2013年04月

DSCF1325.jpg DSCF131.jpg DSCF1322.jpg

新歌舞伎座コケラ落とし公演に行って参りました。 コケラ落としは《柿葺落とし》と書きます。 《 どうして柿という漢字が使われているのかな? 》と思っていたら 開場待ちで並んでいると 私達の後ろのカップルの話が聞こえてきました。 『その昔、建築の折に柿の葉が屋根にかかっていたことに由来するらしい』と彼女の声が… 《 盗み聞く 》とはこういうことでしょうか? 新歌舞伎座は以前の雰囲気を残しつつ 素敵に生まれ変わっていました。 演目も面白く、楽しんで参りました。 ちなみに四月大歌舞伎第三部の演目は ・盛綱陣屋 ・勧進帳 写真1は同行したママ友達です。 この日のドレスコードは《 できれば和装 》。 着物の時のいつもの写真も3枚目にアップしときます。 この日のワタクシメの着物は《 黄八丈 》 今は亡き《 山下八百子 》さんの作品です。 帯は白ベースに緑色系の刺繍のものを、 そしてバッグはフェンディの白ビーズの《 バゲット 》を合わせました。

DSCF0976.jpg DSCF0983.jpg

ゴルフウエアのお店で買い物をし 写真1のバッグをいただきました。 春のフェア中のプレゼント。 だけど 持ち手が好みの長さより少し長いのでカットしてみました(写真2) こうゆー微調整だけは 得意技だな(笑)

2013041312050000.jpg 2013041312060000.jpg DSCF1234.jpg

京都の桜は 《 そめいよしの 》も《 しだれ桜 》もそれはそれは見事で美しく たっぷりと癒されて参りました。 しだれ桜の漢字… 《 垂れ桜 》かな?と思い込んでおりました。 そう、勝手に… 正解は《 枝垂桜 》なんですね。 初めて知りました。 写真の見事な枝垂桜は円山公園のもの。 うすら寒い夜でしたが 公園内は夜桜を楽しむ人で 賑わっていました。 そして3枚目の写真は 八坂神社の交差点にある《 ローソン 》です。 京都ではコンビニやファーストフード店が ちょっと違った佇まいで 出迎えてくれました。 風情を感じることができる嬉しい心遣いですね。 京都紀行おわり

DSCF1285.jpg 2013041419260000.jpg

今回同行した友達は 京都での宴席に彼女を指名します。 そんな馴染みの舞妓が 芸妓になっていました。 芸のお勉強を重ねて 舞妓が芸妓に昇格することを《 襟替え 》と言うそうです。 写真1が舞妓の時の姿。 写真2が現在の芸妓姿。 2は夜桜の下での1枚です。 日本髪は大人にみえますねー。 テレビやコマーシャルのお仕事もこなす売れっ子。 この桜並木を歩くだけで大変な騒ぎでした。

DSCF1194.jpg DSCF1170.jpg DSCF1262.jpg

2泊3日の行程。 ワタクシ達が訪れる前日まで雨、 そして京都を離れた翌日が雨。 半年以上前に計画したのですが かなり運が良かったわけです。 その計画を立てた友達の日頃のおこないが良いのはわかっていましたが 余程神様に気に入られているのか…(笑) その合間の快晴に恵まれました。 そして 桜、桜、桜の3日間。 しかも京都御所の春季特別公開日(5日間)にも当たり… 御所内の美しい景色をご覧ください(写真2) 写真右に白く写っているのは青鷺だそうです。 飛んできて羽繕いをしたあとこのポーズ。 御所内のペットかな?と思うほど出来すぎたポージングです(笑) そして3枚目の写真は 移動中の車中から撮った鴨川沿いの風景です。 街中に桜が溢れているのを見て これは誰かの発案だったのかな?と思いました。 この見事な景色が 世界中から人を惹き付け 呼び寄せるんですもの。 観光地を造るということは こういうことなんだろうなぁと 感じつつ堪能して参りました。 京都の桜はホント凄い!

↑このページのトップヘ