ドライブ

2009年04月21日

お出かけのススメ

お久しぶりです!

お久しすぎます!!

すみません!!!

ほぼ二ヶ月ぶりのブログに何を書こうか考えながら、
早くも3日経過・・・(爆)

正に光陰矢の如し

英語でも「Time flies like an arrow」というらしいです。



と、話題がぜんぜん違う方向へ行ったところで、、、、


長期休暇に向けてのお出かけオススメスポットを
ご紹介していきたいと思います

今日は日本のエーゲ海(と勝手に呼んでいる)「ヴィラサントリーニ」さんのお話

ヴィラサントリーニ2←こちらはブログ管理者が
前回の休暇で撮影した写真なのですが、








ヴィラサントリーニ-2実はこの写真・・・・

12月に撮影したんです!!


しかも



四国は高知県です!!





なんと空がキレイなこと!!


今治から高速を使って土佐インターチェンジで降り、
ゆるゆると地道を走れば四国のエーゲ海にたどり着けます。


最近は高速料金が千円になる日があるようですし、
遠出のランチとしてもいかがでしょうか?(笑)



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ヴィラサントリーニさん


〒781-1165 高知県土佐市宇佐町竜599番地6

tel:088-856-0007
fax:088-856-2822

HP:http://www.villa-santorini.com/index.html



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


















yozai_shoji at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月20日

台風一過

今治市では思ったより台風の影響が無かった様に感じましたが、
少しは山に雨が降っているといいですね

先日仕事途中に通りかかった玉川ダムは水が減って山肌が見えていました。
玉川ダム何年も前に渇水で断水した経験のある今治の方は
結構貯水率に敏感なのではないでしょうか?

ブログ管理者の家では、そのとき買ったポリタンクが
ほとんど活躍しないまま物置に鎮座しています・・・
(でも捨てられないんですよね・・・;´Д`)




ミラーズウサ-8水の話といえば、西条市のダムを
松山市が使用出来るかどうか
お話合いが続いていましたが、

その西条市に素敵なお店があったので
行って来ました


店のお名前はミラーズ・ウサさんです

ミラーズウサ-4中ではちょうど南寛さんの
「フロートガラス作品展」が開催されていて、
ガラスの食器がキラキラと
きれいでした




ミラーズウサ-7中にはこれはガラス!?
というくらいリアルな置物も(笑)







ミラーズウサ-3置いておくだけで
サマになりそうな大きなガラスの器です。

色が薄いものから濃いものまで色々ありました。






ミラーズウサ-5左奥のランプシェードを
買おうかどうか真剣に悩みましたが、
部屋の雰囲気がまったく違うので断念しました(爆)






ミラーズウサ-6
これからの季節の色合いのものも
多く展示されていました

ちなみに右下に移っている平皿の小さいのは
おしぼり受けだそうです。(笑)



ミラーズウサ-2こちらは残念ながら非売品でしたが、
ガラスで編まれたバスケットです。
うーん良い仕事です!!






ガラス展は残念ながら終わってしまいましたが、
色々なアーティストさんの個展をなさっているので
ミラーズ・ウサさんのお店のHPでチェックしてみてください!

(ミラーズ・ウサさんのHPはコチラをご覧ください。)



yozai_shoji at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月05日

春の海

前回はまた今治から外れてしまったので、更に軌道修正

今治地方はちょっと走れば、すぐ海、すぐ山なので、
海・山どちらも楽しめてしまうオイシイ場所なんです(=゚ω゚)人(゚ω゚=)


今日は国立公園に指定されている糸山の中に建つ、
瀬戸内海を一望できるオススメのスポット、「大潮荘」さんをご紹介します!


大潮荘より波方方面
←写真は大潮荘さんからの眺めです。
冬の海より色が柔らかい青色に
変わっているように見えませんか?

お天気がよければ遠くの島並みも見えます


来島海峡大橋近くには世界最大の3連吊橋を一望できる
来島海峡展望館があります。

←写真はその展望館からへなちょこカメラマンが撮影した
 来島海峡大橋です。
 実物を見るともっと感動します!当社のHPにはもっと
 上手な方が撮影された写真を掲載しておりますので、
 ゼヒご覧下さいΣ(´д`;)

大潮荘ランチ1さて、素敵な景色の後はお待ちかねの
大潮荘さんのランチです

以前からエビフライが有名と
聞いていた管理者、やっと念願かなったり〜! 
それにしてもエビでっかいです!


大潮荘ランチ2一緒に行ったお友達は
お刺身定食を注文

←写真は彼女の撮影です。へなちょこカメラマンとは
 アングルからして違います!!(*゚∀゚)

お食事後は景色をみながらまったり〜
なんと、宿泊も出来るそうです!

