2016年12月

    早いものでもう年の瀬。
ホントにあっという間でしたねぇ〜〜
本年も
お忙しい中
ブログにお越しくださり
ありがとうございました。


   

    かぶるアテなく
買ってしまったので
ここで披露させていただくことにしますね。


注)
《ドラえもん》のファンという訳ではありません。
   

      《弘法大師空海》が旅した有名な道程ですね。
多くの人が訪れている有難いこの道程を
時間とお金がかかると言われているこの道程を
1日で廻ってきました。
どういうことかと言うと
《高野山・東京別院》というのが品川にあるのですが
そこに八十八か所が集約されているのです。
こんな風に。


   
   しかも今年は
60年に一度の《逆打ち》の年だとか。
《丙申》ヒノエサル年です。
《逆打ち》の年には
一箇所でも廻っていれば御利益があると言う友達に連れられて
訪ねた次第。


    面倒見の良い同行の友達は
銀行で両替して88枚の小銭も用意してくれていました。
八十八番目のお寺からお賽銭を上げていきます。
《逆打ち》の年ですから。


    足元には
四国の地図と
八十八か所のお寺の場所が刻まれていました。


    足元の数字はお寺の番号

    お寺の名称はここで確認。


平和な世の中で
ありますように。


   《ゆうゆう》でもお馴染み
スタイリストの石田純子さんのお店
《ドゥーエドゥ》にて
《シャンソンの夕べ》が催されました。


歌いましたのは《伊藤ライム》
透明感ある存在感。
歌声も同じくらい透き通っていました。

    ステージ衣装は2着とも
スタイリスト《石田純子》のお店
《ドゥーエドゥ》で選んだのだそう。
お話の中でお値段も発表したのですが
これがなかなかの安価で
ワタクシメを含め
観客皆さま驚いてました。



    伴奏はアコーディオン。
シャンソンと言えばアコーディオンなのですね。
アコーディオンを学ぶために
パリにも住んだという奏者。


    こんな素敵なアコーディオンも
この世の中に存在するのね!
蛇腹の中が赤くて
楽譜スタンドとの相性もピッタリなの!
  アコーディオンのイメージ変わるわぁ





   

5月の渡米時
ニューヨークでのワタクシメのもう1人の通訳《マーク》が
彼女を伴って来日。
マークの親族も集合。
一緒に食事をしました。


    アメリカ在住、大学院生。
イタリア、フランス、インドなどなど
たくさんの血が入っている彼女は
不思議な雰囲気の美女。
たまにアルバイトでモデルもするのだそう。


エキゾチックな女性。
幸せそうなマークをみて
ワタクシメまで幸せになったのでした。

   今年5月に訪れたニューヨークで
ワタクシメの通訳をしてくれたJUNJUN
この夏彼女は電撃結婚をしました。


     可愛い女性ではありますよ。
ですが
この電撃結婚にはビックリです‼️


    そして新婚生活の場所は
ご主人の赴任先である《ザンビア共和国》とのこと。
『ザ、ザ、ザンビアぁーーー⁇』
もう一度ビックリです‼️
それどこ???
人生で初めて聞く国の名称。
早速地図を開き、確認。
アフリカ大陸の真ん中から少し下のほうで発見!
『遊びに来てね』とJUNJUNは言うけれど
即答出来なかったわ。
一瞬《面白そう》と思ったのにね。
想像できないもん。
まずは彼女の《ザンビアレポート》を受け取ってからにしよ。
 

    幸せになってねーーー‼️

↑このページのトップヘ