2006年03月31日

定例会2006年3月 議事録

■下関観光コンベンション協会青年部定例会
2006年3月30日(木)/割烹旅館 寿美礼
1、会長挨拶
2、自己紹介と近況報告
 林商店の林さんが新加入。唐戸市場業者連合会に何か活かせることがあればと。

3、事務局報告事項
 報告通り

4、情報研究会

1)先帝祭・上朧道中の担当について
  5月3日(祝・水)/雨天時は、赤間神宮の天橋渡りは中止、参拝のみ。道中はシーモールで実施

5、議題ブレインストーミング
 各自、自由にそして活発に、かつ前向きに、面白く発想・発言してください。できるだけ批評や否定を避け、どのような意見でも、まずはアイディアのテーブルに出すことから始めましょう。

1、事務局体制の支援について
 可能性としては充分に考えられる提案だと思うので、引き続き検討を。特に事務所移転がかなえば、家賃分を回すことも可能だと思われる。

2、青年部フリークの活動活性化について
 1)メンバー拡充
  4月末に親会の各会員企業に向けての文書発送に合わせて、活動紹介と募集を告知することは可能。

 2)観光情報ニュース発行 → 会員、市民に向けての『観光都市・下関』としての情報発信
  情報発信の必要性はあり、しかも急務。特に、市民に向けての啓蒙活動と、組合員に対しての情報発信が必要。提案のあった、A、Bの両方式について継続で検討。
 また、インターネットやメールを使った情報発信で、特に組合員がその情報を得て各自の事業に活かせるような情報発信システムを構築し、積極的に活用するべき。

 3)観光視察隊(市民視察団派遣)=『遠方見聞録』
 市民に告知し日帰りツアーの形でレポートを集め、観光政策に活用するのは重要。引き続き継続で検討を。
 少々の予算であれば回せるかもしれない。

 4)観光宣伝隊受け入れ支援事業
 情報ネットワークの件と合わせて、検討に値する事業。収支の関係をさらに詰めて検討する必要がある。

ystca at 19:30|Permalink 2006年会議 

2006年03月29日

定例会2006年3月議題

■下関観光コンベンション協会青年部定例会
2006年3月30日(木)/割烹旅館 寿美礼

1、会長挨拶


2、自己紹介と近況報告(この間に食事をしながら)


3、事務局報告事項

 1)前回の研究会のまとめ/観光コンベンション協会の年間予算から活動費が捻出できる余地について
 全体的に、すでに使途の決まっている予算組みであり、自由度が残っているのは、『観光宣伝隊派遣事業』、『観光情報提供』、『広告費』などの僅かな部門のみ。結果的に、青年部の活動としては、基本は青年部の事業展開で、自分たちの活動費を捻出し、成果を出す必要がある。

 2)市役所人事
  観光振興課の中川課長が国際課課長へ、観光振興課は中西新課長(情報政策課)


4、情報研究会

 1)先帝祭・上朧道中の担当について
  5月3日(祝・水)/雨天時は、赤間神宮の天橋渡りは中止、参拝のみ。道中はシーモールで実施


5、議題ブレインストーミング
 各自、自由にそして活発に、かつ前向きに、面白く発想・発言してください。できるだけ批評や否定を避け、どのような意見でも、まずはアイディアのテーブルに出すことから始めましょう。

1、事務局体制の支援について
 事務局の費用で、若手実務者(本業兼務で)を2、3名配置して、企画運営部門を強化してはどうか?企画担当非常勤1名、運営担当常勤1名、あるいは、企画運営担当非常勤3名など。

2、青年部フリークの活動活性化について
1)メンバー拡充
 4月末に親会の各会員企業に向けて文書発送があるので、活動紹介と募集を告知してみてはどうか?それに向けて活動内容の充実と活性化を図る必要がある。(アイディア→提案→検討→実施→収益等)

2)観光情報ニュース発行 → 会員、市民に向けての『観光都市・下関』としての情報発信
 A、簡易印刷方式
  唐戸のハナちゃん通信のような方法で、B4〜A3程度の原稿をつくり、簡易印刷で制作する。
   関係各所をはじめ、市内の配置先で配布する。
   予算=情報収集・版下制作(50,000円程度)、印刷5000部(40,000円程度)、配布費用(10,000円程度)
      広告収入(3,000円×8社=24,000円)
 B、シモキモタイアップ方式
  観光情報誌シモキモの中で観光ニュース枠をとる。シモキモ発行部数30,000部
   予算=掲載料(モノクロ1P)120,000円+情報収集・制作費(モノクロ1P)40,000円=160,000円
      タイアップ割引(80,000円)、広告収入(3,000円×8社=24,000円)
   さらに会員各社に配送するなら
      発送料 90円×350社=31,500円

