2000年封切りの
映画《リトルダンサー》の
ラストシーンに出て来るバレエダンサーの名前です。
このラストシーンにワタクシメは
度肝を抜かれました。
『何これ』
『誰これ』
映画のラストシーンに少しだけ出演する彼は美しくて
たくましくて
たちまち心を奪われてしまったのです。
こういう感覚は味わったことがありません。
これを一目惚れというのでしょうか。
ワタクシメは一目惚れの経験がないのです。
《物》には一目惚れしますが
《人》にはないのです。


   ワタクシメの心を鷲掴みにしたのは
《アダム・クーパー》というダンサー。
彼の背中の美しさに
ワタクシメは撃沈されたわけです。


   今は便利な時代
ユーチューブで観たいトコロだけ
観る事が出来るので
そのシーンを時々観てます。
ムフフ


   その映像、背中はこちら。


     顔はこちら

   
 《アダムクーパー》は
現在はバレエではなく
ミュージカルに活躍の場を移しているようです。
数年前、来日もしているようですね。
その存在に気がつくのが遅かった。
生の舞台を見逃したという事です、残念。


     《生》でその舞台を観ることができないなら
せめてDVDで……ということで
インターネットでこれを購入。
ロイヤルバレエを退団後
一時《アドベンチャーインモーションピクチャーズ》に所属していたことはわかったぞ。
早速注文。

そしてイマドキはあっという間に届くのです。
どれどれ
とキャストを見ると
《アダムクーパー》の名前がない!!
彼の踊っている姿観たさに購入したのに『あちゃーー』です。


すぐさまポチっと再注文。
便利な時代です。
来た来た


   結局
殿方バレエダンサーが踊る
《白鳥の湖》のDVDが2本手元に。
見比べる楽しみが出来ました!
今回のこの怪我の巧妙
嬉しいな。