2016年01月13日

おっかあが上野で買って来てくれたadidasのTシャツ、じっくりみたらadidosだった。まぁ、気持ちはうれしいので、ウケ狙いで着ますけどね。って感じでした。SW 7。

yoyogi2222 at 07:41コメント(6)トラックバック(0) 

2015年08月09日

IMG_1769


今日は長崎。天気は快晴。気温はぐんぐんあがる。
平和祈念式典の会場は、テントの下でも汗が滴り落ちる。
11時。黙祷。
静まりかえる会場に、蝉の音が聞こえる。
70回めの夏です。

yoyogi2222 at 20:32コメント(0)トラックバック(0) 
日々雑感 

2015年02月09日

こんなんもあります。

http://okinawa-bungaku.com/hanauru/contents/pdf/syou/syou_A4_03.pdf#search='サハチの海'

yoyogi2222 at 08:17コメント(1)トラックバック(0) 
小説 

2014年03月26日

こちらにコラムを書いてます。もしよかったら見てやー。
http://www.fukei-okinawa.jp/column/

yoyogi2222 at 20:40コメント(0)トラックバック(0) 
沖縄 | 日々雑感

2013年01月13日

image
最近、大河ドラマをよく見る。「平清盛」は初めて最初から最後まで楽しめた。歴史的な出来事をなぞるのではなく、人間の「悲しみ」が深く描かれていたからだ。で、今回は「八重の桜」。今夜は第二話。話しが動きだし、面白い。テンポよく、45分が短く感じる。と思っていたら編集は掛須秀一さん。映画「Fire!」をつないでくれたベテランだ。次回も楽しみになってきた。

yoyogi2222 at 18:53コメント(0)トラックバック(0) 

2012年07月15日

朝から忙しく、昼飯抜きで、気づくと午後四時。こういう日にはステーキ! と、以前冷凍しておいたオージービーフで早めの夕食。ビール、キュウリサラダ、ミックスベジタブルと一緒に。

P1030192


時刻は午後五時。AFN OKINAWA はロックをノンストップ。今流れているのはKaty Perry の Firework。

P1030174



天気快晴。部屋を駆け抜ける風は南南西。いい気分の日曜日。

P1030185



yoyogi2222 at 17:15コメント(1)トラックバック(0) 

2012年04月19日

久々にロードショウ。話題の「アーティスト」を観に午後一番の回を。とても面白かった。よく出来たシナリオ。サイレントムービーだけに、全編に渡って流れる音楽が、見る側の様々な感情を増幅する。そしてなによりいいのが、観賞後の気分。こじんまりしたいいホテルに宿泊したような、老舗のレストランで食事したあとのような、そんな贅沢な気分。the-artist-560
さすが、フランス映画ならでは、でした。

yoyogi2222 at 19:06コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月30日

久々に映画館に行きました。「ツリー・オブ・ライフ」。二年ぶりかなー。イヤー面白かった! まだ頭の中で映像がぐるぐるしてます! 

20110822150406


yoyogi2222 at 20:36コメント(1)トラックバック(0) 
映画 

2011年04月06日

久々に見た! 中学生の時に観て、大好きになった映画!
雨に唄えばの自転車シーンで、またまたジーンとした!
輝くばかりの魅力、キャサリン・ロス!
すごい映画!101

yoyogi2222 at 19:31コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月20日

今日は日本橋の高島屋まで、祖父、中川一政の没後20周年記念展覧会を見に。地震の影響を心配するも、会場は多くのお客さんでにぎわっている。油彩、岩彩、書。一政の作品の中でも最高の作品が並ぶ。生き生きとした作者の感動が絵に息づいている。東京会場は明日まで。後日、横浜会場も予定されているので、興味のある方は、ぜひ。震災で気持ち落ち込みがちの毎日。少し気持ちを変えて見るのも必要かと。
0302pickup_o03









高島屋創業180周年記念
没後20年 中川一政展
〜独行此道(ひとりこのみちをいく)〜
期間:3月21日(月・祝)まで
場所:8階 ホール
※ご入場は、午後7時30分まで(8時閉場)。
ただし、最終日は午後5時30分まで(6時閉場)。
主催:NHKサービスセンター、日本経済新聞社
協力:白山市立松任中川一政記念美術館、真鶴町立中川一政美術館
入場料〈税込〉:一般800円、大学・高校生 600円、中学生以下無料

1893年に生まれ、明治から平成にわたって活動を続けた中川一政。
少年期に詩・歌で世に出た一政は、当時『白樺』によって日本に紹介されたゴッホ、セザンヌに啓発されながら、絵画の道に進むこととなります。
しかしそれは、美術学校で学ぶことも特定の師につくこともない、独学によるものでした。1975年には文化勲章を受章。
表現は絵画のみならず多岐にわたっていますが、生涯を通じて一政を駆り立てたのは、抑えがたく湧き上がってくるもの、すなわち「感動」にほかなりませんでした。
1991年に97歳で亡くなる直前まで衰えなかった創造へのエネルギーは、遺された作品を通じてわれわれに生きる勇気を与えてくれるでしょう。
本展では中川一政の著作、言葉に着目しながら、油彩・岩彩・墨書・篆刻・陶器・挿画など約100点を展観し、独自の精神とその軌跡に迫ります。


・日本橋高島屋 8階ホール
 会期:2011年3月3日(木)〜3月21日(月祝)

・京都高島屋 7階グランドホール
 会期:2011年3月30日(水)〜4月18日(月)(予定)

・大阪高島屋 7階グランドホール
 会期:2011年4月20日(水)〜5月9日(月)(予定)

・横浜高島屋 8階ギャラリー
 会期:2011年5月18日(水)〜5月30日(月)(予定)

・ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階特設会場
 会期:2011年9月1日(水)〜9月13日(月)(予定)


yoyogi2222 at 16:34コメント(2)トラックバック(0) 
日々雑感