暑い時期のゴルフは苦手。
なぜ苦手なのかと言うと
暑すぎるとプレイに集中出来なくなるから。
なので
少しでも快適にプレイできるように工夫しています。
その工夫とは下半身を涼しくすること。


   出発前にインターネットで調べた香港の気温は32、33度。
だけど
実際の体感気温はもっとあったな。
海が近いので海風もあるのですが
蒸し暑いのなんのって。


   最高気温30度越えの日のゴルフには
麻素材のパンツを履くことにしています。
粗い目の麻素材は
風を通してくれるのです。
下半身を通り抜ける風は
わずかでも
気持ちを助けてくれます。
今回も2本持参。


    その麻素材のパンツはこちら。

    なぬ?
太すぎる?
それはパンツじゃなくて
ワタクシメの身体のハナシですね。
このくらいワイドパンツだと
パンツの中を通る風を感じることが
出来ます。


   今や
麻のパンツがなければ
夏のゴルフを楽しむことが出来ないのです。
集中力が途切れてしまうのです。
なので
このパンツはオーダーしています。
太すぎるデザインが
益々太ってみえることも
承知しています。
そんな外見のことより
暑さをしのげる事のほうが
重要なのです。



   余談ですが
写真左手の彼女は香港のゴルフ講師。
偶然にも
同じ方向見て
同じポーズ。
たぶん考えてる事も同じだと思うの。
すごーい打ち下ろしのホールを見ながら
ワタクシメはこう考えてマシタ。
《なんて打ち下ろしだ!
この風の強さと方向だから
何番で打とうかな》と……………