2017年01月21日

無意識の意識

昨日のブログで
デッキ用のサンダルを使い倒した
といった内容の記事をアップしました。

大切なモノ、好きなモノに囲まれて
暮らし楽しみたいと思っている人の中には

最初から使わないと思ったモノ、
例えば、頂き物や
一度使ったが自分には合わなかったモノは
未使用の状態、キレイな状態で
貰ってくれる人を積極的に探す人が多いです。

そんな

なるべく早く手放したい!!

という思い。

そんな思いを持つ一方で、
これは使える!、これは好きだと思うモノに対しては
とことん使い切る
これでもかと思うほど使い倒す

そんな

極限まで使いきるぞ!

という両極端な思いを持っている人が多いんです。

多分、これが節約志向のお宅なら
使わないかもしれないモノも
頑張ってなんとか使うこなそうと工夫したり
どうせ手放すなら
換金率の高い所に買い取ってもらう
そんなことを考えるでしょう。

もしも、これが常に完璧なスタイルを目指す人なら
自分のイメージ合わないモノは即排除
使っているモノも
見た目がみすぼらしくなってきたら
それが交換時期と早めに割り切り
さらに素晴らしいモノをリサーチするかも知れません。

そして、これが決定を先送りにしている人なら
使わないモノも何となくとってある
使っているモノもダメになったら
新しいモノを買うけれど
古いモノも「何かに使うかも?」と捨てない

いつの間にか、買い替えではなく

買い足し?!

になっている!!

どれが素晴らしとか、間違っているとかではなく
どれも無意識の選択が結果を生み出している

家に限らず、お金も、健康も、人間関係も
現在の状態は、因果応報
原因があるから結果がこうなる。

自分が体を壊した時に実感したことです(苦笑)

自分は何を無意識に選んでいるんでしょうね?
どんな結果が出したいんでしょうか?

ys_organizer at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月20日

使い倒して買い替える

我が家の2階デッキで使用しているサンダルは
もう8年以上前に無印良品で購入したモノ

普段は、デッキに出しっぱなしなので
雨にも負けず、風にも負けず
雪にも夏の暑さにもまけぬ・・・といった具合。

しかもデッキなので屋根が無いから
過酷なくらい直射日光も注いでいます(涙)

そんな状態だったので
半年くらい前から徐々にボロボロになってきて
とうとうこんな状態になってしまった!!

s-IMG_7265

そこで、ようやく買い替える事にしました。

新たに購入したのがこちら

s-IMG_7266

友達の所で見かけて
ソールの部分に
水がたまらない仕組みが気に入った!

こちらが説明書き

s-IMG_7268

デッキに置いた感じはこんな風

s-IMG_7271

色が明るすぎるのがちょっと残念。
ブリティッシュグリーンだと
ガーデニング用品とも相性が良いんだけどなぁ

重さも、無印に比べるとちょっと重い。

でも、これまでは強風の時に
あちこちに飛ばされていたから
その心配は減るかも知れません。

しばらくこれを愛用してみます。

無印のサンダルさん
長い間ありがとうございました。
感謝、感謝です。



ys_organizer at 13:07コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月18日

片づけは「楽しく、自分らしく生きる」最高のトレーニング

あなたにとって「片づけ」って何ですか?

と聞かれたら私は
「楽しく、自分らしい人生を過ごすための、
最高のトレーニングです」
と答えると思います。

部屋は自分自身の心の表れなので
部屋を片づけることで自分の現状を知ることが出来ます
( → 最高のカウンセリングです)

カオスの状態をスッキリした状態に変えていく過程は
気持ちもスッキリさせるので、気持ちの切り替えに役立ちます
( → 最高のヒーリングです)

片づけは、出しては戻し、戻しては出すの繰り返しなので、
継続する力や自己統制力が必要です。
( → 最高のメンタルトレーニングです)

自分にあった収納方法や出し入れしやすい工夫をする
それには発想力と応用力が大事です。
( → 最高の思考トレーニングです)

自分にとって何が必要か、何が必要ではないか
自分軸で物事を取捨選択するので、自分らしさが磨かれます
( → 最高の自己プロデュースです)

片づけや掃除は生活に欠かせない作業の1つ
毎日少しでも行動することが快適な生活につながります
( → 最高に手軽な運動の1つです)

ただし「片づけ」にこうした力があると
知っている人
無意識だが何となく行っている人
知らずに嫌々、仕方なく行っている人
様々な人がいます。

知っている人は
「片づけ」にとてもやりがいを感じますし
自分の人生、自分で舵を取って進んでいる
そう実感できるのではないでしょうか。

本来、こうしたトレーニングに
専門家をつけて行うとしたら
膨大な時間と費用がかかります。

しかも、トレーニングは
自分で行動しないと身につかない

どうせ自分で動くなら
手軽に今この時から出来る「片づけ」を使って
最高の自分を作り上げてみませんか?




ys_organizer at 09:24コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月12日

無理し過ぎない、ラクし過ぎない

新年早々、友人の訃報を受け取り
人生ってものを考えさせられています(涙)

s-55a1913ff4677858f25a5da97b5e6337_s

また、先日別の知り合いと会った時に

「両親が立て続けに亡くなって1年経つが
親の死を経験してから死生観が変わったのよねぇ。
以前はそんなこと思わなかったのに
最近は、生きる意味って何だろうって
思ってしまう事が多いのよ。」

と、言われてしまいました。

むかし禅宗のお坊さんに聞いた話ですが

自分はなんのために生きているんだろうか?
どう生きたいのか?
どんな人生を送りたいのか?

