人生で初めて
《どじょう》を食べました。
正確に言うと
初めて《どじょう》のお店に足を運びました。
それは浅草の老舗。
《どじょう》は
食べたいと思ったことがない食材。
友達から『ご馳走するから行こう』と
誘われたので
行ってみました。
IMG_1969


    浅草の有名店
店内は花見シーズンも手伝って
賑わってました
IMG_1972


     テーブルは床にじか置き。
まずコレにビックリ‼️
タイムスリップしたみたい。
どこの時代かわからないけど………
ですが
椅子席の用意も
ありましたよ。
我々は椅子席を希望。



    そして運ばれてきました。
《丸》と言われる姿のままのもの。
あーーー無理ですよ。
IMG_1973



    たっぷりのネギを添えて
いただくんですって。
んーーーー
それでも無理だわ。
IMG_1975


    火鉢でコトコトと。
IMG_1978


 
      コレは柳川。
どじょうを開いて牛蒡を足して
卵とじしたモノ。
コレは食べられました。
一口だけ。
ちっとも臭くなく
少しだけ骨を感じます。
牛蒡がアクセントになってます。
FullSizeRender


    クジラの竜田揚げ
これは美味しかったです。
味わえました。
FullSizeRender


    味噌汁。
小さなどじょうが姿のまま入ってます。
どう考えても無理でしょう。
IMG_1979


     桜の季節も手伝って
お店は繁盛していました。
江戸っ子のソールフードなんでしょうね。


    ご馳走になれるからと
同行したわけですが
貴重な体験が出来ました。
これからも自腹で支払って食べることは
ないかな。


   ご馳走になった御礼に
この字手紙を投函。
IMG_1985

    ちょっと違った驚きを表現したくて
《驚》ではなく
《愕》を使ってみました。
リッシンベンを
どじょうみたいに書けるし。