2011年05月

DSC02327.jpg

気に入っているサングラスを壊しちゃって悲しんでたら パパが新しいのを買ってくれたんだ。 どう? 新しいサングラスもいい感じでしょ? え?? 以前よりお兄ちゃんぽくなった? そうだよ、だって僕、 夏の終わり頃には本当のお兄ちゃんになるんだもん! 嬉しいなぁ。 あ、でもね、 赤ちゃんには大切なサングラスは触らせないよ。 よだれでドロドロにされたらたまんないもん!

2011050919150000.jpg

大豆ダイエットを続けること約1週間。 なかなか良い感じです。 特に便通が良いのです。 大豆は繊維が多いということを実感しています。 大きな声では言えませんが…… 今までの人生で体験したことがないほどの空砲も出ます。 長いものでは3秒も奏でるのです。 しかも品の良い音で! 植物性たんぱく質だから上品な音なのかしら… え?? そんなハナシ、聞いたことない? ま、そうですよね。 所構わず発されるものを横で聞いている夫は 『上品な音か?』と言っていますから………………… この大豆スープダイエット、 お腹いっぱい食べられるので (大豆だからいいかなと勝手にお腹いっぱい食べてるだけですが…) 更年期ダイエットの大敵である空腹感もないし これなら続くかも!って 思います。 写真は ダイエットとはまたも無縁の写真ですが、 夏用の新作バッグ第2弾です。 麻の生地に刺繍をしました。刺繍には《ラフィア》という夏の素材を使っています。

2011042520430000.jpg

大豆を毎日たくさん食べるには…とあれこれ考え さまざまなドレッシングをかけたり 焼き肉のタレをかけたり しました。 その末、《スープ》という料理法にたどり着いています。 スープのダシはベーコンと固形スープの素。 具は大豆と玉ねぎとそして彩りに枝豆。 枝豆は《茶豆》にするのが小さいこだわり。 1日1食はこれを食べるようにしています。 先日はベーコンを切らしてしまったので 冷蔵庫に残っていたウインナソーセージを輪切りにして入れてみたら それでも十分美味しかったんです。 手軽だし、安上がりなので それ以来迷わずソーセージを使っています。 でも、これでホントに痩せるのかなぁ… 先日発売の女性誌でも 大豆は美容に良いと特集記事になっていました。 なんでも大豆に含まれるイソフラボンが女性には凄く良い効果をもたらすんですって。 いいコトずくめかも… 頑張ってみよ。

2011043022430000.jpg 2011043022420000.jpg 2011052008520000.jpg

骨量アップ、体重ダウンを目標に掲げるワタクシ。 せっかくなので大豆戦法で骨量に変化があるか調べてみたくなり、 内科を受診し今の骨の量を測定してもらいました。 骨量って痛みもなく短時間で簡単に測定できるんですね。 3枚目が測定している写真です。 結果は5段階評価の《 3 》で一応年齢に対し平均値とのこと。 しかしこの《 3 》という評価は、決して安心してていい値ではないようです。 てっとり早く骨量を増やし、骨粗しょう症を予防するために カルシウム剤の内服を始めてもいい値だそうですが 大豆の効果を試してみたいので とりあえず内服はしないことにしました。 半年後にもう一度測定し比較します。 そこで変化がなかったら カルシウム剤に手を出してしまうかもしれません。 大豆はカルシウムの吸収を助ける食品なので やはり牛乳やチーズも積極的に摂ったほうがいいみたい。 骨折によりダイエットが思わぬ方向に向き始めました。 おっと、危ない。 軸は歪んじゃいけません。 ブログもゴルフも!! でも、 ブログはすでに歪みっぱなしとのご指摘を多数いただいておりますが…………………………………………………………

2011042519580000.jpg 2011042519590000.jpg 2011042606430000.jpg

ダイエットと骨折の為 大豆摂取を心がけようと思ったワタシ。 毎日お腹いっぱい食べたいので、 すぐ食べられる缶詰の大豆ではなく 乾物から調理します。 乾物の大豆を戻す時にいつも思うことがあります。 それは… 豆類って乾燥状態は球体なのに 水分を含むと楕円形になるのはなんで?ってこと。 ずっと見張ってて 楕円形になる現場を押さえてみたいという衝動にかられるのは若い頃から変わっていませんね。 物知りの旧友に疑問をぶつけたところ『大豆なんだもの、しょうがない』と… 『ふーん、それじゃワタシの疑問は解決しない!』 大豆と言えば、一晩水に浸して戻した後コトコト煮ると 相場が決まっておりますが ワタクシメは写真の鍋を使います。 商品名は《 シャトルシェフ 》といいます。 1カップの乾物の大豆に対し、9カップの水を入れ火にかけます。 沸騰したら10分加熱。 その後火からおろし、 保温鍋にセット(鍋が二重になります)します。 待つこと1時間で写真のふっくら大豆の出来上がり。 エコですね。 この鍋、非常に便利で 我が家では登場回数が多い鍋です。 特に他の鍋との違いを感じる献立はおでん。 大根の煮え具合にはいつも感心してしまいます。 『ワタシって料理上手』と錯覚するほどいい仕事をします。 この大豆戦法で 数ヶ月先には 《 骨量は増えて体重は減っている… 》 な〜んてウマイ話だと いいなと目論んでオリマス。

↑このページのトップヘ