2015年06月

DSC_1363.jpg 2015062716110000.jpg

ひどく簡単な事なのですが 留め金のハナシを……… 若い頃には 難なく出来たのに 歳を重ねると 厄介だなぁと感じることの一つに ネックレスの留め金問題があります。 歳を重ねると 小さい字が見えにくくなるように 指先の感覚も小さい留め金を嫌がるようになるみたい。 ワタクシメの周りの同世代は皆、口を揃えて言ってます。 何故なのかしら。 理由はともかく そんなわけで 夏に多用する この夏色のネックレスの 小さな留め金を 大きいものに換えました。 ひと回り大きくするだけで 小さなストレスが1つ排除出来ました。 ひとまず良かった、良かった。

2015062607520000.jpg 2015062523390001.jpg 2015062523400000.jpg 2015062523400001.jpg ワタクシメは和服の時に 変わったリーディンググラスを使います。 そのリーディンググラスは手で持って使います。 そして、収納時はご覧のように折り畳めます。 和服の時 髪をまとめていますので 耳にかけるタイプの眼鏡だと かけたり外したりで せっかくのまとめ髪が 崩れてしまうのです。 耳のあたりから 髪の毛がほつれてしまうのです。 この持ち手付きなら そんな心配は要りません。 和装の時の髪の乱れはせっかくの着物姿を台無しにしてしまうような気がするので こんな眼鏡を探しました。 ピッタリ収納出来るがま口は とある雑誌の付録です(写真1) ふふふ。 我々シニア世代には美容室でも老眼鏡問題ありますよね。 美容室用にしているリーディンググラスのハナシは そのうち致します。

2015062022290000.jpg 2015062022290001.jpg 2015062022300000.jpg 2015062022300000_2.jpg この時期恒例の食事会に 今年も和服で出かけました。 6月に入ってましたので 選んだのは単衣の紬(写真1、2) 合わせたのは写真3のバッグ。 このバッグは 布地にビーズや刺繍が施されたフランスのブランドのもの。 ワタクシメはこの手の洋服用のバッグを 《 紬 》によく合わせます。 日本の和服に海外の小物が合うなんて 《 紬 》という素材の面白さかなと思っています。 実はこの着物は母から譲り受けたもの。 譲り受けた時は写真4の色でしたが ある時訪れた宴会場の仲居さんの制服の着物と同じ色だったので 染め替えを決意。 元の薄紫にグレーを乗せたら ベージュとグレーが混ざったような なんとも言えぬ好みの色に仕上がりました。 満足しています。 写真4は5年前のものです。 こんな風に生まれ変わるなんて そして世代をまたいで袖を通せるなんて 和服って凄いなと感じています。

2015061822210000.jpg 2015061822210001.jpg 2015061822210002.jpg 2015061822220000.jpg

娘が自分で手作りしたピアスがいいなと思ったので 真似て作りました。 このパーツ(写真1)で 繋いで(写真2、3) 出来上がり! こだわりの耳からの長さもバッチリ!!(写真4) 娘 25歳 母 56歳 真似ていいものと 悪いものがあるなら これはいいわね!

DSC_1282.jpg DSC_1283.jpg DSC_1291.jpg DSC_1301.jpg DSC_1292.jpg 2015061607070000.jpg DSC_1300.jpg

《 鼻プチ 》とは鼻の高さを偽造するものです。 目を強制的に二重瞼にするグッズ《 アイプチ 》はワタクシメの若かりし頃から存在し ロングセラーになっています。 その鼻版が昨年日本に上陸したと聞いたので 早速買ってみました。 インターネットで。 こんな形(写真1) そして説明書通りの向きで(写真2) 鼻に入れます。 手で入れるとなかなか入らないのですが ピンセットを使うと すんなり装着出来ました。(写真3) 同じ写真を2枚ずつアップしましたが それぞれ前の写真が装着前。 後が装着後です。 よく見ると鼻の穴の形が違うのと 鼻が少しだけ高くなってるようにも見えます。 ワタクシメが購入したサイズがXSなので 存在感が薄いのかもしれません。 装着しての感想としては 鼻の中に何か入っているという異物感はあります。 くしゃみしたらどうなるんだろうという不安感もあります。 そんな思いを抱きつつ この程度の高さしかプラスにならないのなら なくてもいいかなと思ってしまいました。 ですが 突然高〜〜〜い鼻になってはいけないこともわかっていますが………… 早々にお払い箱になった今は 面白いものだからと 興味がありそうな複数の友達に貸し出して 使い心地を試してもらっています。 勿論、返却時はアルコール消毒必須と伝えてありますよ。

↑このページのトップヘ