inu

信じる力









信じたい。

欲しいものはそれほどないけど
そういう何かを強く信じる力が
もっともっと欲しい。

ここまで人生やお店を
ずっとやってこれたのも

自分が
必要とされていると信じてきたからだ。


くもの糸のカンダタではないが

登っていく途中で
いつかこの糸が切れるのではないかと
不安に思って疑ってしまう心が
おそらく不運を呼び込むだろう。


それはとてもとても怖い事で
考えれば考えるほど
眠ることさえできなくなる。

考えたらまけ。真っ逆さまに落ちるだけ。。。

考えずに

前に踏み出す。

まるで水の上に浮いている木の板を
沈む前に次の板へ移るように。



できるだけ下を見ないで
いつも勢いをつけて

足腰はだいぶん
衰えてきたとはいえ
まだ飛ぶ力は
残ってると
信じてる。


あれもこれも欲しいと言わないから

信じる力がもっともっと欲しい。





もうすぐ
新しい店舗の地鎮祭がある。

大きなことに
チャレンジする。


40歳まじかの初夏。

体力だけでは走れない。
知力では到底足りない。

お客様への愛だけはたくさん持ってる。
それをエネルギーとして
まだまだがんばりたい。





皆様の応援だけが
頼りです。
よろしくお願いします。
新店舗でリニューアルオープンは
来年の1月末くらいかな??



それまでは
寺島本町でずっと待ってます。




本日もよろしくお願いします!!


本日のバランスプレート

チキンのタツタ揚げ

チキンカツ


豚肉のオイスター炒め


から選べます。






















ハンドミキサーが壊れて

雨が降りそうですね。
本日もよろしくお願いします。
本日のバランスプレートは

チキンの竜田揚げ

豚肉の柚子胡椒煮込み

チキンカツ 和風ソース


タコライス
タコスサンド

から選べます。

ごはんも22穀米か白米から選べます。


本日ハンドミキサーっがあっけなく壊れてしまい
いつも立てているメレンゲやホイップなどが
すべて手作業となってしまいました。
すごくキツイです。

機械にどれだけ頼って仕事をしているかが
わかります。
やってられないくらい時間がかかります。
早く新しいミキサーが届きますように。



筋トレのつもりで明日もいっぱい
ホイップしようと思います。


モーターの空気口から
水分が入り、そのあと煙が発生して
そのまま壊れてしまった。

そんなに簡単に壊れますかね?

買って一年も経ってないのに。
7000円もするやつだったのに。



ミステリー

東野圭吾さんのミステリー作品をたくさん見かける。
小説やドラマ、映画。どの作品もよく練られて
へえーと驚くトリックが隠されている。
なぜ長編を短期間で
しかも数多くかけるのだろうか?

想像で創造する部分と経験や体験から着想する部分と
結果が先か、原因が先か?
パーツの集合なのか?
いつも時代設定がちゃんとしている。
本当にすごいな。イデアの泉。

その反面、事件原因や主人公の個性や性格や
アイデンティティ、イデオロギー
時代背景、環境、登場人物の境遇にいたるまで
もうすべて出尽くされて
どれを読んでもお決まりのどこかにいた人物や
事件となっていることは否めない。

トリックや謎は巧妙ではあるが
斬新過ぎるそんな手があったのか??そんな謎があったのか
という衝撃ではない。

時計の文字盤が4時5分でとまっている。

達磨の置物の目が右だけ真っ黒に塗られている。
そばの蛇口からは水が絶え間なく流れている。

開かないダイヤル式の箱が目の前にある。
数字は0~5まで振られている。

達磨の目を塗りつぶし
蛇口をとめて
ダイヤルを4、5でどちらかに回すと
箱が開くしかけだろうと予想する。

ダイレクトではないが大抵はそれにちかい。
もっともバタフライ効果的なトリックも数多くある。
自然現象をうまく使うこともある


でもなにがそんなに惹かれるのか?
そのトリックを見破る、もしくは犯人までの過程の楽しさのだけど
そこが一番の魅力だと思う。



昔の

シャーロックホームズシリーズのコナンドイルや怪盗21面相シリーズの江戸川乱歩

元祖のエドガー ア ランポーのアッシャー家の崩壊などの短編など

まだまだ、世の中にミステリーがそんなに多く発表されていない時代

読者は本当に
震えるほどの恐怖や驚き、衝撃があったのだろうな。

今ではクラッシックの味わいを楽しむ心へのアートだと思う。

ミステリーの創世記の作品はそんな根源的な面白さを持っている。
人生の重要な快楽のひとつだと思う。


ただ最近は小説や映画、ドラマだけでなく

スマフォやメールを使って物語が進んでいくことがある。
当然だといえば当然で仕方がない事なんだけど
なんだか急につまらなくなる。

後、アリバイ作りにスマフォをどう絡めるかとか
証拠隠匿にスマフォをどう処理するかなど

ミステリーの分野ではきっとこの
現代の発明品の対処に困っているのだとも思う。

スマフォだけではなく科学的進歩も
指紋やCTスキャン、DNA鑑定などなど
海外のミステリーはそれに特化したドラマで人気があるけれど
どうもあのサイバーチックなメカニカルな設定は
ぞくぞく感が半減してるような。

やっぱり探偵や主人公が頭脳明晰で
その知恵を使って
証拠を一個一個手探りで集め
ひとつの犯人へと導いていく。。
そんなミステリーがすきかもしれない。












YRG cafe

PROJECT of YRG cafe

徳島県徳島市にある
project of YRG cafe
を経営しております。
スケボーと音楽が心の支え。
日々、考え中。





記事検索
DIG ON ! 自分
Amazonライブリンク
Alga records
アングラボ / USTREAM






  • ライブドアブログ