2017年11月

    ママ友との食事会。
今回のそれは
食べるだけではなく
楽しみが添えられたひとときでした。


     ランチの前に
まずは祝儀袋アンドポチ袋作り。
   色々な和紙の中から
好みのものを選びます。


    コレかな


     水引も好みの色にして


   コレも小さくたたむの
    手前にあるのはピンセット。


   飾りの花も
ピンセットを利用して
立体的に

     2枚合わせて中央に配置


     そんな要領で
ポチ袋も作りました
    ここに添える文字は
手書きにしよーっと。


    食事が終わる頃には
現役音大生による
カルテット演奏も。
生の音色は素晴らしいわぁ。


   豊かな気持ちになった
昼のひととき。



    ゆうゆうモデルの三ヶ尻さんも
観劇し
おススメしてた舞台です。


   《スーパー歌舞伎》って何?
と聞かれたら
こう答えると思います。
『歌舞伎役者が演じる現代劇』と。
なので
舞台には
歌舞伎役者じゃない
現代劇の役者も立っていました。


    ご縁をいただき
良席を確保できました。 
舞台上の役者も
花道で立ち止まる役者もはっきり見える
最高のお席。
有難や
有難や


   この舞台、舞台上に本当の滝のように
水が流れます。
それもバシャバシャ。
どーなってんの???
ですので
水滴が飛んで来そうな席には
こんなビニールの用意がありました。


    水しぶきが飛んで来そうになったら
被ります


     金色のピラピラも
花吹雪も存分に楽しみました。


    怪我で休場の《市川猿之助》の
代役の《尾上右近》
若さ溢れるハツラツとした演技で
観客を魅了していました。


    題材となっている《ワンピース》は
アニメが原作。
原作を読まないと楽しめないのでは?
思ってらっしゃる方へ。
ワタクシメも前情報は
何もなしでしたが
充分に楽しめる舞台でした。

          

   表題のイベント
上野の《東京文化会館》にて


    出演者
《八神純子》


   《川井郁子》


   《渡辺美里》


   《杏里》


    《NOKKO》



    《福原美穂》


    大ヒット曲をお持ちの方達は
それを数曲歌い
バトンタッチしていくという方式。
観客にはお得感ありますねー。
しかも伴奏は生演奏。


     《福原美穂》はその存在を初めて知りました。
若い友達に話したら
『有名だよ』って。
知らないのはオバさんだけね。


    彼女の少しかすれてパンチのある歌声は実にワタクシメ好み。
なので
帰宅後
ポチッとCDを購入しました。
レンタルしてたものが
安価で売りに出てて
ラッキー!

     車の中で
彼女の歌声に包まれよーっと。

    出かけたのは
《丹沢大山国定公園》
神奈川県の伊勢原市あたり。


    桜の花見と
紅葉狩りは
ゴルフ場でするので
改めて出かけることはしないのですが
今回は旧友が集まるというので
行ってきました。


   ケーブルカー乗り場までだって
かなりの登り坂。
しかも階段の1段が大きいの。
やっとケーブルカー乗り場へ到着。
ケーブルカーに乗り
更に上へ。

    またまた急な階段を登った先には
神社がありました。


    ハァハァ言いながら登った甲斐がありました。
こんなに綺麗に色づいた木々。


    下りながら
途中の茶店で食べたお汁粉。
凄く凄く美味しかったです。


     《観光するには足腰が丈夫じゃないと》
って良く聞くけど
実感しました。
遊ぶにも体力要るのよね。



    2日目は京都から奈良へ
訪れたのは
《薬師寺》
《興福寺》


   そして
《春鹿醸造元》へ


    アルコールを好んでいただく事はありませんが
このお酒だけは特別。
この超辛口だけは
下戸のワタクシメも美味しくいただけます。
コレ
 

    このお酒、
ここの酒蔵で作っていたのです。
知らずに訪れたので
運命の出会いのようで
ちょっと感激。


    5種類の利き酒に参加

    そして
やはり自分は《辛口》が好みなのだと
再確認。


   確認出来たのだけど
購入したのは辛口の日本酒ではなく
麹の甘酒。
これを一箱。


   今は飛騨高山の酒蔵の甘酒を
取り寄せて飲んでいますが
こちらの春鹿酒造のは
それよりもあっさりしている印象。


   ここんとこ《麹》を積極的に摂ってます。
そのハナシは
また改めて。







↑このページのトップヘ