2014年02月

2014年02月28日

週に1回のまとめ買いで・・・

普段から、かなりお家大好きのインドア人間ですが、
花粉症の症状が出始めたので
ますます、外出が少なくなってきました

こうなってくると、食料や日用品のストックは
計画的に買うようにしないと大変です

かといって、家の中がストック品であふれると
モノが増えて、掃除が大変になる
掃除が大変になると、花粉対策がもっと面倒になる

過去の経験から、悪循環になることはあきらかです。

なので、この時期になると
フルタイムで働いている友人を見習い
一週間の献立をしっかりたてて
買出しも週に1回、まとめ買いをしています

週に1回の買出しだと
無駄な物も買わないので、
エンゲル係数が低くなるのは気のせいでしょうか。

普段、どれだけ思いついたままに買い物しているかが
こうした時にハッキリしますね。

また、まとめ買いしたからといって
「たくさんある!」と勘違いして
食欲にまかせて、手当たり次第食べてしまうと
週の後半に食材が足りなくなるなんてこともあるので
食べる方も、無意識に計画的になります

この時期、家にずっといるわりに太らないのは
こちらも、むやみに消費しないから?

日頃どれだけ本能のままに生活しているかが
よくわかります



ys_organizer at 06:15コメント(0)トラックバック(0)シンプルライフ 

2014年02月27日

我が家の花粉対策

1週間ほど前から、しっかりと(?)
花粉症の症状が出始めました

寝ているときに鼻がつまるのか
朝起きると、口がカラカラ、喉がイガイガです。
きっと口で呼吸をしているのでしょうね。

目も疲れやすく、ゴロゴロするので
肩こりや、頭痛といった症状が出る時もあります

こうなってくると、集中力にもかけるし、やる気も起きない。
これも一種の季節ウツ???
などと、自分勝手にあれこれ言い訳しながら
できるだけ家でグダグダと過ごしています

とにかく、何もやる気にならないのですが
花粉対策だけは、講じておかないと
しばらくは大変です。

まず、玄関にコンパクトな空気清浄器を出して
外から入ってくる花粉に対応
人によっては
「この程度ので効果あるの?」
と言われますが、何事も気持ちが大事

空気清浄器1

洗濯物もできるだけ室内干し、
外から帰ってきたときも
衣類についた花粉を
玄関先で必ず落とすようにしています。

ブラシ3

掃除がしやすいように
できるだけ細々としたモノは飾らず
気づいたときにセッセッと埃をとっています。

はたき関連

一年で一番こまめに掃除をする時期かも

ys_organizer at 07:55コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月25日

H.I.Sの「出世払い」

先日、片づけ作業で伺ったお客様宅で
お子さんが3月に卒業旅行に行くという話を聞きました。

行き先は海外

「いいですね

と詳しく話を聞いてみると
なんと、旅行費用は「出世払い」ということ

「ああ、なるほどね。私も親にお願いして・・・」

と思ったら、いえいえ違うんですね

旅行会社が「出世払い」と称して
最長、7か月後に
旅行代金を回収する仕組みらしいです。

要は、仕事をし始めたら
そこから代金を支払うというもの、
まあ、カード払いというか
ボーナス払いというか、
そうしたローンの一種のようです

それにしても、ネーミングが良いですよね。
「出世払い」ですよ。
H.I.Sのセンスの良さを感じました



ys_organizer at 08:24コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月23日

しかし、これがやっぱりリアルな私

先日、新刊

『「きれい」が続く 片づけアイディア&テクニック』

を、日本文芸社さんから出させて頂きました。

その本に対するレビューが
早速、アマゾンのったのですが・・・

これが、またなんとも厳しいコメント
さすがに、しばらく凹みました

今回の本では、お恥ずかしながら
自宅を格好つけることも無く、包み隠さず、
正直に暴露いたしましたが、それに対して

「ここまでヒドい実例は初めて見ました。」

というコメントでした

はあ〜、本当に申し訳ありません

確かに、片づけのプロの自宅というと
サロンのようにステキだったり
アルフレックスなどの高級家具が並んでいる
または、全体が北欧調だとか
全て無印のグッズでそろえているなど
統一感があるケースが多い。

それ以外にも、本当に最低限のモノしか置いていない
スッキリ収納で、
まるで、贅肉の無いスーパーモデルの体型を
思わせるような部屋のどちらかかもしれません

それに比べると、
我が家は、物は多いし、
収納も統一感が無いし、
挙句の果てに、私の優先順位と
主人の優先順位がまるで違っていますから
お互いに譲れるところは譲って
譲歩し合いながらのモノの配置です

きっと、厳しいコメントを下さった方は
同じようにお片づけのプロの方か、
もしくは、うちよりもずっとステキなお家に
お住いの方なんだと思います

なので、この程度のレベルの人間が本だしている事が
ショックで仕方なかったのでしょうね。

本当にごめんなさい

ただし、実際に私の所へ片づけの相談に来るお客様は、
みなさん、非常にステキなお家と比べて

「うちは、やっぱり駄目です

と落ち込んでいる人が結構いるんです。

そんな風に他人と比べて落ち込む必要はないですよ!
自分は自分なりに使いやすく工夫したり
家族と折り合いながら生活しようよ!!

