いつの頃からか
《料理は鍋》と頑なに信じているワタクシメ。
厳密に言うと《料理は鍋と素材》ではないでしょうか…………
今回は鍋のハナシ。


   そんなワタクシメの食指をくすぐる鍋が登場。
その鍋は《バーミキュラ》という名前です。
発売と同時にその性能の良さが話題となり
すぐに売り切れ。
注文するも
半年以上待つことに。
この度やっと手元に届きました。
鍋ばっかり増えてどうするんだろ。


   カタカナ名ですが
日本のメーカーです。


   この鍋
 話題となったのはその密封性。
さすがメイドインジャパンです。
野菜だけでスープが出来るというふれ込み。
ホント??
やってみました。


    ニンニクとベーコンを炒めた鍋に
玉ねぎとキャベツを投入。
少し炒めて蓋をして弱火で1時間。
あれ?
スープにならなかったので
急遽、変更です。


   トマトピューレ(手作りを保存してあったもの)を加えて
なんだか訳がわからない料理が出来上がりました。

    コレ
調味料を使ってないのに
コクがあって凄く美味しいものに出来上がりました。


    茹でたアスパラで色気を出して
朝食へ。




    添付のレシピ本を読んでみると
スープにするなら
少し水を足すみたい。
なーんだ、そうなのね。


    ワタクシメが購入したのは
この色の
このデザイン。
    この深さの鍋は初めてだけど
凄く使い易いです。