毎年暮れは
僭越ながら
我が娘の思い出作品を
見ていただいておりますが
今回は
陶芸作品です。



   『なんだこれは』ですね。


作った本人もそう申しておりますが
母は文鎮として愛用しています。


    ここの部分が持ち手となり
なかなか使いやすいのです。


   娘が幼稚園児だった頃
ワタクシメが通う陶芸教室に
一緒に出向き
作ったモノです。
脳が柔らかいって
オモシロイなぁと思った記憶があります。


   器もあります。
土台はワタクシメが作り
娘は筆で遊びました。
《ま》は彼女の名前の頭文字です。

    フチが欠けていますが
捨てられず
使っています。
漬け物入れるのに
ちょうどいいの!
思い出深いから
捨てられないのかと
思いきや
漬物入れる為!


    本年もワタクシメの拙いブログに
訪れてくださり
ありがとうございました。
来年も
変わらず
見守っていただけたら
幸いです。