2019年10月

 
 頭頂部は問題なく進んでいるのですが
問題は
襟足にありました。
ワタクシメは常に髪を結うので
襟足が目立つわけですが
そこの部分に
白髪がなかったのです。

IMG_3311



 ある日
襟足の黒髪が
ヤケに目立つ事に気がつきました。
2ヶ月たった頃です。
なので
この気になる部分だけを
染めてもらいました。

IMG_3595


 目立たなくなりました。


 後頭部のこの部分も
こんなに黒髪が伸びている!
IMG_3598



  んーーー
今は目立たないけど
そのうち表に影響してくるそうなので
今から2か月後のメンテナンスの時は
また
全体を染める事にしました。



 ちなみに
首にかかっている紐は
リーディンググラス、老眼鏡の紐です。
美容室では
耳にかけるメガネが使えないので
コレを使ってます。
眼鏡部分を
手に持って使います。
FullSizeRender


   
     グレイヘアに向かい始めて
2か月経ちました。




 1ヶ月経過の状態。

IMG_3149

     今までは
このタイミングで
白髪染めをしていました。
メッシュというか
ハイライトを入れたことで
白髪が目立たなくなっています。




   この先は
未知の領域。
白髪がどんな風に混じるのか
楽しみです。




    2ヶ月経過。

FullSizeRender





主婦の友社刊
《グレイヘアという生き方》で
ファッションジャーナリストでもあり
エッセイストの《光野桃》は
自身のグレイヘアに向かうきっかけを
こう書いています。
《白髪染めをやめると決めた理由は
一歳でも若く見られたいという欲を
完全に断ち切りたかったから》
と。
いやぁ
わかるなぁ。
実際、ワタクシも還暦を過ぎた頃から
若く見られて、だからなんなの?
と、思うようになりましたし
グレイヘアに向かうと決心した時は
若く見られたいという価値観を
蹴飛ばすような
心地良ささえありました。



 
 きっかけはもちろん
《主婦の友社》の《グレイヘア》という提言。
染めなくていいんだという発想は
衝撃的だったわけです。
とは言え
ワタクシは決断するまでに
何年もかかりましたが。




  流行語大賞にノミネートされるほど
注目された《グレイヘア》という言葉。
この洒落た響きは
大人の女性達の心を掴み
動かしましたね。
ネーミングって大切。



 日本は
世界でも稀にみる
若者文化の国。
若いほうが価値があると思われてます。
若さを保つという事は
それなりに努力しているという事。
《若い》と評価される事は
その努力を認めてもらったという事なんですよね。
だから嬉しい。
《若い》印象を与える事を
否定するつもりはありませんが
価値観が1つだけというのが
気になります。
欧米のように《綺麗なオバサン》
《素敵なお婆さん》が
増えたら
世の中の価値観も
変わっていくのでしょうか。
 
 


 メッシュを入れて金髪に近づいた髪。
大好きな黒の洋服が
今まで以上に似合うようになったかも。。
気に入ってます。

  
 イマドキの結婚式
招待客は新郎新婦に関係の深い人だけ。
こうであるべきよね。


 
 本年夏
ヒットした映画《翔んで埼玉》の
ロケ地にもなった結婚式場での
結婚式でした。



 新婦が親戚という縁で参列。


 
 小学生の頃しか知らないけど
こんなに綺麗に成長したの?
と思うほど
FullSizeRender

IMG_3489


  
FullSizeRender

IMG_3499



  ハロウィンが近いという事で
新郎の母上が衣装を
手作りしたそうです。
IMG_3496


 結婚式っていいですね。
幸せのお裾分けならぬ
お福分けをいただけているようで。

    

   不定期と言いながら
3か月に1度のペースですね。
この犬がいるお宅での
プライベートレッスンです。
IMG_3287



    門下生たちのリクエストで
今回も中国料理を教わりました。
家庭料理として復元しやすいのは
なんたって
中国料理という事で。



    この日のテーブルセッティング
IMG_3284



     大根餅はワタクシのリクエスト。
自分で作れるなんて感激!
IMG_3289



     具材には贅沢なものを色々入れました。
そこがレストランとは違うトコロ。
1つは腸詰。
 IMG_3281


    

     混ぜるのに力が要ります。
FullSizeRender



      この容器に入れて
1時間蒸しました。
FullSizeRender



      蒸し上がったのをカットして
焼き色を付けます。
IMG_3286

       今まで食べた中で
もちろん一番美味しい大根餅でしたが
大変過ぎて。。。
自分で作る事は
断念しました。
お店で食する事にします。

    
    
    生春巻き
クリームチーズが入ってます。
IMG_3290



       生春巻きのソース
IMG_3293



     豚肉のやわらか煮
IMG_3291



     青椒肉絲     ザーサイ入り
これから
家で作る時はザーサイを入れる事にします。
FullSizeRender



      サンラータン
FullSizeRender



      花巻
IMG_3297



      デザートはゴマンジェ
IMG_3306


  
  今回も
 楽しい美味しいお教室でした。

 
 旧友2人と3人で
軽井沢へ出かけました。
気心知れた友達。
長年の付き合いですが
この3人での
泊まりでの外出は2回目。
子育てが一段落した今だから
こうして出かけることが
出来るというわけです。



      軽井沢は緑が多いので
リラックス出来ます。
滞在中ずっと森林浴しているよう。
IMG_3334

     


     10月
カフェ・ラテは
ハロウィン仕様に。
IMG_3333



     夕飯は
ローストチキンで有名なこのお店で。
IMG_3337



     このお店、
チキンの丸焼きも美味しかったのですが
前菜が秀逸。





    翌朝はカフェで
軽い朝食を。
    IMG_3339




      ランチは
老舗洋食店で
目玉焼きが乗ったハンバーグを。
     IMG_3346



          ランチの場所からカフェに移動。
   そこは
      持ち帰りの惣菜とカフェの
   お洒落な店。
      
      

    シュークリームは
  色々な味がありました。

  IMG_3349



  大きさがいいカンジの
     シュークリーム。
  バニラを注文。
      IMG_3353

      

  このお店、
   まだ、あまり知られてないから
      ゆったり出来ました。
      こんなにのんびり出来るのも
      今だけなのかな。
      メディアが取り上げたら
      混み混みになるんだろうなぁ。
     



     
        ずっと食べっぱなし。
    そして喋りっぱなし。 
    喋るか食べるかの旅。
    そりゃそうよね。
    話していくうちに
    思い出の扉が次々開くんだもん。




        軽井沢は紅葉がチラホラ
     始まっていました。
     この日、関東は結構な暑さでしたが
     軽井沢では
     なんとも言えぬ爽やか風に
     吹かれたのでした。
       IMG_3345
       

       IMG_3341

↑このページのトップヘ