以前にも書いたことですが東京都が「青少年健全育成条例」の改正を議会で可決し、いよいよ施行されることとなりました。ところがこの条例は明らかにマンガ・アニメといったメディアコンテンツが狙い打ちのような形となっているようです。
東京都知事である石原氏を中心にこれらメディアに対する様々な規制がかけられることとなりました。

当初、僕などは少年・少女に見せてはいけないマンガやアニメに購読・視聴制限を設けることは正しい判断であると捉えていたのですが、どうも都知事以下賛成派の思惑はそのような次元にあるのではないことが少しずつ分かってきたのです。

彼らが目指すものは「サブ・カルチャー」そのものへの私怨にも似たようなものなのではないかということなのです。販売規制として18歳未満に好ましくない性的描写表現作品の区別や隔離までは僕にも理解できることなのですが、彼らの本心はその先にあるようなのです。
つまりは、表現の自由や言論の自由までも規制(もしくは統制)しようというハラなのです。

その理由として同じようなメディアコンテンツとしての小説や実写映画などは話題にすら上っていません。………誠に奇妙なことではないですか!。
しかも規制対象への明確な基準がある訳ではないようで、その時々の精査側の主観が規制判断の基準となっているようなのです。

「なんたる、アバウト!!」

石原都知事は忘れておいでのようですが、あなた自身が小説「太陽の季節」で描かれたことが当時の社会に対してどれほど衝撃的性描写であったことか………。
また映画化に際しても物議をかもし、それはやがて日本の若者文化を根底から変えることとなりましたよね。……逆説的ではありますが、当時の大人たちはどう思ったことでしょうねぇ~~~。

先にも述べましたが、確かに少年誌という看板を上げながらとんでもないマンガを掲載している出版社
があることは確かです。
だから行き過ぎた、そして醜悪極まりないこれらのマンガに対しては作者も編集者もそしてし出版元も
社会に対し一定のその責任を負わなければならないと思います。しかしこの条例改正には明確で論理的な枠組みが存在していません。賛同者の思想であったり哲学であったりしたものを基本に主観と偏見でしか成立していない存在なのです。

石原都知事!、あなたは戦前・戦中の思想や教育に盲信している一種の狂信者なのではありませんか?
僕だって教師の端くれだったので少しは理解できますが、あなたのしていることは軍国主義時代の日本が行ってきた軍の検閲にも等しいものですよ。

権力者は年齢が上がるに伴い知的水準や衰退していくことを歴史が証明しています(一部、例外もありますが……)。まさに今のあなた!石原都知事!!あなたがそうなのですよ!!!
歴史の逆行とも思えるこの条例改正に対し今一度、精査すべきではないでしょうか!?。