そういうメッセージを伝えるような
お片づけのプロを私は目指しているので
大変申し訳ないですが
やっぱり我が家はこれがリアルな姿なんですよね。

そして、私達夫婦にとっては、
何と言われようとも、最高の家だと思っています

もちろん、頂いたコメントは
真摯に受け止め
反省すべきは反省します。

しかし、これが今の自分の等身大

今後は、自分なりに頑張らせて頂きますが
今の自分もやっぱり好きです。

そして、当たり前の事ですが
今回のコメントを読んで

万人に受け入れられるというのは、やはり不可能だよね。

と改めて思いました。

そのことを肝に銘じて
謙虚に日々精進したいと思った私です。

最後に、今回のレビューをみて
感想や励ましのコメントやメールをくださった
友達やお客様に
この場を借りて、ありがとうをお伝えしたいです。

ああ、私って本当に恵まれていますね。
ありがたい、ありがたい

最後に、どんなにひどい実例なのか気になる人は
ぜひとも、アマゾンで
「ショッピングカートに入れる」をポチッと押してください。

もれなく、笑える自宅公開本がお手元に届きますよ

ys_organizer at 17:25コメント(2)トラックバック(0) 

2014年02月22日

家事のアウトソーシング

今日は、片づけ作業が午後からなので
午前中は、マイペースで
たまった家事をこなしています

私は自営業で比較的
時間の使い方に波がありますが
普段、フルタイムで働いている主婦の方は
休日に家事をまとめて行うという人
結構いらっしゃいますよね。

家事が好きなら、
週末の作業もいやではないでしょうが
私の周りをみていると
どうやら、そうでは無い人が結構いるようです。

家事の中でも
料理は好きだが、掃除は嫌とか
掃除は嫌じゃないけど、洗濯、アイロンがけが面倒とか
得手不得手があるようですね

友人の一人は

「(家事に比べると)仕事の方がずっと楽よ。
お給料ももらえるし、やりがいもあるわ

といっていました。

主婦だからといって、
誰もが家事が好きなわけでは無いんですよね

私の片づけサービスを利用する人の中にも
そうした理由から
片づけに関する部分をアウトソーシングする人が
結構いらっしゃいます。

最近は、片づけに限らず、他の家事、
例えば、定期的に掃除をお願いする
週に何度か料理を作ってもらう
または、半調理のメニューを毎日届けてもらう
クリーニングだって、家事のアウトソーシングです

そうしたサービスをうまく
日常生活に取り入れることで
毎日元気に仕事にも出かけられ
家族にも笑顔で、余裕をもってすごせる
そんな賢い主婦が増えているようですね。



ys_organizer at 09:37コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月20日

我が家の非常食(2)

「非常食は、日常的に使っている物をちょっと多めに」
そう意識してからは
特別な食材は買わないようにしています。

置き場所も管理しやすいよう
開封済みの食材や、使用頻度の高い食材はキッチンに
それ以外で、アウトドアや、たまに食べたくなる食材
または置き場所をとる水や米のストックは
別の階に保管しています

