2017年10月14日


最近のお母さん方、子どもの顔をよく見ていますか?


子どもの顔より、スマホを見ている方が多いという方いませんか?



私の好きな詩人 まどみちお の詩

「つけもののおもし」があります。


ちょっと書いてみますね。


  つけものの おもしは
  あれは なに してるんだ

  あそんでいるようで
  はたらいているようで

  おこっているようで
  わらっているようで

  すわっているようで
  ねころんでいるようで

  ねぼけているようで
  りきんでいるようで

  こっちむきのようで
  あっちむきのようで

  おじいのようで
  おばあのようで

  つけものの おもしは
  あれは なんだ


いかがですか?



最近は綺麗な市販された重しがありますが、

昔は、大きな樽に付けられた漬け物の重しは

重い石が使われていました。

その形、大きさも様々でした。


まどみちおが見たのは、そんな漬け物の石だったと思います。


そんな、何でもなさそうな漬け物の石でも、

見ていると、いろいろな表情が浮かんできたのですね。


そこで、漬け物の石ではなく、

あなたの子どもさんの表情を見てみましょう。

きっと、いろいろなことが思い描けるのではないでしょうか。

楽しさ、親しみ、いとおしさ・・・・等々


その中に、

今まであなたが気づかなかった

子どもの中に宿る何かを発見すると思いますよ!!







ドクターパパyshmraibu at 11:47│
まずポチして!!ごゆっくりどうぞ!!
最新記事