日本共産党埼玉県議会議員やぎした礼子ブログ

みなさんのねがいをまっすぐ県政にとどけます

埼玉県議会環境農林委員会の視察

埼玉県議会環境農林委員会の視察1
埼玉県議会環境農林委員会の視察3
埼玉県議会環境農林委員会の視察4
11月20日、21日埼玉県議会環境農林委員会の視察で茨城県立農業大学校と千葉県香取市の株式会社成田香取エネルギーを視察してきました。特に感動したのは、農業大学校のレベルの高さです。

先生も学生さんも生き生きしていて、なしやぶどうを試食させていただきましたが、甘くておいしかった!土づくり、病気にかからないようにと研究し、学んだ技術を生かし、愛情をもって育てているのですね。ありがとうございました。

2017年所沢診療所 健康まつり

2017年所沢診療所 健康まつり1
2017年所沢診療所 健康まつり2
2017年所沢診療所 健康まつり3
19日、日曜日、私の元職場である所沢診療所の健康まつりが、行われ、辻モトミ地区委員長と出席しました。

来賓として私があいさつし、辻委員長は、南京玉すだれに特別出演、フラダンス、太極拳、じゃんけん大会、オカリナ、こども太鼓、合唱など日ごろの練習の成果が披露されました。

各コーナーでは、うどん、カレーなど手作りの食べ物屋さん、バザーも盛況でした。お昼には、スペシャルライブで所沢市の観光大使JAY・S・GARDENが大盛り上げみんなで踊りました。

お疲れさまでした。

青い空の下で所沢市消防団特別点検

青い空の下で所沢市消防団特別点検1
青い空の下で所沢市消防団特別点検2
19日、日曜日午前8時半より所沢市立所沢中学校校庭で所沢市消防団特別点検が行われ、日本共産党の城下のり子、小林すみ子両市議と出席しました。お疲れさまでした。

国保の都道府県化について学習会

国保の都道府県化について学習会1
国保の都道府県化について学習会2
11月17日、日本共産党埼玉県議団は、2018年度から始まる国民健康保険のと道府県化について考える3回目の学習会を、さいたま市内で開き、県内の地方議員や民主団体の人たちが参加し、都道府県化の問題点や経験を交流しました。

党県議団から、秋山文和県議が報告し、都道府県化に伴う各自治体の国民健康保険税について、県の2回目の試算では平均で1・4倍、最高で2・07倍の引き上げになっていたものが、3回目の試算では、県平均で1・1倍、最高で1・5倍と引き上げ幅が大幅に縮小されたと指摘。県社会保障推進協議会のねばり強い運動や、共産党が県議会や国会で国保の制度改革について取り上げたことにより、「市町村が従来通り、一般会計からの繰り上げを行えば国保の引き上げを阻止することができ、県や国がさらに上乗せすれば、引き下げることが可能です。全県で運動を盛り上げていきたい」と述べました。

県社保協の川嶋芳男事務局長が報告し、「払える国保税や保険証1枚で、いつでも・どこでも・誰でも必要な医療が受けられることを求め、国保は社会保障であることをスローガンに運動を広げよう」と呼びかけました。共産党の梅村さえこ前衆院議員・伊藤岳県民運動委員長も出席し、あいさつしました。活発な質問や意見が相次ぎましたが、これからは、市政、県政、国政を結んで県民運動を大きく盛り上げていきたいと決意を新たにした学習交流会でした。お疲れさまでした。

埼玉「県民の日」記念式典・イベント

埼玉「県民の日」記念式典・イベント1
埼玉「県民の日」記念式典・イベント2
11月14日、2017年度、今年で47回目を迎える「県民の日」の記念式典が、リニューアルされた埼玉会館で行われ出席しました。

様々な分野で顕著な功績をあげられた方々や絵画や作文コンクールにおいて入賞された方々などの表彰が行われました。

最優秀賞に選ばれた鳩山町立亀井小学校4年生の福岡春佳さんの作品で鳩山町の大豆を使ってお豆腐を作り、湯葉までつくった作文の朗読を聴いていてじーんときてしまいました。

埼玉県庁と周辺はイベントで大賑わい、福島県からも応援隊が来ていました。娘へのお土産に、あんぽ柿とラフランス、ぶどうを買いました。お疲れさまでした。

公民館の文化祭

公民館の文化祭
11月11日、12日と所沢市内公民館の文化祭が開かれています。

農林フェスタの後、所沢中央公民館、小手指公民館分館の文化祭に小林すみ子市議と参加し、来館者と交流しました。息子の友達のお母さんや沢山の人から声をかけられ「いつも共産党応援しているのに、今回は、残念だったね。がんばってね」など激励も頂きました。

これからもがんばります。ありがとうございました。

食と農林業ドリームフェスタ・埼玉農業大賞表彰式

食と農林業ドリームフェスタ・埼玉農業大賞表彰式1
食と農林業ドリームフェスタ・埼玉農業大賞表彰式2
11月11日(土)、2017彩の国食と農林業ドリームフェスタが、所沢航空記念公園で開かれ、金子正江県議、小林すみ子、矢作いづみ両市議と参加しました。

