こないだ生ゴミ処理機が壊れました。
生ゴミは水分を含んで重いし臭うしで大変でしたが、生ゴミ処理機くん登場のおかげでずいぶん助かっていたんですがねー。

その日はいつものように生ゴミ処理機に生ゴミを投入したものの、これはちょっと入れ過ぎかな・・・と思いつつ、まあウチの生ゴミ処理機なら大丈夫だろうと無意味な自信でスイッチオン!しかし、しばらくするとピッタリ止まって動いていない。おかしいなと思いつつスイッチを押してみるものの、全く反応がありません。やっちまった・・・

保証書を確認したが、ちょうど保証期間の一年をちょっと過ぎてしまっていました。うーんグッドタイミング。保障が効かないなら修理代が心配・・・


仕方ないので某パナソニックの修理センターに電話すると、サービスマンがやって来てくれることに。とりあえず修理をお任せして待っていたのですが、終わって見てみると主要部品はそっくり交換され、半分は新品になっていました。カートに例えるとフレームの骨が新品、パソコンで例えるとディスプレイだけ新品、って感じですかね。

うーむ、勝手に大半を新品にしやがって、これは修理代はいくらになるなるんだー、と目まいがしそうになりましたが「修理代は結構ですよ」と修理のおじさん。おお、さすがパナソニック!さすが松下幸之助!なんでも一年ちょっとだしよくある不具合なので良いんだとか。喜びと同時に、生ゴミ入れ過ぎたこと黙ってたんでちょっとした罪悪感。

現在は元通り快調に生ゴミ処理中。これからは家電を買う時はパナソニック製にします