3)観光視察隊(市民視察団派遣)=『遠方見聞録』
 市民に告知し日帰りツアーの形で、話題の観光地などを視察する(関係者托話・施設見学・情報交換会等)。旅行会社との既存商品とのタイアップも可能性としてはあるかと。その場合は、一部ツアー本体と別れて研修などをどのように組み込むか?料金設定をどうするか?
 視察団からはレポートを提出してもらい、観光政策に活用する。
 収益=参加料−(交通費・スタッフ費・謝礼・助成金?)

4)観光宣伝隊受け入れ支援事業
 各地から宣伝活動に来たいという他地域の観光宣伝隊を受け入れる支援をする。
 場所の確保やアドバイス、地元交流会の開催など。会員企業などに協賛してもらい支援活動のメニューリストを整備し、予算を先方に提示して、告知活動をする。
 メニューの例 会場確保、下関市内での移動手段確保、音響など会場演出資材の調達
        キャンペーン支援スタッフの確保、宿泊先の確保など
 キャンペーン隊歓迎交歓会“○○○○ナイト”の例
  例えば「松山ナイト」の場合
   乾杯・御当地メニュー・地酒を含む飲食・松山クイズ・郷土芸能披露
   観光ポスター会場装飾・歓迎芸能披露・愛媛県人会交流会・他
 収益=支援参加企業からのキックバック、交流会の益金

6、まとめ
 次回 先帝祭集中会議 未定
    定例会  4月  日( )19:00より/寿美礼旅館/夕食会費1500円

ystca at 19:13|Permalink 2006年会議 

2005年11月30日

定例会2005年11月 議事録

■下関観光コンベンション協会青年部 議事録
2005年11月29日(火)/割烹旅館 寿美礼
1、会長挨拶
 11月23日の三祭りはそれぞれ盛況で、観光へ活かす道を模索して欲しいとの声が高い。

2、ゲストトーク
 下関市市民文化課(国民文化祭担当部署) 川上課長 『国民文化祭と下関観光』
 懸案事項などをお話しいただき、参加者からの活発な提案などもあった。

5、情報研究会

●観光コンベンション協会の年間予算の読み下しで、概要は以下のとおり。
  事務所の家賃が大きい=家賃 30万円/月、内旅館組合から5万/月
  補助金については、市からの補助金が、一律シーリングダウンの影響を受けているのに加えて、山口県観光連盟からの補助金は、他都市に比べると少ない。
 事業収入 カレンダー、絵葉書などの販売関係で収入を得ている。もっと伸ばせるところかもしれないが、スタッフが足りなくて拡大できていない。
 上ろう道中の事業では、500万円の支出に対し、助成は300万円程度しかない。
 地域観光行事助成とは、お田植え際(住吉)、凧揚げ(亀山)。郷土芸能振興費とは平家踊り保存会(連盟)。
 広告費は、金額が少なすぎて実効性はなく、いわゆるおつきあい用のもの。

 全体的に、すでに使途の決まっている予算組みであり、自由度が残っているのは、『観光宣伝隊派遣事業』、『観光情報提供』、『広告費』などの僅かな部門のみ。結果的に、青年部の活動としては、基本は青年部の事業展開で、自分たちの活動費を捻出し、成果を出す必要がある。

