2006年11月06日

遊べる草の実

あぜ道

毎日河原の土手や田んぼのあぜ道を散歩コースに選んで歩いているが
足下に生えている色々な草の実がズボンにくっついてくる。
そういえば花はけっこうチェックして見ているのだけれど
あぜ道に茂っている草に目をやることは少なかったな。

ちょっとその草木に目をやってみるとこんなのが取れました。
遊べる草

左のふたつは服やズボンにからみつく実です。
右の草は2本つかって引っ張りっこして切れたら負けというゲームをする草です。

子供の頃よくこういう草や実で遊んだもんです。
他にも草笛とか笹舟とか野いちごとかアケビとかけっこう色々あったなぁ。
田舎育ちの私の子供の頃はそんな自然のもので遊んでました。

ゲームセンターにインベーダーゲームやブロック崩しができるようになったのは
中学生になってから。
ファミコンを買ったのは高校を卒業して専門学校に行きだしてからでしたね。
はからずも懐かしさが胸に染み入ります(シミジミリー)

イタズラしようと見つけた草の実を梅☆に投げつけてみました。
そしたら食われますた。
遊ばず食べる

怒ってるみたいだじょ(怖)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yss_tresbien/51255263
この記事へのコメント
トゲトゲの実、小学生の時先生の背中にくっ付けて並べて「バカ」と書いた記憶が・・
お家のご近所に動物がいたりでお散歩するにはとってもいい環境ですね♪
梅☆くん、怖いじょ〜〜!!でも可愛い☆
Posted by toroママ at 2006年11月07日 12:10
>toroママさん
やっぱり遊んだ経験があるんですね。
この近くには小中学校があるので子供たちもこの実であそんでいるんですかね。
Posted by トレビアン at 2006年11月07日 23:07