それは
日本国中で
一番人気のある宝くじ売り場で
年末ジャンボを買った事。


 
 ニュースでも
よく取り上げられる
《西銀座チャンスセンター》の
1番窓口。
この窓口だけ
特別扱い。
1番窓口に続く通路だけ
赤い敷き物なんですよ。
IMG_3419




 しかもその道は
こう呼ぶそう 笑
IMG_3411





 1番窓口以外の売り場なら
誰も並んでないので
すぐ買えます。
2番、3番、5番窓口は
ご覧の通り。
でも
せっかくなので
並びました。
IMG_3418




 道ゆく人の交通を妨げないよう
道を挟んで行列を作ります。
IMG_3408




 そして
離れた行列から
《億の細道》に向かう人達には
これが
配られ
コレを持ってる人だけが
《億の細道》に
並ぶことができる仕組みに。
割り込みできないように
工夫されてます。
IMG_3407




 買い方メモ付き。
IMG_3414




 朝早い時間でさえ
《待ち時間は50分》。
最後尾に並んだのだけど
すべてが初体験だったので
さまざまなモノが楽しくて
あっという間の50分でした。
(購入を終えて時計を見ると
ちょうど50分経っていました)
その50分の間に
並んでいる人の観察をしたり
買った宝くじの保管場所などを
ネットで調べてたりしてました。
過去に買った時は
仏壇や
神棚に置いて神頼みしていましたが
正解はそうじゃないみたい。
意外にも
北西の引き出しの中で
静かに休ませるのが
いいとか。。。
『へぇ』
勉強になりました。




 せっかく《億の細道》に並んだのに
ワタシは《億》は
狙っていないので
すべて《バラ》で購入しました。
え?
結果ですか?
あーーー
残念!
世の中
思い通りには
いかないという事ですね。
遠い昔に買った宝くじ入れに
入れて
北側の部屋の引き出しで
休ませたんですけどねー
FullSizeRender



 それでも《1番窓口》に並んだことで
感じたことのないワクワク感を味わいました。
《億の細道》には
そんな効力がありました。
そんなひとときが
楽しくて
並ぶ価値あるかもと思いました。