ストック品7

水やお酒は、夏でも涼しい地階に保管しています。
地階といっても、傾斜地で庭から運び込めるので便利です。

備蓄米の収納

ストック用のお米は、湿気や暑さを嫌うので
地階や2階のキッチンを避け、1階玄関脇に保管しています。

ちなみに、我が家で
日常的に用意しているモノは

・ミネラルウォーター
   (アウトドア、来客時等など)
・パスタ+パスタソース
   (主人の好物)
・うどん
   (私の好物)
・レトルトカレー+缶詰めのカレー
   (アウトドアはもちろん、お弁当のおかずを作る時間が無い時にも)
・タンパク質系の缶詰め:ツナ、焼き鳥、さんまのかば焼き等
   (アウトドアはもちろん、サラダやおつまに)
・野菜系の缶詰め:コーン、マッシュルーム、トマトの水煮等
   (普通に料理で使用)
・スープ缶
   (一品足りない時に便利)
・米
   (本当に普段の備蓄米)
・アルファ米の混ぜご飯
   (アウトドアで使用)
・お茶漬け
   (飲んだ後の一品?)
・真空パックのお餅+海苔+小豆缶
   (磯辺焼きやお汁粉、冬場に食べたくなる)
・シリアル+調整豆乳
   (食欲の無い朝に)
   私が購入している豆乳は、冷暗所で保管できるタイプ
   必ずしも冷蔵庫に入れないといけないわないので便利です
・ホットケーキミックス
   (休日のブランチに時々登場)
   災害時は卵、牛乳が無くても豆乳や野菜ジュースを加えると
   蒸しパンが作れるのであると便利かなぁ
・ビスケット
   (不本意だか、旦那のおつまみに利用されてしまう)
・のど飴
   (冬場や花粉症の時期に活躍)
・瓶詰めフルーツ
   (いわゆるコンポート、時々朝食にヨーグルトと一緒に登場)
 

ストック品4

非常食
  

これ以外には、基本の調味料と
ひじきやワカメ、お麩、干し野菜などの乾物
昆布、鰹節、コンソメなどがちょっと多めにあれば
全く問題ない気がします。

というよりも、こうして書き出すと
かなり持っているなあ

正直持ち過ぎ

すみません、どうやら
まだまだシンプルではありませんでした


ys_organizer at 05:59コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月19日

我が家の非常食(1)

先日、JAPOの卒業生に

「先生のお宅では非常食はどうしているんですか?」

という質問を受けました。

我が家の非常食は
昔から、いたってシンプルです!
と強気でいいたいところですが、
正確には、約1年ほど前から
徐々にシンプルになってきました

ストック品1

というのも・・・
以前は、非常食の定番(?)
カップ麺や普段は食べたことの無いような種類の
缶詰め、レトルト食品、フリーズドライ食品等々
とりあえず、スーパーに山積みされている商品を
適当に買っていました

そんな状態だったので
賞味期限が近づき、食べてみて
「まずい 
なんて事がよくあったんです

また、非常食として買うまで知らなかったのですが
カップ麺や、インスタントラーメンって
結構、賞味期限が短いんですね。

気付くと、もう切れていることもしばしばでした。

そんな話を、仲の良い友達何人かに話すと

「私は、日常のストックを多めに持つ
ローリングストックという方法で対応している」

とか

「キャンプ時に使っている食材が普段からあれば、
非常時にも、レジャーにも使えるじゃない」

などなど、ごもっともな意見を頂きました

そして、なによりも一番心に響いた一言が

「災害時は精神的にもダメージを受けているじゃない。
そんな時、唯一の楽しみの食事が、
食べなれていないモノだったり、栄養のバランスが悪いモノだと
体も、心も不健康になりそうな気がする

といわれて思わず納得。

それ以来、普段の生活や、
趣味のアウトドアで食べなれた食材を
多めにストックするようにしてきました。

ストック品2

そして、実際にストックしているモノはといえば・・・

(明日に続く)




ys_organizer at 06:34コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月18日

アルフィーの魔法瓶

先日、私のブログで
家でホッコリするアイテムを紹介しました。
(その時のブログが、こちら

その際、写真に写っていた
保温ポット、いわゆる魔法瓶をみたお客様から

「あれ、いいですねぇ。どちらの?」

と聞かれました

アルフィーのポット1

アルフィーのポット2

この魔法瓶はドイツの
真空保温ポットのトップブランド“アルフィー”のもの

アルフィーのポットは、ヨーロッパなどでは
一流ホテル御用達といわれています。
EU諸国の国際会議でも使われているとのこと。
洗練されたボディーと実用性が売りなんですって。

ちなみに、
"Alminiumwarenfabrik Fischbach(アルミニウム品製造所、フィッシュバッハ)"
の頭文字を取って“alfi(アルフィー)”と名付けられたそうです。

様々なデザインのモノがあるのですが
私は、 「オパール」と言われるこのデザインの
ステンレスボディー、1リットルサイズが
大きさ、デザイン共に気にっています。

最近は、エコの面からも魔法瓶が見直されているので
ホームセンターなどでは
リーズナブルで、シンプルな商品が多く出回っています。

それに比べると、我が家の魔法瓶は
少々高めかもしれません

しかし、さすがドイツ製
パーツの一部が壊れても
その部分だけ取り寄せや、修理に対応してくれます。

同じ物を長く使いたい私にとっては
嬉しいアフターサービスです

ちょっと前は、日本でもそうしたサービスが
主流だったんですけどね。
今は、買った方が安かったり
そもそも、そうしたサービス自体が無くなりつつあります。

職人気質のお国柄としては
なんだか寂しいきがしますね



ys_organizer at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月17日

JAPO6期生、無事終了!!

