2006年02月13日

ブログ投稿自粛します

2月9日(木)の記事におきまして読者の方特に飼い主さんやその関係者の方々の気分を害する表現がありました。

我が家のイタグレ梅☆の日常とワンコについて思う事を気ままに書いてきましたが
配慮に欠ける投稿を掲載することになり大変反省しております。

このまま無責任に投稿を続けて行くのは大変心苦しくおもい、しばらくの間ブログの投稿を控えさせていただくことにいたしました。

いつも見に来ていただいている皆さんにも大変申し訳なく感じております。

今回の事を十分に反省し整理がつきましたら再開しようと思います。
その際はまた気軽にこのブログにお越し下さい。
  

Posted by yss_tresbien at 20:58Comments(0)TrackBack(0)clip!

2006年02月12日

オリンピック開幕

トリノオリンピック開幕。
開会式ライブで見ました。
お陰で寝不足の為昨日は散歩さぼって家でゴロゴロ。

昨日の分を取り戻すべくいざ散歩へ出発。

それにしても風の強い事。
天気はいいのに風のせいで寒さがこたえます。
風が吹き抜ける河原を避けて街中を通るコースを歩きます。

梅2-12-02街中でも風が吹き抜けます。
交差点などでは風が舞っていてまるで亀のように
手足を縮こまらせる梅☆。
風の当たらない外壁や塀沿いを歩いております。

一刻も早く家に帰りたい梅☆はいつもよりまして早歩き。
私はそれに付き合うように早歩きから小走りになり
ほぼジョギング状態。しんどいよ!

かれこれ1時間が過ぎそろそろ家の方に引き返すコースへ。
梅2-12-01日も傾き少し風も収まったので河原沿いへ
夕日がきれいなので夕日バックの梅☆を撮影。
一目散に家に帰りました。






本日6時からのオリンピックスノーボードハーフパイプ競技のTV観戦の為
早めに散歩でましたがジョギングのような散歩のため疲労困憊。
こたつで居眠りになってしまい日本選手の演技を身損ねました。
どうやら日本選手全員予選落ち。
ちゃんと応援してあげたかった。  
Posted by yss_tresbien at 23:40Comments(11)TrackBack(0)clip!

2006年02月09日

2/9(木)の投稿について

2/9(木)の投稿につきまして誤解をうけるおそれのある記事が一部あったため
全文を削除させていただきました。
コメント等でご指摘いただきました方、さらに関係各位の皆様に深くお詫び申し上げます。

  
Posted by yss_tresbien at 14:13Comments(4)TrackBack(0)clip!

2006年02月07日

梅☆と会話する

梅2-7-01
風呂上がりリビングにて梅☆と妻が戯れております。
なんとも楽しそう。
梅☆目を輝かせております。







妻は梅☆のしつけ係で基本的なコマンドはすべて妻がしつけた。
さらに遊び相手もうまくて二人で会話しながら遊びます。




梅☆は私が話しかけてもしゃべってくれません。
棒ガムを鼻先に持って行ってもいい子でおすわりして待ってます。

いい子にしてないで飛びかかってこいよ〜!  
Posted by yss_tresbien at 22:41Comments(4)TrackBack(0)clip!

2006年02月06日

サルーキー5

イラスト犬種図鑑 第六回は「サルーキー」です。

サルーキー01
サルーキーの原産地はエジプト。
中央アジアから北アフリカにかけて狩猟犬として活躍し
古代から現在にいたるまでその容姿はほぼオリジナルのまま。

サイトハウンドらしくスレンダーで流れるようなボディと、
長くのびた耳の飾り毛が美しい。

ボルゾイのようにゴージャスではないけれど
優雅でスポーティーなイメージが私を強く惹き付けました。


私がこのサルーキーを知ったのはイタグレを知ったのとほぼ同じ時期。
イタグレを飼うかサルーキを飼うかで悩んでいました。
で、調べてみると…
サルーキーは毎日の運動に2時間、自転車による引き運動と自由運動が必要らしい。
さらに大型犬ということでしつけには気をつけなければならない。

およそワンコオーナーとしてはほぼ初心者の私では飼いならすことは困難であると判断。
小型で比較的世話がかからないイタグレを飼う事に決めたわけです。
もちろん現在では梅☆のおかげで楽しいドッグライフを送っていますが
サルーキーを飼う事は現在私の夢のひとつになってます。

さて、先日のフリスビードッグの大会で紹介したサルーキー「「ぴっぴちゃん」。
ピッピ記事
この子の存在を知ったのは「愛犬の友」という雑誌でした。

転倒事故により歩行困難となったぴっぴちゃんはアメリカ製のカートによる補助でレトリーブもなんなくこなすほど回復しています。
しかし記事を読む限りその介護は大変なものでした。



  続きを読む
Posted by yss_tresbien at 13:34Comments(6)TrackBack(0)clip!