オープニングセレモニーでは、埼玉県農業大賞表彰式も行われました。受賞者のみなさんおめでとうございます。地域貢献部門では、所沢市4Hクラブ、神川町の松本重子さんが優秀賞を受賞されました。女性農業者もがんばっています。

カサブランカとチューリップの球根、クリスマスベゴニアの鉢植え、国分牧場の牛肉など買って帰りました。お疲れさまでした。

埼玉県に県政要求共同行動ー「払える国保税」など要望

埼玉県に県政要求共同行動ー「払える国保税」など要望
11月10日、埼玉県の民主団体や労働組合などでつくる県民要求実現埼玉大運動実行委員会と県社会保障推進協議会は、さいたま市内で「県政要求共同行動」を行い、中小企業支援や労働、教育、医療・介護、保育などの各問題について県に要望しました。私は、医療・介護など社会保障の分野に出席しました。

来年度からの国民健康保険の都道府県化などについて、県と懇談しました。参加者は、国保税が高くて払いきれない人が多くいる実態を告発し、「国保の都道府県化により多くの自治体で値上げが予定されている。一般会計からの繰り入れ継続などで、値上げではなく、払える国保税にしてほしい」また「国保税の滞納者に対して強権的な徴収や差し押さえを行っている自治体があるが、県として現場でどういう対応がされているのかを調査し、適切な働きかけをしてほしい」など求めました。

県の担当者は、「国保税について、国に対して低所得者対策の充実や保険税の急激な上昇抑制を要望していく」「県としては、市町村が一般会計からの法定外繰り入れを行えないという認識ではない。保険税の徴収は、個々の生活実態などを把握するよう指導している」と述べました。一日中、お疲れさまでした。

東日本大震災・原発事故から7年目の福島県を視察

東日本大震災・原発事故から7年目の福島県を視察
東日本大震災・原発事故から7年目の福島県を視察2
東日本大震災・原発事故から7年目の福島県を視察3
東日本大震災・原発事故から7年目の福島県を視察4
11月8日、9日党県議団は、南相馬市議の渡部寛一さんの案内で南相馬市など被災地の現況を視察し、福島県の担当者からも説明を受け、党福島県議団と昼食をしながら懇談しました。大震災と福島第一原発事故から、すでに6年8か月が経過。

この間、政府は、2011年から2015年の5年間を「集中復興期間」、2016年から2020年を「復興創生期間」として原発事故からの復興を加速化させ、10年間で福島県の復興を成し遂げることを方針としてきました。

しかし、福島の現状は、故郷を奪われ帰れない避難者が5万5千人余にのぼり、避難指示解除がされても帰還できない状況であり、復興にはほど遠いと言わざるを得ないのが現状です。自主避難者を含めればもっと多くの方が、帰れないでいます。

原発事故の恐ろしさを改めて実感しました。お世話になりました。

埼玉県の台風21号による豪雨災害対策について政府と県に要望

埼玉県の台風21号による豪雨災害対策について政府と県に要望
11月6日、10月22・23日の台風21号によるたんじかんの記録的豪雨は、県西部地域を中心に多大な被害をもたらしました。埼玉県の調査によると、一部破損住宅6棟・床上浸水373棟・床下浸水549棟にのぼっています。この間、党県議団は、国会議員・市町村議員とともに被災者を訪問し、その声を伺ってきました。特に県西部地域は、昨年も台風により甚大な被害を受けた地域です。

党県議団は、昨年発災の翌日に、災害救助法施行令第1条第1項4号-多数の者が生命または身体に危害を受けるおそれが生じた場合―適用を県に求めました。これが実現していれば、住宅応急修理費用として上限57万6千円の支給や、避難所としてホテルを借り上げる等の国の支援が可能となります。しかし、埼玉県は、昨年も救助法適用を検討せず、さらに本年も「最大級の台風」と言われた21号台風に対しても適用申請せず、床上・床下浸水などの被災者の支援について、応急仮設住宅などさまざまな国の支援を受けることが不可能になりました。

そこで、日本共産党埼玉県委員会と県議団は、各地の現地調査を踏まえ、被災自治体の地方議員と共に内閣府防災担当大臣・国土交通大臣宛に要望書を提出し、塩川鉄也衆院議員立ち会いのもとに交渉・説明を受けました。

午後からは、ひきつづき埼玉県上田知事あてに要望書を提出し、被災者の声を届けて飯島副知事に要望活動を行い、その後担当部局との交渉を行いました。

一日中、お疲れさまでした。
プロフィール

プロフィール写真
日本共産党埼玉県議会議員
柳下礼子です。

Twitter @ryagishita
連絡先
略歴
私の信条
私のお約束
市民の願い
私の活動の原点
無料法律相談会のお知らせ

県政トピックスは日本共産党埼玉県議団のホームページをご覧下さい。

-このブログについて-
柳下議員が多忙のため代理の者が更新を行っております。このためコメント・トラックバック等には直接のお返事ができない場合がございます。ご了承ください。
最新コメント
アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索