姑が他界して15年が経ちます。
先日、遺品を整理していたら
下駄が出てきました。


   姑とワタクシは
足のサイズがほぼ同じ。
これは履けるかなと足をすべらせましたが
鼻緒がキツくて入りません。


IMG_9320
   一度も履いた形跡がない輪島塗の下駄。
この新品を
捨ててしまうには
あまりにもったいないので
鼻緒を取り替えることにしました。


   百貨店の浴衣フェアに合わせて
出かけました。
『商品は今朝再入荷したから
今が一番品揃えがいい』と
職人さん。
FullSizeRender


   この鼻緒を選びました。
付ける前に写真を撮り忘れ
付け替え後の一枚です。


    付いていた鼻緒は
緑のもの。
黒に緑の組み合わせは
大好きな色合わせですが
着物の色選びが大変になるので
無難なサンドベージュを選びました。
FullSizeRender


  FullSizeRender
   職人さんのお仕事姿


   新品なので
最初は滑りやすいのだそう。
『ならば
ラバー張っちゃおうかな』と言ったら
『下駄は音で履くもの、
せっかくの音が死んじゃうので
底に傷がつくまで我慢して履いて』とのこと。
底に傷がつけば
滑りにくくなるらしいの。
傷は2〜3回履けばつくんですって。


   へぇ
下駄って音で履くのか。。。
日本文化の息づかいを感じる一言でした。