2006年02月04日

寒くて、寒くて

梅2-4-01昨日といい今日といいなんだかずいぶん冷え込んでまして
こんな日の散歩は私も梅☆もこたえます。

梅☆は歩きながら何度も振り返り「帰ろうよ」とアピール。
しかし散歩は梅☆の体力維持とともに私の運動不足解消に必要な日課。
ということでウォーキングよろしくどんどん歩きます。






去年の夏以降グラウンドでの自由運動中心のスタイルから長距離を歩く散歩に変えた。
サイトハウンドの飼育では自由運動も重要視されているらしい。
ワンコが自らの意思で自由に行動し走り回ることで得る満足度は
リードで引っ張られる散歩より精神的にいいということなのだろう。
なるべくなら自由運動もさせてあげたいがボール遊びとかに付き合うと
人間のほうは3分ももたないんだよね。
遊び相手がいっしょに走ってくれるのが理想だが、なかなか都合のいい相手もいない。
それに私自身の運動不足解消と体力維持には長時間のウォーキングが手っ取り早い。

昨日も今日もたっぷり2時間程歩きました。
これで私の生活習慣病予防は理想的なかたちで進んでおります。  
Posted by yss_tresbien at 19:33Comments(4)TrackBack(0)clip!

2006年02月02日

近所の猫達

散歩に出かけると近所にたくさんの猫がいることに気が付く。

我が家があるマンションにもゴミ集積場に野良猫達がいる。
マンション住民が餌付けしているらしいのでゴミ袋をあさる事はしない。
カラス達を追っ払っているようなのでけっこうかわいがられている。
ただ子猫が生まれたりして数が増えたりすると「駆除」とかいって自治会で問題にする。
いいじゃんそんなに迷惑かけられてる訳でもないのと思うが
声がうるさいとか不潔だとかいってるらしい。

ただ野良猫達はしたたかで同じ所に留まらず近くに食品工場ができればそちらに移動したり
近所のコンビニでは買い物客におこぼれをもらったりしている。

さて散歩先の野良猫達。
どこの猫達ともやはりその近所の住人達に餌付けされていて時にはびっくりするほど大勢のコミュニティを作っていたりする。

梅☆と猫02金網の先の猫を発見した梅☆。
猫のことを遊び相手と思っているようなのでなんとか近づきたい。
しかし相手はそんなつもりもなく威嚇しながらスキを見て逃げて行く。

警戒心が強く人間にこびないくせに時に甘え上手な猫達。
もはやワンコ達よりその生き方はずっとたくましい。  
Posted by yss_tresbien at 23:34Comments(21)TrackBack(0)clip!

2006年02月01日

今年は戌年

2月の雨はまさに氷雨。今日は散歩はお休みです。

今年は戌年なのだが2月になって大分忘れられてしまったんじゃないかな。
ワンコ好きの我が家の年賀状に梅☆が登場するようになって3年が経つ。
パソコンのデジカメ画像を整理していたら年賀状用に撮影したものが出て来たので紹介します。

羊梅未年用に羊の着ぐるみを用意して着せてみました。
やせぽっち羊です。
ウェアがきらいな梅☆は固まってました。






妻の実家の3匹にも着ぐるみを用意。
桜虎松

      ↑             ↑             ↑
「とら」ボストンテリア      「松」シェルティー    「さくら」ボストンテリア。

羊の着ぐるみは妻の妹が用意したものでなんと4匹分。
年賀状用としてはずいぶん予算をかけて制作しますた。

羊達
この着ぐるみを着たのはこの日だけ。
ワンコ達はみな迷惑そうでした。







H15年賀状
で完成したのがこの年賀状。
どうですか羊に見えましか?
はたしてこの年賀状が好評だったかどうかはさだかではありません。

ほんとに年賀状は毎年悩みの種です。

  
Posted by yss_tresbien at 19:14Comments(4)TrackBack(0)clip!