2017年12月

毎年暮れは
僭越ながら
我が娘の思い出作品を
見ていただいておりますが
今回は
陶芸作品です。



   『なんだこれは』ですね。


作った本人もそう申しておりますが
母は文鎮として愛用しています。


    ここの部分が持ち手となり
なかなか使いやすいのです。


   娘が幼稚園児だった頃
ワタクシメが通う陶芸教室に
一緒に出向き
作ったモノです。
脳が柔らかいって
オモシロイなぁと思った記憶があります。


   器もあります。
土台はワタクシメが作り
娘は筆で遊びました。
《ま》は彼女の名前の頭文字です。

    フチが欠けていますが
捨てられず
使っています。
漬け物入れるのに
ちょうどいいの!
思い出深いから
捨てられないのかと
思いきや
漬物入れる為!


    本年もワタクシメの拙いブログに
訪れてくださり
ありがとうございました。
来年も
変わらず
見守っていただけたら
幸いです。





     

   とあるゴルフコンペに参戦。
そのゴルフコンペには
こんな方々が参加されていました。

   
   初代タイガーマスク
《佐山聡》


    現《九重親方》
現役時代の四股名は《千代大海》
   四股を踏んでるつもり。
この《どすこい》は
ヌルいね。


    プロゴルファー《谷原秀人》


    楽しい一日でした。

    沖縄名物
ソーキそば



   伊良部島の佐良浜まで食べに行きました
佐良浜そば
カツオの煮付けが入っています



   イカスミ汁
テレビで紹介されていたので
食べてみたいと思っていました



   《ん》から始まる言葉
《んみゃーち》は
《ようこそ》みたいな意味だそう


   この食べ物も
《ん》から始まってます
地元の直売所で



   《しりとり》は
《ん》で終わる言葉を発すると負けだけど
沖縄では
そのルールは通用しないのですね。



   宮古島にしかいない
《宮古島まもる》君
島内のいくつもの交差点で
その任務を果たしていました。


   宮古島の伊良部島には
戦時中、特攻隊が使用したと言われる
滑走路が残ってました。
その滑走路を眺めながら
戦争を知る世代から
知らない世代へ
当時の事が伝えられたり。。。



   11月の沖縄は
暑くもなく
(太陽が出ると暑い)
寒くもなく
快適な気候で
のんびりと楽しめました。
そして
現地で食べる沖縄料理は
どれも
美味しかったです。


   両親の《冥土の土産旅》として
決行しましたが
娘とワタクシメにとっても
一生の思い出の旅になりました。





  故障していた写真のアップロードが
復旧しましたので
宮古島紀行を再開します。


   親子三代で楽しんだのは
グランドゴルフ 。
2ヶ所のグランドゴルフ場で
4ラウンドしました。
    ゴルフではなかなか出ない
ホールインワンが出たりして
盛りあがったり。

    そして
母娘で楽しんだのは
セグウェイ。
設定のこの講習

をすべて受け
リゾート地の敷地内を
自在に乗り回しました。
チョー気持ちいいーーー!!!



   滞在中
部屋で過ごす時は
4人でトランプを楽しみました

お馴染みの《七並べ》
ルールをちょっとだけ厳しくするだけで
俄然面白くなります。
三世代で
結構な
真剣勝負となりました。
老齢の両親に対し
年齢を理由に手加減しません。
それが三世代が同じように
楽しめることにつながり
老体の頭の体操にもなるからです。

  
   フランス在住の日本人の人形作家
《今野はるえ》の作品です。
本も出ています。 


    
   ワタクシメが買ったのはコチラ
この犬の人形です。


   大きさはこのくらい

   戌年生まれのワタクシメは
ビビビッと来てしまったのです。
ですが
ちょっとお値段高め。
一度家に帰り
10日考え
購入に至りました。
売れてなかったのです。
縁があったということでしょうか。


   この人形は着せ替えです。
こんな感じ。
    このベストは最初の写真の裏側。
リバーシブルです。
意外に
衣装持ち


   フランスの香りがする
アンティークのこのブローチ欲しさに
人形本体を買ったような気もしますが………


     28年前に購入した豚の人形にも
ようやく友達が出来ました      笑
    ちなみに
この豚の人形は
麻のパジャマを着ています。
豚の人形と一緒に寝ると
幸せになるという言い伝えが
ヨーロッパにあると聞き
娘の為に買ったのに
ほったらかしだったので
綺麗なままです。


    

↑このページのトップヘ