2014年05月

DSCF2012.jpg DSCF2011.jpg DSCF2015.jpg

《 生まれも育ちも東京のど真ん中 》という友達と ランチをしました。 そんな彼女が選んだレストランは 虎ノ門にある小さな美術館の中のレストラン。 その美術館は 《 菊池寛実記念・智美術館 》 (キクチカンジツ記念・トモ美術館) 主に現代陶芸を展示している美術館のようです。 菊池寛実という方は 明治から昭和に生き 炭鉱関連で財を成した人。 智さんは彼の娘だそうです。 訪れた時 《 藤本能道 》(フジモトヨシミチ) の作品展でした(写真2) 東京芸術大学の学長まで務めた方です。 彼の作品には《 鳥 》がモチーフに使われているのですが どの《 鳥 》も愛らしくて 素敵で 素晴らしい作品の数々でした。 手入れが行き届いている美しい庭を眺めながらのランチ(写真3) 日常とは違う時間が流れたのは言うに及ばず………

DSCF1890.jpg DSCF1891.jpg DSCF1893.jpg

ワタクシメのブログにたびたび登場する友達のレイコタンから 風呂用の薔薇をいただきました。 《 風呂用 》の薔薇の花がぎっしりと詰まっています(写真1) こんなのあるんだ!! レイコタンは萼から外さずに花のまま浮かべたみたいだけど ワタクシはすべて萼から外し 花びらの状態にし 投入することにしました。(写真2) 昔観た映画のワンシーンのように。 その非日常の眺めに感動! そしてその薔薇風呂に足を差し入れる時 また感動! 写真3の状態でいると ほのかに薔薇の香りが漂い またまた感動!! 正真正銘のオバサンなのに まるで姫になった気分。 この花びらはすくって 水を切ってキープ。 3日間ほど楽しみました。 マスパパ、ご足労煩わせました。 ありがと。チュ!

DSCF2005.jpg DSCF2006.jpg

チョコ好きをあちこちで ふれまわっていますので またまた友達からアメリカのお土産にチョコをいただきました。 アメリカというと 大雑把な味のイメージですが このチョコはそのイメージを覆すほどの 美味しいものでした。 カルフォルニアのものだそうです。 珈琲タイムが幸せな時間になります。 少しずつ いただきます。

DSCF1996.jpg

毎年ゴールデンウィークの声が聞こえてくる頃 足の爪を飾ります。 初夏を感じる陽射しのこの頃から 素足にサンダルを履くので 爪におめかしをするのです。 今年はこのデザイン。 いつものサロンでのオーダーは《派手に》のひとことだけ。 あとはネイリスト任せで 施術中はぐっすり昼寝タイムとなりました。 ネイリストと趣味が合うので 少しの不安もないのです。 アップする写真が 《足》であることにまだまだ抵抗はありますが ご覧くださいまし。

DSCF1930.jpg

ゴルフ仲間と長崎に行って来ました。 長崎県の五島列島には訪れたことがありますが 長崎市は初めてです。 独特の歴史を持つ長崎。 異国情緒溢れる街でした。 しかも街の至るところに花が溢れ 景色も美しく 癒してくれるような一面もありました。 長崎と言えばチャンポン。単純ですが……… 2泊3日の滞在中 チャンポン、皿うどんを 何度も食べてきましたよ。 本場のソレは本当に美味しく、たのしんで参りました。 ゴルフ仲間との旅行ですから ゴルフも楽しんできたのは お察しの通りです。 写真は 日本で一番古い教会 《大浦天主堂》です。

↑このページのトップヘ