前進するときの感覚よりも、

★ぐっと腹筋に力を入れて、
★後ろに反らない意識を強く持って、

歩くことがポイントです。

さて、今回は、「水中後ろ歩き」を紹介します。

水中を前に向って進むのはたいへんでしたが、
水中を後ろに向って歩くことは、不自然に体が反ることもなく、
逆に、浮力により、日常は反り気味で体重を支えている腰の負担を開放し、
水圧により、腰をやさしくストレッチします。

陸上での後ろ歩きよりも、後ろにかなり体重を移動するので
まさに水中ならではの、スペシャル腰痛改善後ろ歩きです。

詳しい歩き方は、説明とともに、
下記リンクをクリックしてイラストをご覧ください。

腰痛の予防・改善に水中後ろ歩き


1、プールに右足に重心を乗せて立ち、左足を後ろに下げ、

  両手を横に広げて水をかく用意をします。

大きく息を吸って・・・

2、息をふぅーっと吐きながら、両手で胸の前方に水を押し出すようにかき、
  手を合わせます。

  同時に、腰を引くようにして重心を後ろに移動し、

  体をやや前屈するように、腰を丸め、

  左足に重心を乗せます。

動きを止めずに、さらに重心を後ろに移動しながら、

3、左足に重心を乗せて立ち、右足を後ろに下げ、

  両手を横に広げて水をかく用意をします。

大きく息を吸って・・・

 ・・・・と、繰り返しながら後ろに歩いていきます。

陸上だったら、後ろに尻餅をついてしまうくらい、
しっかりと後ろに重心を移動してくださいね。

手のかきをうまく利用するのが上手に進むコツです。

腰痛予防・改善に効果のある腰痛体操〜サイドアップ0

連休も終わってしまいましたね。
仕事があった人も多いようですが、あなたは十分休めましたか?

行楽疲れで腰の具合が悪くなっていませんか?

長時間のドライブは、腰に負担がかかります。
逆に何もせずごろごろと休日を過ごしていた場合は、筋肉が弱っているかもしれません。
連休明けは腰に十分注意して仕事を再開してくださいね。

さて、今回も自宅の床の上で簡単にできる腰痛体操を紹介します。

どうぞリンクをクリックしてイラストをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
腰痛予防・改善に効果のある腰痛体操〜サイドアップ

1,左脇腹を下に横になり、左肘で上半身だけを持ち上げて支えます。
肘の位置は肩の真下です。

2,右腰を持ち上げて、おへそを凹ますように力を入れ体幹をびしっと固定し、
上半身と下半身を結ぶラインがまっすぐになるようにします。
ぐらぐらしないように肘の支え、腹筋など体幹の筋肉にぐっと力を入れてその姿勢を10秒間維持します。

3,力をゆるめて右腰を下ろします。

4,右脇腹を下にして横になり、同様に行います。

左右とも10秒間ずつ×3セット、行いましょう。

腰痛を予防・改善する腰痛体操〜ドローイン0

ちょっと暖かくなってきましたが、腰の調子はいかがでしょうか?

腰にかかる負担を軽減させて腰痛を予防したり改善するためには
筋肉を強くすることが大事です。

無理な動きや偏った姿勢で腰にかかる力に負けない強い筋肉、
加わる力のクッションになるしなやかな筋肉が
あなたの腰を腰痛ベルトのようにがっちり守ってくれるのです。

・・・といっても腰痛の予防・改善のための筋トレは
スポーツクラブのマシンやダンベルなどを使ってハードにやるものではないので
安心してください。

自宅の床の上で簡単にできる腰痛体操です。

どうぞリンクをクリックしてイラスト動画をご覧ください。
↓↓↓↓↓
腰痛を予防・改善する腰痛体操☆ドローイン

スマホでご覧の方はこちらのリンクです
↓↓↓↓↓
腰痛を予防・改善する腰痛体操☆ドローイン スマホ版


お腹の奥の腹横筋という筋肉のエクササイズです。
正面の腹直筋、脇腹の腹斜筋、
そしてその奥にまさしく筋肉の腰痛ベルトのように腹横筋はあります。

では早速やってみましょう。

1,仰向けに横になり、両膝を曲げて足裏をしっかり床につきます。

このとき、自然な背骨のカーブにより
腰と床の間にややスキマがあることを確認してください。
(イラスト動画の黄色い部分です)

両手は太もも付け根のやや上の下腹に置きます。

2,息を吸いながら、おへそを床に近づけるようにお腹を凹ませます。

息を吸いながらお腹を凹ませるのは初めは難しいですが、
胸に空気を入れるように意識して、慣れるとできるようになります。

・・・というか、日常の自然な呼吸はこのようになっている場合が多いです。


このとき、床と腰の間のスキマはなくなり、腰はぴったり床についています。


両手でお腹の奥の方が硬く引き締まっていることを確認してください。

凹ませたまま5秒間キープ!

