2018年09月

   ゴルフ仲間との旅ですもの
最終日はゴルフしましたよ。
《ニドムクラシック》にて。


   コテージに泊まって1ラウンド
IMG_9665
   コテージは
森の中にありました。
気持ちいいーーー!


    IMG_9672


    このお嬢さん達が
夕飯の場所や
IMG_9669


    ゴルフ場のレストランに
IMG_9680


   現れては
生演奏してくれます。
和みますね。


   そして
帰路につく空港では
話題のラーメン店の
長蛇の列に並び
食べてきましたよ。
IMG_9682
IMG_9685
IMG_9686

   濃厚な海老出汁で
美味しかったです。
味が濃く
夜、喉が渇きそうだなと思ったのですが
そんな事なかったです。
もう一度食べたいな。
このお店、東京駅と新宿にもあるみたい。
関東でも
行列なのかしら。


   この度の旅で目にした
住宅街の家の屋根が
平らなのが気になりました。
雪国といえば積もった雪が地面に下りるように
とんがり屋根がノーマルと思っていたのですが
新興住宅街では
怪我防止のため下に落ちないようにしているのだそう。
頑丈な骨組みで
屋根の上で溶けるような仕組みになっているんですって。
無駄に地面に落ちると
雪かきが必要になりますもんね。
なるほど
なるほど



 
   翌日
この船で
積丹半島の沖へ
IMG_9648


    雲丹の漁場を
船室の底から見学
FullSizeRender

   石にくっついてる黒いのが
雲丹です。
小さいから
これは来年用かな。


   カモメへの餌やりも
楽しかったです。
IMG_9647

    カモメ達
慣れてるぅ〜
キャッチが上手すぎる!


IMG_9650
   《余市ワイナリー》に寄ったあと
小樽観光。


IMG_9658
   街中にこんな看板があるの。
世のお父さん達は
連れ回されるの、苦手ですもんね      笑




    




  
    この度の《北海道胆振東部地震》で
被害に遭われた方々には
お見舞い申し上げます


   8月、猛暑続きの関東を抜け出し
涼を求めて北海道へ。
と、言っても
2泊3日ですけどね。


   一番の目的は
積丹半島の雲丹を食べる事。
ご存知、黄色いトコロ。
IMG_9641

   千歳空港からレンタカーを借り
一路積丹半島へ。
空港から小樽まで
高速があるので
それほど遠くなく快適でした。


    目指した宿は《運上屋》という宿
IMG_9619
IMG_9620
IMG_9627
    部屋から海が望めます。


   1日2組限定の宿。
8月いっぱいは
《雲丹》を愉しめます。
9月からクローズまでは
《いくら》だそう。


   IMG_9632

    鮮度抜群の雲丹って
濃厚だけどあっさりしてるの。
甘味があり
印象的な美味しさ。
写真はありませんが
さまざまな雲丹料理が出ました。
甘海老もここで出た新鮮なものと
いつも寿司屋で食べているのとは
違いました。


   朝ご飯にも雲丹丼。
IMG_9640


    ここでしか食べられない雲丹
堪能しました。
はるばる訪れた甲斐があったわ。

    

   

   《ナガノパープル》
食べてみたかったの。
IMG_9579
IMG_9581
IMG_9580


    見た目は巨峰ですが
種なし
皮ごと食せる
イマドキの葡萄です。
美味しいのですが
買うなら
《シャインマスカット》だなぁ
百貨店では
1房、同じ価格でしたもの。
IMG_9605

    コレです。
この《シャインマスカット》も
種なし、皮ごと食べられます。
糖度
歯ごたえ
香り
こちらのほうが好みだわぁ


   でもね
先日、軽井沢で
《ナガノパープル》を買ってみたら
凄く美味しかったです。
百貨店のよりずっと(ゴメンナサイ)
しかも地元産だからか
値段も大幅に違うの。
IMG_9744
IMG_9745

    なんと
百貨店の約1/3!


   それにしても
皮ごと、種なし葡萄って
すごいなぁと思うのです。
品種改良の技術、進んでますね。
そのうち
種なしスイカが
出たりして………


    

   
   
   その別荘は森の中にあります
FullSizeRender

    手入れが行き届いている庭。
ここまではガーデニングが好きじゃないと
出来ないわね。


   外用コンロも付いてる
別荘の広いテラスから
この広い庭を眺めてます
IMG_9711
   そこに身を置くだけで森林浴


   8月末
夜は冷えたので
暖炉を焚きました
IMG_9712

   
   海外暮らしが長い家主、
夕飯はパパッと用意。
慣れてますなぁ
IMG_9708

IMG_9709

    喋り尽くした楽しいひとときでした。






↑このページのトップヘ