2006年12月26日

vol.066

6789f510.jpg
57bd491f.jpg
こんにちは!

今日のブログも代表の鈴木が書きます。

今日は、あまりお天気が良くないし、冬休みですし、数字の補習授業という事でしので、2名のみの登校でした。

数学は、基礎が出来ていないと問題は解けませんからね!まあ、最低限度の知識は、身に付けようね!

当校は、『自分が、されて嫌な事は、人にするな』と、良く分別のついている生徒達ばかり、本当に、いい子ばかり。生徒達と触れていると、自分にとって納得の行く、自分にとって薔薇色の人生を送って欲しいと心から思いますね。


そうそう、昨日のブログに添付した写真の絵画の作者、誰か御存知ですか?又、題名は?

昨日はクリスマスでしたので、レオナルド・ダ・ビンチの『聖母子と聖アンナと洗礼者聖ヨハネ』を添付しました。

この額は、額屋さんに、特別注文した物ですが、肝心の絵は、イギリスのロンドンにあるナショナル・ギャラリーで、数年前に、日本円にして約1000円で購入した物です。

ナショナル・ギャラリーは、絵画収集では、世界一の美術館です。

このダビンチの絵は、ナショナル・ギャラリーても特別扱いされており、薄暗い小部屋に飾られております。
それは何故か?

それは、ダビンチの画稿であり、継ぎ合わされた8枚の紙の上にチョークと木炭で描かれた素描だからです。

数年前ナショナル・ギャラリーで、この絵に出会った私は、画像では分かりにくいと思いますが、真ん中の聖アンナが、人差し指を天上に指差している仕草を見て、゛これって、ダビンチが晩年描いた『洗礼者ヨハネ』に、似ている゛大発見と、胸を踊らせました。

数年前ロンドンからユーロスターに乗ってドーバー海峡を渡りパリに行き、パリ散策をしました。そして、ルーブル美術館に行った時、ナショナル・ギャラリーにもあるダビンチの『岩窟の聖母』を見た時に゛ハッ!゛とした覚えがあります。

このお話しは、長く成りますので、話しの続きは、明日に・・・

今年の補習授業は、12/29まで、必要な生徒さ〜ん、待ってますよ!

では、明日に!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yoyoginagoya/50487681 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