image


 《ゆうゆう》でもお馴染み
スタイリスト石田純子さんの
新刊本です。




《ゆうゆう》をきっかけに
結んだ石田さんとのご縁。
ワタシの人生で
彼女の登場は
センセーショナルでした。
彼女はワタシの堅い頭に
プロの視点で
風穴を開けてくださいました。




 幼い頃からお洒落に興味を持ち
アレコレ試してきました。
自分なりの理念も確立し
迎えた50代。
それまでは着たい洋服が
似合う洋服だったのですが
あれ?と思い始め
自分の思い込みが壊れかけた頃
石田さんに出会いました。




 この本の中でも
石田さんは《思い込みは捨てて》と
提案されてます。
でもね
これまでの人生
色々考えながら
時間とお金をかけて
導き出した結論を
捨てろと提案されても
そうそう出来ません。
自分なりに導き出したその結論には
好き嫌いや感性も入るからです。
長い年月かけて
ファッション雑誌を読んで
勉強してきたという自負もあります。
それでも
石田さんは言い続けます。
《思い込みを捨てて》と。




 思い込みを一度にすべて捨てるのではなく
少しずつ捨てればいいんだと
気づいた時
痛切に思いました。
《老い》という現実を料理するには
新しい考えを受け入れないと
アップデート出来ないのだということを。
その新しいモノは
捨てた思い込みのスペースに入るのだと。
そして
ファッションのプロである
石田さんの提言は間違いなかったという事を。
今更ながら
彼女の登場は
まるで救世主が現れたかのようだったと
しみじみ感じています。



 新刊本には
ワタシ達世代に
参考になる内容が盛り沢山です。
どーぞ
お手に取って
ご覧くださいませ。