2018年10月

   それは富士山を見たときの
ワタクシの印象。
特に汚れている訳ではないのだけど
そう思っちゃうんですよね。
そんな力がこの山には
あるように感じます。


    先日
山梨方面へゴルフに向かう道中
朝焼けに照らされた富士山が
目の前に
IMG_0169


    思わず
『わぁ!』と声をだしちゃいましたね。
大きな独り言です。
やはり富士山は雪化粧したほうが
断然サマになるわね。

   
   そして
ゴルフ場に到着すれば
スタートホールでは
このロケーション。
IMG_0172
  
     『スゴーーーーイ近い!』




   翌日は
良く晴れて
このお姿が!
IMG_0175


    《美しい》
という表現では
足りない気がしました。
《神々しい》んですよ。
富士山のそばに
住んでる方は
これが日常なんですよね。
なんか凄いなぁ。


    
   登山には
これっぽっちも興味がないワタクシですが
富士山にはとっておきの思い出があります。
と、いうのは
《ゆうゆう》の企画で
あの登山家の田部井淳子さんと
富士山が良く見えるという
足和田山に登り
その足和田山の山頂から
一緒に富士山を眺めた経験があるのです。
山頂では
田部井さん手作りのお弁当を
いただきました。
2013年の事でした。
この日の光栄で貴重な思い出は
富士山を眺めるたび
鮮明に甦ります。




   それは
またまた浅草で。


   人力車の魅力は
《風をまとえる》ことですかね。
初秋の爽やかな風を全身に受け
気持ちの良いひとときでした。


   
IMG_0123

  太めの2人が座るには
座席が狭くてキツくて
お互いの尻で
押し合うことになるの。
それがおかしくて
笑いが止まらない2人。


IMG_9929
    若い背中は見ていて心地よく
安心感がありますね。
重量オーバーであろう2人が乗っても
軽々と
引いてくれます。


    タクシーより
割高だけど
沿道の外国観光客に手を振りながら
色々満喫したのでアリマシタ。




   今年は昭和33年生まれの
還暦年。
還暦同窓会に出席するため
帰郷しました。
前回の帰郷から
約1か月後です。


IMG_0089
   幹事が用意した
着まわし用ちゃんちゃんこ。
首からさげているのは
卒業アルバムの15歳の自分の写真。


   中学卒業以来の再会。
出席してる人は
男女とも
年齢のわりに、皆若々しい。


   髪の毛がないことより
体重増加のほうが
印象って変わるんだなと
感じました。
だから
中学時代
ガリガリだったワタクシは
『印象が変わった』とか
『誰?』とか
幾人にも
言われましたよ。


    庄内までの交通手段は飛行機。
羽田空港から庄内空港までは約50分です。
山形県、意外と近いんですよ。

   娘が遅い夏休みに
ワタクシの故郷である
庄内へ行きたいと言うので
行ってきました。


    故郷の山、鳥海山。
2236メートル。
IMG_9861

IMG_9909

   日本の百名山の1つ《鳥海山》
帰省のたびに
この山の中腹にある
この滝に足を運びます。
なぜなら
ここに身を置くと
山の力をもらえてるなぁと
感じるから。
これぞ
ワタクシメのパワースポットなのです。
IMG_9907
   奥に小さい滝もあります。
湧き水ですね。


IMG_9901




   その湧き水を
簡単に飲めるような形に
してくれてます。
IMG_9908

   《これがホントの軟水だ!》とか
《この水の元になる雨は
いつ降ったものだろう》
とか思いながら
未消毒を
自己責任で飲みます。
美味しい!!


    今回は
姪も一緒。
この姪は先日結婚した姪とは
違う姪。
右は娘です。
IMG_9872

    わずかな滞在でしたが
祖父母孝行が出来ました。



   




    FullSizeRender

    購入時のままでも
充分美味しいシャインマスカット。


   ですが
もっと糖度を上げる裏ワザを
教えてもらいました。
FullSizeRender


    茎の先端を
じゃが芋に刺しておくだけで
いいのだそう。


   早速やってみました。
写真の状態で
ビニール袋に入れて
冷蔵庫で10日間。
10日後の味はというと
糖度が増し
一段と美味しくなってるではありませんか!
じゃが芋だって
ご覧の通り新鮮なものではありません。
凄いよ!


   この技を知ってたら
糖度が低くて
安くなってるシャインマスカットも
購入出来ますね。
どーぞ
お試しあれ!


↑このページのトップヘ