化粧に使うブラシをワタクシメは
このように手作りのケースで保管しています。

   これを作ったのは約30年前。
汚れが目立たない色とはいえ
かなり汚くなったなぁと感じるようになったので
作り替えることにしました。
ちなみに
時代に合わせて化粧方法を変えていまして
その都度ブラシは替えています。
ですので
30年使い続けたのは入れモノだけ。


    今、更新すると
30年持つことになりますから
今回の作るものは
死ぬまで使うという計算に。
なので
明るめの色を選択。
《年齢が進むほど小物は綺麗な色で》と
思っていますので。


   この生地、ハギレコーナーで400円ほどでした。

   難しいのは苦手なので
サクサク取り組み
あっという間に出来上がりました。
緑のバイアステープは
家にあったもの。

   工夫した点は3つ。
1点目は
収納時クルクル巻くのですが
巻く時にブラシ同士がくっつかないように
ブラシを覆う生地を縫い付けました。
今までのものにはついていなかったのですが
あったらいいなぁと思っていましたので。


   2つ目は
前回もあった綿棒入れを
この位置に
この色で。
   化粧の時
このサイズの綿棒は必需品ですからね。
しかし
運針、雑ですねぇ
アップに耐えられない!
色々作ってはいますが
ワタクシメの腕はこんなモンです。



   3つ目は
眉カット用のハサミケースを縫い付けました。


     完成。

     しまう時はこの状態で


    《クルクル巻くので
厚みがないほうが便利》なーんて
心の中で言い訳しつつ
端の始末はこんなんです。

    ブラシを覆う布の端もこんな状態
ギザギザ鋏で切っただけ。
これから30年も使うというのに
いいのか?
これで…………