3,息を吐きながらお腹をゆるめます。

繰り返しです。10回、繰り返しましょう。


筋肉は1日で強くなるわけではありません。
就寝前などの習慣にしてぜひ継続してくださいね。


腰痛の痛みと疾患の可能性0

腰痛の痛みと疾患の可能性

腰痛の原因はいろいろあり、
なかなか原因を特定できない場合も多いようです。

そんなときの判断材料の目安として参考になるのが「痛み」です。

どこが、どうしたら、どのように、痛むのか?
このことを自分自身でよく感じてみてください。

もともと背中や腰の周辺は痛みを感じる神経が少ないので、
自分の痛みの程度をきちんと知覚するのが難しいのです。

でも、その痛みを正確に感じて、言葉で表現することができると、
医者にかかった時にも診断にとても役立つのです。

一般的には、
姿勢を変えたり動いたときに痛みを感じる、
または痛みの強さが変化する場合は
骨や筋肉、神経などの整形外科的疾患で、

動いても動かなくても常に痛みを感じる場合や、
じんわりと不快な痛みが数か月も長引く場合は、
内臓などの内科的疾患である可能性が高いです。

また、最近ではストレスによる心因性の腰痛も増えているようです。

病院に行くときは、整形外科だけでなく、
痛みの質に応じて内科や心療科なども検討してみてくださいね。




腰痛は心理ストレス?〜腰痛の診療ガイドライン0

腰痛は心理ストレス?

日本整形外科学会と日本腰痛学会が作った腰痛の診療ガイドラインによると、

腰痛は発熱や胸部痛といった危険信号の有無などで以下のように分類されます。

1,がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
2,まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの
3,原因が特定できない非特異的腰痛

この、3,の「非特異的腰痛」というのはレントゲンやMRIなどの画像検査では骨や神経に異常が見られず、ストレスが原因と考えられています。

つまり、職場の人間関係や仕事量の多さ、仕事上の不満、鬱状態など心理社会的要因が関与しているというわけです。

この非特異的腰痛は腰痛全体の約85パーセントにあたり、ほとんどの腰痛が心理ストレスが原因かもしれないということです。

治療のためには整形外科的な治療ではなく、
ストレスを軽減するためにものの考え方を変える認知行動療法などの精神医学療法が有効だそうです。

また、安静にしていれば治るというわけではなく、非特異的腰痛ならできるだけ普段の動きを維持した方が早い改善につながり、特に発症から3か月以上たった慢性腰痛には腰痛体操など運動療法が有効だそうです。

日頃から適度な運動に親しみ、ストレス解消に心がけることが腰痛予防にもつながるのですね。

腰痛解消!「神の手」を持つ15人0

腰痛治療で定評のある施術家たちを紹介した本が出版されます。
 2014年最新版『腰痛解消!「神の手」を持つ15人 』(現代書林特別取材班・編著)
なかなか自分に合う治療に巡り会わない人も多いですね。
 自宅や職場の近くだったら、受診してみるとよいでしょう。

 —目次—
はじめに
01 たいよう回復院院長 井澤秀己先生
02 東葉コンディショニング総院長 加賀谷慶太先生
03 川井筋系帯療法治療センター総院長 川井太郎先生
04 小林整骨院グループ総院長 小林英健先生
05 からだ快福センター・ことぶき院長 高橋寿一先生
06 東京肘圧整体院院長 高原浩二先生
07 整体マッサージ・ベストバランス院長 中村篤史先生
08 成瀬整骨院院長 成瀬 豪先生
09 極理整体専門学院院長 林 一成先生
10 川口しば整骨院院長 文 英智先生
11 堂島針灸接骨院院長 前田登貴子先生
12 街のカイロプラクティックセンター院長 三浦良泰先生
13 豊橋AKSカイロプラクティック院長 水野久植先生
14 律動法研究所本部・周気堂治療室院長 茂木 昭先生
15 さかい関節医学研究所院長代理 山崎純人先生

