鈴本演芸場に落語を観に行ってきました。
専用会場での寄席は初体験です。
前回の《ドゥーエ・ドゥ》での落語に続き
落語づいてます。


   昼の部
12時半〜16時半
中に入ると
ほとんどの客が何か食べてました。
寄席って食べていいのね!
知らなかったわ。


   落語、漫談、ジャグリング、奇術、紙切りと
たくさんの出し物がありました。


   落語家って
皆様、演技達者。
凄い!


    終わりの出口では
鳴り物が………
あら、素敵!
『またどうぞ』と聞こえたわ。


   高座中
ほとんどの落語家が話しながら
羽織を脱ぐのだけど
その所作が美しいの。
勉強になるわぁ


   この日
1つ面白い謎かけを仕入れてきたので
ご紹介します。
《永年連れ添った夫婦》とかけて
《治りかけの風邪》ととく
そのココロは
《熱は冷めたがセキが抜けない》