昨日は、私が理事を務めています
日本プロフェッショナル・オーガナイザー協会が主催する
「お片づけのプロ」養成コースの6期生最後のセミナーでした。

今回も、参加者全員が
最後にとても素敵な笑顔で卒業していったことに
心の底から感無量な気持ちでした

最初は、ドキドキだった
プレゼンテーションも
最後には、みなさんとても堂々としていて
本当に頼もしかったです。

この5か月間、何度も、何度も、
自信を失いかけた人もいたと思います。
めんどくさくなった人もいたかも知れません。

しかし、それ以上に得るものも大きかったのではないでしょうか。

もちろん、プロとして大変なのはこれからです

でも、一緒に苦楽を共にした仲間がいます。
ちょっと先を進んでいて、
なんでも相談できる先輩もたくさんいます。

講師自身も、5か月間、がっつり一人、一人に寄り添い
その人の良さを引き出そうと頑張ってきました。
なので、卒業してもそう簡単に忘れられません

本当に、永くお付き合いできる環境がここでは得られるんです。

その安心感も忘れずに、卒業生には
講師を追い越していくくらい頑張って欲しいです

本当に嬉しい、嬉しい一日でした。

**********************************

早速ですが、
「お片づけのプロ養成コース」第7期生の募集を行います。
こちらのコースは、1か月に1回ペース
5回のセミナーを受けて頂いて終了となります。

7期の日程は

1回目:6月8日(日)10時〜17時
2回目:7月6日(日)10時〜17時
3回目:8月3日(日)10時〜17時
4回目:9月7日(日)10時〜17時
5回目:10月5日(日)10時〜17時

です。

興味のある方は、こちらをご覧ください。

ちなみに、4月20日(日) 5月11日(日)に
こちらのコースの体験セミナーを企画しております。

こちらも追ってご案内いたします。

**********************************

ys_organizer at 13:38コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月14日

やっぱり、頑張っている人が好き

昨日は、某雑誌取材のため
夕方から都内にいってまいりました。

今回のコーナーでは、対象者が、
フルタイムで働いている方々だったので
どうしても仕事が終わる夕方からの撮影でした。

どのような人が来るのかなあと思っていたら
実に、堅実で考え方がしっかりしている人ばかり

片づけのアドバイスをしていても
目的意識がしっかりしているので
とても真剣にきいてくださいます。

持ち物を拝見していても、節約意識が高く
アドバイスをしているはずの私の方が
ずっと考えさせられることが多かった

実は、ちょっと前に、
いかにもセレブといった方の
お片づけをサポートしたのですが
あまりに、自分のライフスタイルと違っていたので
少々切ない気持ちになっていた私だったのです

でも今回の取材で、
自分の人生、自分でしっかりと舵を取りながら
前向きに頑張っている人達にお会いして

「やっぱり、こうだよね

と、勝手に元気をもらいました

どうやら私は、
自分なりに頑張っている人が
めちゃくちゃ好きらしいです

これからも、そんな人たちを応援できたら嬉しいですね。

ys_organizer at 06:14コメント(2)トラックバック(0) 
プロフィール
TOMO(吉島 智美)
東京・川崎・横浜エリアにて活躍中の
ホーム・オーガナイザー(収納アドバイザー)、 2級建築士。
(有)ワイズスタジオ建築設計事務所
取締役 1969年生。

とにかく整理整頓が大好き。収納によって毎日が楽しく、使いやすく暮らせるお手伝いをしています。新たに収納家具を買うのではなく、今あるものでシンプルライフを実現してみませんか?
興味ある方は、下のHPにアクセスし、お問い合わせください。
私は、アメリカの片づけのプロ、
プロフェッショナル・オーガナイザーに影響を
受けました。彼らは見た目の良さや
モノを減らすことより、持続的に
長く続けられる「片づけの仕組み」
づくりに重きを置いた片づけ法を
提案しています。
片づけと同時進行で
思考の整理や気持ちの整理が
進むため、片づけるほどに身も
心もすっきりしていくのが
特徴です。

私は、アメリカの人やモノに
フォーカスした見方と、日本人の
きっちりさせたい!見た目にも
美しく整った環境で生活したい!
という価値観の双方を取り入れた、
日本ならではの片づけ法を提案
する、ホームオーガナイザー
として活動しています。
著作のご案内





片づけの女神

著書:「片づけの女神 
部屋も心も未来もキラめく」(すばる舎)






サッとしまえる・パッと取り出せる スッキリ!整理生活


著書:「サッとしまえる・パッと取り出せる 
スッキリ!整理生活」(青春出版社)
Archives
  • ライブドアブログ