2012年11月

2012112809420000.jpg

肌のハナシは1回休み。 今週訪れたゴルフ場の 美しい紅葉をご覧いただきます。 今年一番の冷え込みだったこの日。 朝の気温が10度に届かない日がちらほら出てくると 下界もこんなに色づいてきます。 見事な《 赤 》でした!

2012112209170000.jpg 2012112209150000.jpg 7年前にとある大学病院で 【美容ドッグ】を受けたことをお話しました。 若い頃から一生懸命肌の手入れをしていたものですから 【美容ドッグ】では それなりの結果が出るものと思っていました。 が、 様々な方向からの検査の結果はサンザンなものでした(写真1) 写真の中の黄色い丸が右にあるのが良好な肌。 ワタクシメの結果はほとんどが左寄り。 状態が良好な肌というのは顕微鏡レベルで見ると 表面がボコボコと少し盛り上がっているらしいのですが ワタクシメの当時の肌はその盛り上がりがなく ツルツルだったのです。 その状態が意味すること… それは 肌の表面に隆起がないということは 水分を保持する機能がないという事。 どうりで乾燥肌のはず… 写真2の診断結果の《 感想肌 》の文字、見えますか? 《 GradeⅢ》というのは乾燥肌の中でも 特にひどい乾燥肌の事だそうです。 どうしてそんな状態になったのか… 考えられる理由は『手入れのしすぎ』だと言われてしまいました。 良かれと思って一生懸命してきた手入れはまったく逆効果だったわけです。 この検診で、肌は手入れすればいい訳ではないことを知りました。 続く…

2012110922290000.jpg

写真はオリーブ石鹸です。 友達の手作りです。 化粧を落とす時にクレンジング代わりに これを愛用しています。 食用のオリーブオイルが練り込まれていまして 使い始めて約7年になります。 7年前、乾燥でシワが目立つワタクシメの肌を この石鹸が少しずつ変えてくれました。 今では髪の毛以外、全身この石鹸で洗っています。 始まりは 7年前、とある大学病院の皮膚科で【美容ドッグ】というものを受けたこと。 『人間ドッグは受けないけど 美容ドッグは受けるのね』と友達に笑われましたっけ(笑) 続く…

2012111607220000.jpg 2012111607230000.jpg

アマチュアゴルファーとして時に試合で戦いますが 場外では《 シミ 》とも戦っています。 たっぷりの紫外線を浴びてスポーツを楽しんでいるのですから シミができるのは仕方がないことだと理解しています。 前年の陽焼けのツケは 今頃になって『あれれ』と思うくらい現れてきます。 とどまることがないほど押し寄せてくるシミ。 ワタクシメはこの除去を 最新の医療機器に委ねています。 化粧品では追いつかないからです。 シミ退治は紫外線の量が少なくなる秋の今頃に実施してもらうのがいいようです。 施術(焼いてもらう)すると 写真のようないわゆる《 かさぶた 》状態となります(写真1) 1日おきにテープを貼り替えて10日ほど経つと 黒く焼けたシミがホロッと取れます(写真2) 一度取れば二度とできないのかというと、 そうではありません。 また同じ場所にできることもあります。 《 いたちごっこ 》という現象でしょうか。 それでも施術の価値はあると思っています。 今回は左頬のたくさんあるシミの中で一番目立つものを除去しました。 次は右の頬のシミを取ります。 次の次はまた左頬。 左右交互にひとつずつ。 いっぱいあるから絆創膏生活長くなるなぁ…

DSCF0734.jpg 2012111420080000.jpg 2012111420090001.jpg 2012111420090000.jpg

【ガリガリ君】というアイスクリームで有名な赤城乳業という会社に 工場見学に行って来ました。 赤城乳業は埼玉県の北部、 友達が住む街にあります。 イマドキ人気の工場見学。 1枠押さえるのに 友達も大変な思いをしたみたい。 まずは【ガリガリ君】の前で記念写真(写真1) このアイスは愚娘が幼稚園の頃大好きだったなぁと 遠い昔を思い出しながら… 見学の最後には アイスクリームの試食が待っていました。 おかわりは自由なのですが 追加で食べる時は アイスUFOキャッチャーで自前で調達(写真2) 写真3はお土産でいただいた消しゴムとファイルです。 ふざけたこの写真も載せとこーっと(写真4) そうそう 見学内容もおもしろかったです。 この工場は全国のアイスの1割を作っているんですって! 従業員は休み時間アイス食べ放題らしいですよ〜

↑このページのトップヘ