腰痛予防に脇腹を強化しましょう〜チューブサイドベント0

腰痛予防や改善に効く脇腹のエクササイズを紹介します。

腰痛の予防や改善には腹筋を鍛えろ、とはよく言われることですが、

腹筋は、大まかに分けると

お腹の正面の腹直筋、お腹の奥の腹横筋、そして脇腹の腹斜筋があります。

今回の腰痛体操は、この脇腹を鍛えるエクササイズです。

腹斜筋は身体を横に曲げたり、ひねったりするときに働く筋肉です。

ちょっとひねった拍子に腰を痛めた・・・なんていう話はよく聞きますね。

そうならないためにも、
横の動きやひねりの動きに強くなっておくことが
腰痛の予防・改善に大切なことなのです。

では、さっそくやってみましょう。





スマホでご覧の方はこちらのリンクをご覧ください。
↓↓↓↓↓
腰痛予防に脇腹強化 チューブサイドベント スマホ版


腰痛予防に脇腹強化 チューブサイドベント

トレーニングチューブなどと呼ばれるゴムバンドを使います。

なければ、弾力のあるストッキングなどでも代用できます。

1,両足を肩幅よりやや広く開いてトレーニングチューブを踏み、両端をやや引っ張るように持って立ちます。

2,息を吸って、吐きながら上体を右に傾けます。このとき前かがみにならないように、胸を張るように真横に傾けます。左手にトレーニングチューブの張力を感じながらそれを引っ張るようにしっかり右脇腹を曲げてください。

3,息を吸いながら中央に戻ります。

4,今度は反対側です。息を吐きながら同様に上体を左側に傾けます。

左右で1回と数えて、10回×3セット繰り返しましょう。

ポイントは脇腹をきゅっと曲げるように意識すること。
骨盤が左右に振れてしまう、腰ふりダンスのようになってはいけません。
骨盤はしっかり真ん中に、上体だけ左右に曲げるのです。

脇腹の筋肉が強くなり、
ふいに横に曲げる動きやひねることがあっても腰を痛める危険性が減ります。

うれしいおまけとして、ウエストが引き締まります!

腰痛の予防・改善に効くバランスボールエクササイズ☆バランスボールに足乗せキープ0

腰痛予防や改善に効くバランスボールエクササイズを紹介します。

下記リンクをクリックしてイラストサイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓
バランスボールに足乗せキープ


スマホでご覧の方はこちらのリンクです
↓↓↓↓↓
バランスボールに足乗せキープ スマホ版


バランスボールに足乗せキープ

腰痛の原因のひとつは腹筋や背筋など体幹の筋力の弱さやアンバランスです。

体幹の筋力アップとバランス改善に効果大のエクササイズです。

バランスボールを使います。

1,仰向けに横になり、バランスボールに足を乗せます。

その時点でボールが左右に動かないように、
ボールの中心をはさんで左右にかかとをおいてくださいね。

2,かかとを支点にして、お尻を持ち上げます。

肩とかかとを支えにして、まっすぐ体全体に力を入れてください。


両手は左右の床を軽く押さえましょう。

お尻のほっぺたをぎゅっと中央に寄せるようにしながら
おへその周りに力を入れるイメージだとよいです。

3,そのまま10秒キープ! ぐらぐらしないで〜

ゆっくり下ろして、3セット行いましょう。

ヒップ周り、腹筋、背筋など
腰痛の予防や改善に効果的な体幹の筋肉が
奥深くから引き締まるエクササイズです。

体がぐらぐらしないようにキープすることで
腹筋、背筋などの左右の筋力バランスも整えられます。

腰痛に効くツボ☆腰痛穴0

今日は、腰痛に効くツボを紹介します。

手の甲にある「腰痛穴」と呼ばれるツボです。

下記リンクをクリックしてイラストサイトをご覧ください。
↓↓↓↓↓
http://coolbody.net/yo-tu/yotu-tubo.html

スマホでご覧の方はこちらのリンクです
↓↓↓↓↓
http://coolbody.net/yo-tu/yotu-tubo-sm.html

イラストの赤い☆マークのように人差し指と中指の骨の谷間と、
薬指と小指の骨の谷間にあります。

人差し指の腱、中指の腱の間、
薬指の腱と小指の腱の間をそれぞれ指でなぞっていき、

赤い☆マークのあたりを適度な強さで押すと、
ツーンとしたイタ気持ちいいくぼみがあります。

そのくぼみが腰痛穴です。

右の腰が痛かったら、右手の腰痛穴、
左の腰が痛かったら左手の腰痛穴を押します。

指先や手ごろな棒の先などでグリグリと押してください。

長時間の同じ姿勢だった時や
力仕事などで疲れがたまっているときはもちろん、
日常から何かと押すようにしていると腰痛予防にもなります。