とあるSNSで、CRM80に、CRF150用のフロントディスクを
装着していると、ここ最近、話題になっている。

通勤車両のCRM80に、わざわざ他車種のディスクを流用なんて
さらさらする気持ちは、今の私にはないはずなんだけど
CRM80オーナーには、これはかなりの希望の星。
イメージ 1




なぜなら、CRM80のフロントディスク
純正はすでに廃盤で、オーダー不可。
しかも、社外品なし、NSR用なども、ボルトピッチなどが違って
流用も出来ない状態。

2年前に、ブレーキパッドとピストン交換して、ビシっとなったブレーキだけど
http://blogs.yahoo.co.jp/yoyo_march/archive/2014/06/30


今年あたりからブレーキタッチが、かなり甘い感じになってきています。
ディスクの摩耗限界2.5ミリに対し、すでに2.6ミリを切っているので
それがとても気になっていました。
イメージ 2





ネット上の情報や、雑誌の情報って、苦労したものほど
乗せないもの。
苦労した人同士が話しているのを、どこぞかの人が聞こえてきて
それをネット上に書き込みして、いつしかそれが定番チューンになる。
マーチで、よくあった事です。
ただ、自分で苦労していないので
メリットのみしか知れ渡らず、デメリットや小加工・取り付けに気をつける事など
あくまで、無料で手に入る情報なんて、そんな程度に考えた方がいいです。




さて、本題。
噂が本当かどうか、確かめる手段はただひとつ。
さっそく、CRF150用の社外ウェーブディスクを購入しました。
イメージ 3




さっそく純正と比べてみると、ボルト位置が全く違う。
あぁ、秒速でゴミ決定。。。
イメージ 4




ん? 
あれ?
ぴったり、なんで???
イメージ 5




全く気がつかなかったけど、ハブが長方形。
かなり、ほっとして、もう少し比較。
・ボルトピッチ、ほぼ同じ。
・ハブ径、ほぼ同じ。
・直径は、5ミリ、CRF用のほうが大きい
イメージ 6





ボルト取り付け穴、CRM80のほうが大きい
イメージ 7




ボルト取り付け穴が大きい理由は、ボルトが太く加工されているから。
イメージ 8




とりあえず、ざっと比較してみた感じとして
流用素材として、ものすごく期待出来るものです。


さぁ、どれくらいな物なのか、不安と楽しみです♪