永遠に答えは出ないが
それでも、それを問い続けることが
とても重要なんだそうです。

松あけ早々こんな話で申し訳ありません。
でも、人生って本当に短いですね(涙)

私自身、悔いの少ない人生を送るためにも
残りの人生、穏やかでかつ自由に
楽しく過ごしたいと考えています。

その為にも、

無理し過ぎない、ラクし過ぎない

を意識してます。

(実践できな時も多いのですが・苦笑)

片づけを含め、家事を通して
「家」を快適にすることって
そんな人生を送るための
ベース作りなのではないでしょうか。

ys_organizer at 09:32コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月08日

自分の常識は世間の・・・

前回のブログにも書きましたが
今年は元旦から中学校の同級会があり
懐かしい顔ぶれに会ってきました。

田舎の公立中学で学んだ私

私立の中学と違い、
公立は様々なタイプの子がいるので
今考えると本当に面白かったです(笑)

中学時代、かなりやんちゃだった人達が
今では立派な事業主になり
奥さんや子供とも理想的な関係を築いていたり
会社でかなり重要なポストを任されていり

かと思えば、昔は絵に描いたような優等生の子が
色々と家族の事で悩み苦しんでいたり

女性の場合は、
子供の受験で不参加だったり
お子さんの体調不良で急遽欠席
はたまた、ご主人の転勤に伴い
海外にいるので不参加と
やはり家族の状況に影響される事も多く
社会の縮図を実感しました。

それにしても、様々なライフスタイルがあると
子育てネタや、嫁姑ネタ、はたまたビジネスネタなど
ビックリするような話題がいくつもありました。

そんな中、私は帰省をする際には
必ず主人と一緒に帰省しているのですが

s-6e85772caf942f4122adfd6f9018cac8_s

当然、今回も一緒に帰省。
ですから、1泊で催された同級会の最中も
主人は私の実家でお正月を満喫しているというと
周りはかなりビックリ!

私は、驚かれたことに驚いた(笑)

s-7d3c920a277445e34d88811a8f7a8ce1_s

私にとって当たり前のことが
どうやら世間ではちょっと違うらしい・・・・

よくよく話を聞くと
最近は、自分は自分の実家へ
ご主人はご主人の実家へ
それぞれ別々に帰省する人が多いらしい。

特に今回参加した人はその傾向が強いらしく
私は、かなり珍しい扱いを受けました(苦笑)

「夫婦別々に帰省する」
テレビなどでは耳にしていましたが
こんなにも身近に広がっているとは・・・・

友達の家の場合は、別々の方がお互いに快適
我が家の場合は、主人も私も一緒が快適
(念のため、主人にもちゃんと確認しましたよ。^^;;)

家族の数だけ価値観がある。
「へぇー!面白いなあ」と思った出来事でした(^^)

s-4081595390686eeecec1d863b5a161d0_s


ys_organizer at 07:59コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
TOMO(吉島 智美)
東京・川崎・横浜エリアにて活躍中の
ホーム・オーガナイザー(収納アドバイザー)、 2級建築士。
(有)ワイズスタジオ建築設計事務所
取締役 1969年生。

とにかく整理整頓が大好き。収納によって毎日が楽しく、使いやすく暮らせるお手伝いをしています。新たに収納家具を買うのではなく、今あるものでシンプルライフを実現してみませんか?
興味ある方は、下のHPにアクセスし、お問い合わせください。
私は、アメリカの片づけのプロ、
プロフェッショナル・オーガナイザーに影響を
受けました。彼らは見た目の良さや
モノを減らすことより、持続的に
長く続けられる「片づけの仕組み」
づくりに重きを置いた片づけ法を
提案しています。
片づけと同時進行で
思考の整理や気持ちの整理が
進むため、片づけるほどに身も
心もすっきりしていくのが
特徴です。

私は、アメリカの人やモノに
フォーカスした見方と、日本人の
きっちりさせたい!見た目にも
美しく整った環境で生活したい!
という価値観の双方を取り入れた、
日本ならではの片づけ法を提案
する、ホームオーガナイザー
として活動しています。
著作のご案内





片づけの女神

著書:「片づけの女神 
部屋も心も未来もキラめく」(すばる舎)






サッとしまえる・パッと取り出せる スッキリ!整理生活


著書:「サッとしまえる・パッと取り出せる 
スッキリ!整理生活」(青春出版社)
Archives
  • ライブドアブログ