《主婦の友》社から出ています。
白髪の方だけを取り上げた1冊です。
近頃は白髪を《グレイヘア》と呼ぶんですって。
《白髪頭》より
ずっとスマートですね。

     ワタクシメの周りで
髪を染める事をやめた人は
皆様、口を揃えてこう言います。
『呪縛から解き放たれた』と。

  

    綺麗なグレイヘアになればいいけれど
それは賭けね。
艶だってなくなるし。
なかなか難しいことだと思うのです………


    この本に登場するマダムは皆様素敵にグレイヘアを風になびかせてらっしゃいます。
ですがこの本に登場するのは全員外国人。
しかもパリマダム、素敵なはずです。
中にはグレイヘアを綺麗に保つために
マッサージや高級オイルを欠かさないという方も。
なるほど………
歳を重ねて《グレイヘア》を素敵に楽しむためには
やはり日々の努力も必要なのですね。
参考になりました。


   若い事ばかりがもてはやされる日本と違い
フランスという国には
年齢相応を讃える考えが根付いていると聞いたことがあります。
だからこそ
グレイヘアでも自信を持てるのかもしれませんね。
日本にもグレイヘアの素敵なマダムが沢山存在することを
今以上に世間が認知したならば
違ってくるのかしら。



   染めることをいつやめるか
ワタクシメにとっては
まだまだ先の問題だけど
その時のオシャレも含めて考えると
ワクワクします。


   話はそれますが
《白髪》は《グレイヘア》という
素敵な呼称があり
定着しつつありますが
《老眼鏡》の《リーディンググラス》は
なかなか広まらないわね。
どうしてかしら。
長いから?
《シニアグラス》のほうが定着しているかしら?
老眼鏡も素敵な呼称で定着して欲しいなぁ…………