このヘンテコな名前の枝豆を
本場山形から
毎年取り寄せてます。
今年も届きました。
甘みと香りが違うんですよね。
IMG_2059



 鮮度が大切なので
早速茹でます。
ウブ毛を取るのには
すり鉢が最適。
このすり鉢にとっては
年に一度の晴れ舞台。
今や胡麻もすりません。
すりごまを買ってきますので
。。
すり鉢がなければ
ボールだっていいと思いますが
すり鉢のほうがウブ毛が取れやすいですよね。
IMG_2062




 枝豆を茹でる時
ワタシはここをハサミでカットします。
味に違いはありません。
見た目の問題です。
ちなみに
もやしも髭を取って
使います。
こういう単純作業、嫌いじゃないので。
IMG_2066
IMG_2063




 塩をまぶしてゴリゴリと
すり鉢に押し付けて
ウブ毛を取ります。
IMG_2068




 茹でる時の必需品は
ザルとうちわ。
茹で時間は1分半。
取り出し
うちわで扇ぎながら
塩をまぶします。
左手で
ザルを振りながらうちわでパタパタ。
深い金網のほうがやりやすかも。
IMG_2069




 綺麗な緑色に仕上がりました。
備前焼の器に合うわぁと
思いながら
毎年同じ器に盛り付けています。
少しずつ茹でたからかしら。
茹で時間は1分半で
間違いないのです。
IMG_2070




 枝豆は緑が綺麗なので
食卓の彩りに使えます。
早速
ポークビーンズに乗せてみました。
FullSizeRender



 すぐに食べないのは
小分けにして
冷凍しました。
自然解凍で
ビールのつまみのほか
サラダのトッピングにしたり
スープに浮かべたりして
食べ切ります。
FullSizeRender