2016年02月

   ガーデンデザイナーの友達が
世界の大都市(ニューヨーク、ロンドン、東京)の
アレンジメントフラワーの傾向を映像で比較しながら
アフタヌーンティを楽しむという会を企画しました。
会場は彼女の自宅。
すこし歳上の彼女
バイタリティ溢れる生き様には
見習うべき点がたくさんあります。


    ご自分の足で集めた世界のアレンジメントフラワーの写真を観ながら
その違いを感じます。


その後、ティタイム。


サンドイッチもスコーンもケーキも
全て手作り。
香り高い紅茶と共に


おもてなしの心も
学んで参りました。

   地球が滅亡する日があるとして
そしてその日がわかったとしたら
その前日に食べるものは《蟹》と決めているほど
蟹好きです。


     そんなワタクシメの1年の楽しみは
蟹シーズンの秋に蟹を食すこと。
秋生まれなので誕生日祝いを兼ねて
昨年秋も幸せなひとときを堪能しました。


ズワイガニと香箱蟹の詰め合わせ



上海蟹
身がねっとりしています


パスタだって蟹のメニューがあれば迷わずオーダーします。
渡り蟹のタリアテッレ



ダイエットのことはしばし忘れる
幸せな秋のひととき
お許しください

     かなり前にアップしましたが
もう一度ご覧いただきます。
我が家の雛です。


    大きい七段飾りもありますが
十年以上出してないのです。
可哀想ですが…………
大きいお雛様出すのってかなり体力が要る作業。
子供が小さい頃は年間行事として
難なく出来ていましたが
子供が巣立ってからは
このチビ雛ばかり飾っています。
子供が幼いということは
自分も若く体力があったんだなとつくづく感じています。


     大きい雛を出すのは
女の子の孫を授かった時かなぁ。
いつになるやら…………


    この小さい雛達に
立春過ぎの大安から3月3日まで
今年も和ませてもらいます。

    ゆうゆう5月号の撮影がありました。
内容についてはいつものように伏せますが(ファッションページではありません)
先日いちご狩りでお会いした石川正江さんとご一緒でした。



   石川さんとはゆうゆうモデル同期。
お付き合いはかれこれ7年目になりますね。




      石川さん、メイクに入ります
    


    石川さんが差し入れてくださった苺
           こんなに大きくてもしっかりしたお味。
甘さと酸味のバランスがいいの。


       
     こんな雰囲気の中で撮影しています



      4月1日発売のゆうゆうに載ります。

    ゆうゆうモデル石川正江さんのお宅が経営するお店です。
埼玉県の東松山にあります。


広大な敷地にランチだけのレストラン

ブルーベリー畑と
いちごのハウスがあります。
夏はブルーベリー摘み
冬はいちご狩りが楽しめます。
この雰囲気
どこかの異国みたい。


    今回は友達といちご狩りに出掛けました。
普通、いちご狩りというと
地べたに這うように実るいちごを摘むのをイメージしますが
ヒルトップファームのいちご狩りはちょっと違いました。


     苺がこんな風に育てられているのです。

苺が胸の高さにあるので
腰は疲れない
苺は綺麗
足元も綺麗
素晴らしい発案ですよね。


    そしてそして
甘くて美味しい苺を
時間制限がある中、お腹いっぱい食べて参りました!
摘んでは食べ
摘んでは食べ

↑このページのトップヘ