2011年11月

2011111900200000.jpg 2011111922230000.jpg 2011111923190000.jpg

同行の友人に『痩せる気あるの?』と言われつつ なんのためらいもなく、美味しいものをたくさんいただいて来ました。 円山公園の中にある懐石料理店はなかなか予約ができないことでも有名。 友人が半年前におさえました。 カウンターだけ11席のお店。 11人が同時に『いただきます』をし食事を進めていくスタイル。 変わってますね。 11人の中には80〜90歳くらいとおぼしきご夫婦がいらしたのですが 少し多めの量のコース料理をすべて完食。 健康で長生きなさる方は やはり胃腸がご丈夫なんだと再認識致しました。 評判のお店だけありますね。凄く美味しかったです。 人生初の《 すっぽん鍋 》をいただく時は京都在住の知人が同席してくれ 鍋奉行をしてくれたので 安心して頂くことができました。 このお店も著名人も多く来店する有名店です。 今回の旅の一番の目玉は お座敷バーに芸妓と舞妓を呼んだことです。 (友人のおごり。この友人、見た目だけじゃなく全てが太っ腹なんです。笑 素敵!) 凄く可愛らしい二人が来てくれまして大盛り上がりでした。(写真1) 二日目の夜にはオカマバーに繰り出しました。 旅行中に53歳を迎えるワタクシメの為に同行の友人が予告なくケーキを用意してくれたのです。 思いがけずオカマバーのお客全員に祝ってもらうことに… ケーキは勿論お客みんなでいただきました。 忘れられない誕生日になりました。 京都でも有名なオカマバーのショーは、サービス精神満載でした。関西人のお笑い精神魂を見た思いです。 オカマバー歴30年を誇り(?) ただ綺麗なだけのショーなんてツマンナイと思っているワタクシメも 笑いっぱなしでした。 写真2はバーのママと… 帰京する日の昼は行列のできるお店の京うどんを… 帰宅後、恐る恐る体重計に乗ると… なんとちっとも増えてなかったのです。 覚悟していたのに… ヤッター!! でも……なんで〜〜〜?

2011112122560000.jpg 2011111910240000.jpg 111120_135602.jpg 2011112014370000.jpg

昨年に続き同じ友人と京都旅行に行ってきました。 目的は《 紅葉狩り 》…とは名ばかり。 紅葉狩りばかりじゃなく 同時に楽しみ企画が盛りだくさんの旅でした。 今回は【一般拝観お断り】の場所をいくつか訪れることができました。 同行の友人が京都出身なので隠し持っていた奥の手を駆使してくれた訳です。 奥の手使用の先はヒミツですが いい思いを致しました。 『チャラ男さん、ありがとう!』 紅葉に関しては今年は昨年より色づきが遅れていたので、北のほうまで足を延ばしました。 タクシーの運転手さんがとっておきのお寺に案内してくれましたが 写真2は、そこにあった樹齢5〜600年の杉の木です。後ろの紅葉と相まって綺麗です。 お寺の周りのひなびたその景色は、観光シーズンであることを忘れさせてくれます。 そして写真3枚目はあの《 光源氏 》のお墓です。 このお墓が彼のものだという事実はあまり知られていないそう。 あやかりたい殿方は大勢いらっしゃるでしょうから もっと宣伝すればいいのに… ここまで言ってこのお寺の名前を明かさずには終われません。 光源氏のお墓があるお寺は《 清凉寺 》といいます。 《 凉 》はサンズイではなくニスイです。

2011112121400000.jpg 2011102707370000.jpg

リンゴの品種のひとつ。 毎年この時期に岩手の親戚が注文して送ってくれます。 この王林を初めて食した時の衝撃は今でも忘れません。 味、香りが素晴らしく 歯ざわりが心地良いのです。 今年も期待を裏切ることなく最高の出来であります。 このリンゴが届くと思い出すことがあります。 飼っていた犬の事です。 独り娘の為に犬を飼っていました。(愚娘が5歳から20歳まで) 我が家の愛犬、名前はチーズ。 犬種はチワワ。 親の思惑通り、姉弟のように生活できたと思います。 その犬、チーズはこの王林を美味しそうに食べる犬でした。 《 王林を食べるのだから林檎が好きなのだろう 》と思い 違う品種の林檎を食べさせるのですが 王林以外は《 ペッ 》と吐き出すのです。 生意気な犬でしたね。 笑 写真は今年も送ってもらった王林と 今は亡き飼い犬です。 この王林は本当に美味しいの。 《 王林 》とは、 林檎の王様だからそういう呼び名になったんじゃないかなと思うくらいです。

2011101906490000.jpg 2011102307410000.jpg 2011111516370000.jpg

数年前に、自然の中で偶然見つけたハート形。 上は石、下は枯れ葉です。 ずっとしまっておいたのですが、このたび額に入れて表舞台に出すことにしました。 しまっておいたのには理由があります。 3人家族なのでハートを3つにしたかったのです。 3個目を探していたわけですが、自然素材でハート形ってなかなかないものですね。 シビレを切らし、2つで額装することにしました。 銀座の文具店で 額の色、デザインを相談しながら決めていくのですが、 この作業がなんとも心踊るのです。 そして気に入るものが出来上がりました。 小さな額ですが 狭い場所に飾って悦に入っています。 もうひとつはご覧の通り数字の《 9 》です。 こちらも額装したのですが なぜ《 9 》なのかと言いますと 易学で占う先生に我が家のラッキーナンバーと言われたからです。 今お世話になっている易学の先生は3人目。 ラッキーナンバーを提示してもらったのは2人目の先生です。 (3人目の先生とは運命の出会い。この先4人目は存在しません。) 数字は陶芸家に焼いてもらいました。 そして額装は同じ文具店でお世話になりました。 3枚目の写真では、 額の大きさをおわかりいただけるようペットボトルを真ん中にしています。 こんな小さな事でも 《 こだわり 》が実現すると嬉しいですね。 《 こだわり 》とは 【 他人にはどうでもいいことだけど譲れないこと 】なんですって。 ワタクシメにはこういう【 こだわり 】いっぱいあるなぁ… 性格は大胆で大雑把なのに………

2011102519100001.jpg 2011102907410000.jpg 2011102519100000.jpg 2011102907190000.jpg

ウィーン土産に《 デメル 》のチョコケーキをいただきました。 《 デメル 》はウィーン王室御用達のチョコメーカーです。 チョコ好きのワタクシメの為に 《 デメル本店 》で買ってきてくださったのです。 芳しいチョコの香り。 少し甘めのお味。 賞味期限のあるチョコケーキはウィーンの香りも運んできてくれたような感じ。 珈琲と共に美味しく頂戴しました。 いただきながらまだ見ぬ異国にオモイを馳せ いつの日か訪れてみたいと…… そしてその時はこのチョコケーキをカフェでいただいてみたいと願うのであります。 健康でいなくちゃ!!

↑このページのトップヘ