生活について

度々この事を忘れるのでいっその事、ここに書きとめておこうと思う。

■パニック障害が悪化したら
・カフェイン断ちをする。
・アルコール断ちをする。
・日光を見る。

これだけで大幅に改善するから、買い物もできなくなるほど悪化したときはまずこれをやるべき。



■カフェイン断ちについて
カフェイン断ちをした生活で一番感じるのが、「睡眠負債」。
カフェインを一切摂らない生活を初めて一日目に感じるのが、とにかく眠いということ。

そして二日目から感じるのが頭痛。カフェインを常習的に摂り続けていた生活から一変して全くカフェインが体内に取り込まれないことに対して肉体が起こした禁断症状のような物だと思う。
しかし何日も頭痛が続くわけではなく、カフェイン断ちを続けていると三日目には一切頭痛を感じなくなる。

でも、頭の痛みや苦痛よりも、とにかく眠い。
寝ようとすればいつでも寝られる。
今までの不眠が嘘のように、いつでもどこでも寝ようと思えば眠ることができてしまう。

これはカフェインを摂りすぎていたことによる睡眠不足を体が解消しようとして睡眠負債を返済しようとしてるんじゃないだろうかと思う。

そして何より感じるのがカフェインに対する狂おしいほどの渇望。
とにかくコーヒーが飲みたい!エナジードリンクが欲しい!!
自販機を見るたびに手を出したくなる。

でも、駄目!!!

今は外に出ることを躊躇するぐらいパニック障害が酷い状態なんだから。

カフェイン断ちをしようがアルコールを辞めようが病気が治るわけではないけれど、少なくとも悪化した状態を緩和することはできるから。
一生この病気と付き合っていく覚悟ができているけれど私は多分この病気が原因でストレス死すると思う。