《ダイアナ・クラール》予習過程で
遭遇したもう1人の歌手。
奇跡のような声だと聴き入ったのが
《ジョシュ・グローバン》という歌手でした。
そうです。
またも
一聴惚れしてしまったのです。


 
  その声を
もう少し聴きたくて
《マイケル・ブーブレ》に続き
またも
中古CDを購入。



 コレは
クリスマスソングの
カバーアルバムでした。
伸びのある歌声を
楽しめます。
しかもクリスマス前で
なんともタイムリー。
IMG_3875



 以下2枚は
それぞれ1円でした。
んーーーー
なんで1円なのか
聴いて納得。
まったく良くないもん。
それでも
送料をかけてまで手にした事は
自分を納得させるだけの対価に値すると
思っていますが。
IMG_3896
FullSizeRender



 この2枚からは
ワタシが第一印象で感じた彼の魅力は
伝わって来なかったのよねー