えるナビ様のHPに詳しく掲載されていましたので、
ご参考になさってください。



地図はコチラをクリックするとごらんいただけます。

週末がドライブ日和だと良いですね!




yozai_shoji at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月03日

気分だけ? 春!

3月に入ると気分だけは春な感じがしますよね

3月の花

会社のお花もちょっと春を意識したコンセプトです。
蘭の花を生けてみたりして・・・

うーん!気分だけカリヤザキさん!?(´∀`*)
(あくまで気分だけです!!)




気分といえば、ちょっとお出かけがしたくなる季節ですよね。

でもまだ寒い・・・。

そんな時には 温泉が一番!


ということで、行って参りました!
道後温泉1道後温泉本館です。(また今治じゃなくてすみません

愛媛県民なのに、実は今回2回目の訪問となる管理者。
近すぎるからか、ココを目指して出かける事が無いので。

今回は遠くから来てくれたお友達と観光案内も兼ねて
行って来ました!



坊ちゃんダンゴせっかくはるばる来てくれたお友達を
連れて行くからには!!と、フンパツして、
3階のお団子付き、天皇陛下のお風呂拝見ツアー付きの
個室のチケットを購入(。・ω・)ノ゙眺めもいいのでオススメです

←独特の配色に最初は友達に警戒されていた
「坊ちゃんダンゴ」(確かに管理者も、初めて見た時は
これ何の色!??と、思っていましたが・・・

一口食べるとお茶とマッチして美味しいですよね。

お風呂の写真は他の方もいらっしゃいますから、撮影は出来ませんでしたが、
お風呂上りもぽかぽかで、しばらく浴衣一枚でまったり出来ました

3階は1時間20分の間に退室できれば、2箇所在るお風呂に両方入れるので、
お時間に余裕のある方はオススメです

久々に道後近辺を歩きましたが、旅館やお食事やさんなど、
新しいお店が出来ていて、半日では回りきれませんでした。

また美味しいお店を開拓しに行きたいと思います。
気〜長〜〜にお待ち下さい。(笑)








yozai_shoji at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月21日

お出かけには未だ寒い・・・

節分・椿さんが過ぎてちょっとは寒さが緩むかと思っていた今日この頃、
(非常に考えが甘かったのですが・・・
大切なお客様が大阪から来てくださったので、内子の町並みにご案内しました。

内子の町並み1筆者、内子に行くのは実は10ウン年ぶり!!以前行った時より町並みが整備されていて、
リフォームされたお宅もありましたが、他の町屋と
趣を合わせておられました。




内子の町並み6バーバーなんとこの渋い建物は、よく見ると
赤と青と白のクルクルがついているではありませんか!!
そう、実は床屋さんなんです暖簾をくぐると、
シブイおじ様が出てくるのでは!!?
等々色々と妄想が膨らんでしまいました(*・ω・)ノ









内子の町並み2お昼はこちらも渋い趣のお店で頂きました。柱時計がかかり、なんと奥庭には苔生した水車もくるくる!
シブシブです。

お昼のお食事には内子豚さんでできたソーセージをいただきました。写真を見てるとビールが飲みたくなってきませんか!?

内子豚ソーセージそもそも内子豚さんの存在を知らなかった筆者。
愛媛の観光検定は落第間違い無しですね。(;´Д`)
帰ってから調べた所によると、内子豚さんは衛生的管理した
養豚場で子豚の時から病気に感染させず、無菌で育てた
豚さんだそうです。病原菌に感染していませんから
抗生物質等も必要なく、安心して食べられる
美味しいお肉になるのだそうです。
2口で即食〜

内子座1そしておなかも一杯になったところで
内子座(うちこざ)に向かって歩みを進めます。
途中魅惑的アイテムがそこかしこにあるので、
誘惑を振り切りながらもなんとか到着(笑)

内子座は大正5年2月(1916)大正天皇即位を祝って
創建された木造2階建て瓦葺き入母屋造りの歌舞伎劇場で、
愛媛県内唯一の大正時代から現存する芝居小屋だそうです。

内子座2せっかくココまで来たので、300円お支払いして
中を見学させていただきました。
舞台が近い!枡席シブい!!看板右読み!!!(笑)
大正時代にタイムスリップしたような空間です。




内子座3内子座5奈落への出入り口舞台の上下両方とも
見学可能でした。
こんな奥まで入って
いいのかなという感じ。
右の写真は奈落(舞台真下)
への入り口。
気になる中の様子は・・・
ナイショです!(´∀`)

花が咲く季節になりましたらぜひお出かけになり、ご自身の目でお確かめ下さい


yozai_shoji at 11:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)