六本木で
洒落た眼鏡店を発見。
そこで
イタリア製のこのフレームを新調。
    
FullSizeRender
    珍しい色


     珍しいのは色だけじゃなく
FullSizeRender
    ツルの先端がこのデザイン!!
イタリア人の遊び心に
ノックアウトでした。


   視力が良かったので
眼鏡に縁がなかったワタクシは
眼鏡をかけたいなぁと
思っていたのです。
ずーーっと。
なので
老眼になった時は
嬉しかったですね。
50歳くらいで老眼鏡をかけ始め
今では
細々とコレクションしています。
老眼鏡はいつも頭の上にセットするので
アクセサリーのような感覚で捉えています。
なのでコーディネートの時
無視出来ません。
洋服やバッグとの色のバランスを考えながら
メガネの色を選ぶのって
たまらなく楽しいのです。



     ところで
先ごろ発表された流行語大賞の1つに
《グレイヘア》が選ばれましたが
この言葉、《ゆうゆう》の出版社である
《主婦の友社》が生みの親なんですって。


   素敵なこの言葉
この言葉が社会に浸透したら
《熟年世代》を《グレイ世代》
と呼びたいな。
《後期高齢者》は《プラチナグレイ世代》
って
どうかしら。


    いつか
《熟年》=《グレイ》と
世の中が認識したら
《老眼鏡》も《グレイグラス》と呼びたい。
そんな日が来ればいいなぁと
真面目に
切に願っています。