南青山の《根津美術館》にて。
9月3日(日)まで開催。



   焼き物の器の歴史に
触れることが出来ます。


   大皿の文化って
中国から日本に入って来たとか、
紀元前13世紀頃に
信じられないほど精巧な青銅器が
中国で作られてたとか、
展示を見終えると
中国に対する意識が変わるかもしれません。


   紀元前13世紀って
日本ではまだ縄文時代も始まってないのよね?
そんな頃に中国では
もうこんな器を作っていたの??
と衝撃でした。


   1つもらえるとしたら
どれにしようかなーって
考えながら鑑賞しても
楽しいかもです。
黄色の釉薬をかけた器や
庶民の志野焼きの器とか
良かったなぁ。