2016年02月01日

人は何に愛を感じるのか。

対象の心、形容、性質…

何に愛情を感じるかは人それぞれ。

その形も人それぞれ。



※バレンタインイベントのネタバレあり。







ドラゴンクエストX ブログランキングへ



あぁ、愛おしい。

そのスラリと伸びる御御足。
image 
















 滑らかで綺麗な玉腕。
image 
















黄金比とはこういったことであると言わんばかりのプロポーション。
image 














私の心、身体、そして人生を捧げてもまだこの想いを貴方に伝えることは出来ないでしょう。

あぁ、グレイツェル様。
image
 













貴方が望むもの全て貴方の眼前に並べてみせます。

それが例え、
 
image















強大な悪が目の前に立ち塞がろうと、
image
 




 









私は貴方の為、例え貴方が私以外の誰かを見ていたとしても…
image 

















そう、例え私がその他の1人だとしても。
image













私の全ては貴方のものです。
グレイツェル様〜〜!!!あああああぁぁあああぁぁああ!!!!




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
 

2016年01月29日

パーマ当てたんですけどね。

家に帰ると生後半年の姪っ子がいたんですけどね。

ギャン泣きされました。

午前中スゴい遊んでキャッキャしてたんですけどね。

ツラい。







ドラゴンクエストX ブログランキングへ



ということで、バージョン2.4ですかね?クリアしてきましたー。


こんな場末のブログを読んでるような方はさすがに終わってるとは思いますが、まだだよって方はバンバン写真出すんでお気をつけて!












image
 












滝を望む 集落からドルバイクを飛ばし

image













魔幻宮殿へ。

 image













中へ入り、

image 













長い階段の先にボスがいるわけですね。


はい、ここまで進めてましたんで何のハプニングもなくストレートで行きました。

とりあえず写真出しといて尺稼ぐスタイル。



 いざボス戦。

迷わず弱いを選択!


自分魔法戦士でサポがいつものメンバーバトバト僧侶。

このメンバーだとどこでも行ける気がしますね。


image 













マデゴラーザ?マデラゴーザ?

 とにかく呪い撒きまくり。おはらい巻いて終わりました。

やばいな、戦闘サポ任せでサボりぐせがスゴい。 

これからジャンジャンストーリー進めて行きます。





ドラゴンクエストX ブログランキングへ 

2016年01月28日

どうも、私です。

基本は1時間ほどしかイン出来ない私。

1時間じゃあやりたいことも出来ないそんな世の中じゃポイズン状態。






ドラゴンクエストX ブログランキングへ


何しよっかなー、レベル上げも気分じゃないなーと討伐を終え、溜まった福引を引いていると、


image 



「なにしてるの?」


マイフレンドからフレチャ。

最近ツイッターをやめたフレンド。

私のしょうもない小ボケも拾って悪態ついてくれる数少ないやつだったのでやめたときは寂しかったです。


その友がレビュール街道北ではくあいのゆびわを狙っているとのこと。

暇なんだろうなー、寂しいんだろうなーと思い、

image
 












応援しに行くことにしました。

image 



「くるな」

黙って向かったのにすぐさまバレました。


しかしお構いなしに探していてもどこにもいません。

どこにいるのか尋ねると

image 



「左の方」

なんだかんだ結局教えてくれるんじゃない♡

image























ちいさなメダルがあるところでしょうか。

え、道なくない?

この時点で15分

 
とりあえず近くの穴と書かれてある場所へ向かいます。




image 













THE.穴


落ちてみると横穴発見。







image 













見つけました。

裸一貫で立ち向かうマイフレンド。

すぐさま応援。



image 



「帰れ」

間髪入れず厳しい一言。き、気持ちいい。



時間が来たので寝ました。

貴重なプレイ時間をマップを走り回って終わりました。





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
 
やっと、ブログこんな感じで書いてたなーって思い出してきました。