ブログネタ
資格をとろう!! に参加中!
暗記力アップ 速読法
資格試験吉岡01

勉強が嫌で机に向かうまでに時間がかかり、いざ勉強を始めると途端に眠くなっていた私でも、 今では机に向かうのが楽しくなり、試験本番を自信満々で迎えられた方法がこちら



ドクターブレインの速読法を実践してみると、

あなたも↓のような結果を手に入れることはそれほど難しいことではないと思います。

images (4)


■試験の期日が真近に迫っていても、心配することがなくなる

■試験に合格できる自信が増していく

■時間が経っても記憶力が維持されている

■勉強の本当の楽しさを味わうことができる

■速読のために難しいトレーニングをする必要がなくなる



私は数年前に上司からの業務命令で宅建取得を命じられました。


不動産関係の会社に転職したばかりで、「ここで評価を下げられるのは先行き不安。。」

ということで、毎晩遅くまで仕事をした後、宅建の勉強をコツコツと続けていたのですが、

疲れて眠いのもあり、ほとんど勉強が進まず、1度目の試験は不合格。。


同僚からは「2回目が本番だよ。」と声をかけてもらっていましたが、全く受かる気がしませんでした。


だって、当時の私と言えば、

aimages (5)


■元々活字が苦手なので、一向にページが進まない

■なかなかやる気が出ずに時間ばかりがどんどんなくなっていく

■今までまともに勉強をしたことがない

■やらなきゃいけないとは思いつつ勉強する気になれない

■試験日が近くなっても、勉強がはかどらず焦るばかり


こんな感じでしたから^^;


資格試験吉岡03


そんな私を救ってくれたのが吉岡節夫さんのドクターブレインという速読法で、

この内容は一体どうなっているのかというと、具体的なことはこちらに解説がありますので、

私なりに内容を整理してポイントを上げていくと、

資格試験吉岡10


■乱数を使ったプログラムで、脳のウォーミングアップ

■脳が迷わずに素早く処理できるように文章をグループ分けする方法

■がむしゃらに突き進む前に、知っておくべきこと

■商法処理能力が飛躍的にアップする人間の持つある本能を刺激する高速音声の使い方

■絶好のタイミングに会話や文章を通して、他者に伝えることができる方法


こうした内容となっています。


吉岡さんはドクターブレインのやり方でこれまでに6000人以上の人たちの理解力を引き上げてきた実績を持っている人で、

BRLM高速学習アカデミー学院長を務めるなど、教材も多数出している人です。(後から知りましたが)
吉岡さんの詳しいプロフィール情報や実績などはこちら
資格試験吉岡02



吉岡さんが言うには、従来の速読法は、文章を速く読めるようになるとはいえ、

それが数か月まで記憶として残っているかと言うと、ほとんどの人は忘れてしまうんだそうです。


その理由が、文章をインプットする右脳ばかりを鍛えて、情報を処理する左脳が働いていないため、

記憶として定着する前に、インプットした情報が頭からどんどん消えていってしまうから、何だそうです。


ドクターブレインでは、右脳とともに左脳も同時に活性化させることで、

速く読めるようになるのと同時に、読んだ内容がどんどん頭に入ってくるのが実感できます。

資格試験吉岡07



やることはそれほど難しいことはなく、実践するだけなら小学生でもできると思います。


ただ、実際に理解して覚えたいことが少々難易度が高いものであれば、少なくとも高校生くらいじゃないと、

本当の意味でドクターブレインを活用はできないとは思いますが^^;


吉岡さんのホームページには、数多くの実践者から体験談やコメントが寄せられていますので、

そちらも参考にしてみると良いと思います。

資格試験吉岡09


TOEICの参考書が、スラスラ読めて、内容がしっかり頭に入っていく

文字(活字)を見やすくなった

吸収した情報・知識を自在にアウトプットする能力が身につく

覚えたはずの内容が翌日になって頭からすっぽり抜けおちて不安と焦りにかられることがなくなる




あなたも、やってもやっても進まない勉強の仕方は今日で終わりにして、

難しかった参考書もすらすらと読み進められるようになりませんか?


資格試験吉岡13


1ヶ月かかった参考書でも2,3日で完全に理解して覚えられるほどの
理解力と記憶力が身につく速読法を試してみるにはこちら










TOEIC

TOEIC高得点コツ
川村大地恋愛
尾関紀輝