ystca at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2005年会議 

2005年11月29日

定例会2005年11月 議題

2005年11月29日(火)/割烹旅館 寿美礼
1、会長挨拶
2、ゲストトーク
 下関市市民文化課(国民文化祭担当部署) 川上課長 『国民文化祭と下関観光』
3、自己紹介と近況報告/欠席の方からの近況報告(下記) : この間に食事をしながら
4、事務局報告事項
5、情報研究会
●観光コンベンション協会の年間予算の読み下しで、概要は以下のとおり。
  事務所の家賃が大きい=家賃 30万円/月、内旅館組合から5万/月
  補助金については、市からの補助金が、一律シーリングダウンの影響を受けているのに加えて、山口県観光連盟からの補助金は、他都市に比べると少ない。
 事業収入 カレンダー、絵葉書などの販売関係で収入を得ている。もっと伸ばせるところかもしれないが、スタッフが足りなくて拡大できていない。
 上ろう道中の事業では、500万円の支出に対し、助成は300万円程度しかない。
 地域観光行事助成とは、お田植え際(住吉)、凧揚げ(亀山)。郷土芸能振興費とは平家踊り保存会(連盟)。
 広告費は、金額が少なすぎて実効性はなく、いわゆるおつきあい用のもの。

 全体的に、すでに使途の決まっている予算組みであり、自由度が残っているのは、『観光宣伝隊派遣事業』、『観光情報提供』、『広告費』などの僅かな部門のみ。結果的に、青年部の活動としては、基本は青年部の事業展開で、自分たちの活動費を捻出し、成果を出す必要がある。
6、議題ブレインストーミング
 各自、自由にそして活発に、かつ前向きに、面白く発想・発言してください。できるだけ批評や否定を避け、どのような意見でも、まずはアイディアのテーブルに出すことから始めましょう。
 今回は、ゲストトークでの川上課長の説明を受けて、今後の活動の『道』を自由に意見交換したいと思います。
 出された多くのアイディアの中から、事務局でジャンルや方法別に整理し、順次今後の議題に挙げていきたいと思います。
7、まとめ
 次回 定例会:  月 日( )19:00より/未定/夕食会費1500円

ystca at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2005年会議 

2005年10月21日

定例会2005年10月

 秋の観光シーズンの最中、また冬のふくシーズンを前に皆様にはますますご盛栄のことと存じます。
 会の速度アップを計ろうと標榜しつつも前回の会議から2カ月の間を空けることとなってしまいまして大変に申し訳ありません。
 ようやく下記のとおり次回開催のご案内となりましたので出欠のご連絡をお願いいたします。

-------------------------------------------------------

2005年10月25日(火)/割烹旅館 寿美礼
1、会長挨拶

2、自己紹介と近況報告/欠席の方からの近況報告は別紙 : この間に食事をしながら

3、事務局報告事項
 1)前回の準備会議より
 会の略称、愛称について
  略称:YSTCA =Young of Shimonoseki Turist & Convention Association
  愛称:『下関フリーク』
 会議の設定について
  大きくわけて『定例会』と『集中会議』の二つを設定します。
 情報伝達手段について
  電子メールとウェブログを併用します。
  どうしてもメールまたはインターネット環境がない方に限り、FAX、郵送などの方法を利用します。
 2)その他、この間の動きはなし

4、情報研究会

 観光コンベンション協会事務局の近藤理事より、観光コンベンション協会の決算・予算書についてご説明いただき、そこから現在の観光コンベンション協会の活動と、これからの青年部の活動のニーズを見いだしていきたいと思います。
 なお、近藤理事は所用のため、説明と簡単な質疑応答までで退席されます。

5、議題ブレインストーミング
 各自、自由にそして活発に、かつ前向きに、面白く発想・発言してください。できるだけ批評や否定を避け、どのような意見でも、まずはアイディアのテーブルに出すことから始めましょう。

 今回は、情報研究会での近藤理事の説明を受けて、今後の活動の『道』を自由に意見交換したいと思います。
 出された多くのアイディアの中から、事務局でジャンルや方法別に整理し、順次今後の議題に挙げていきたいと思います。

6、まとめ
 次回11月定例会:11月29日(火)19:00より/未定/夕食会費1500円

ystca at 13:59|Permalink 2005年会議 

2005年09月06日

準備会議延期のお知らせ

9月6日(火)に予定していました準備会議は、台風接近のため次週に延期します。
9月13日(火)19時より、寿美礼旅館。会費1500円です。

ystca at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 2005年会議 

2005年09月01日

2005年準備会議 議題

■下関観光コンベンション協会青年部 活動準備会議
2005年9月6日(火)/割烹旅館 寿美礼

1、会長挨拶

2、自己紹介と近況報告/欠席の方からの近況報告は別紙

3、事務局報告事項

4、議題ブレインストーミング
 各自、自由にそして活発に、かつ前向きに、面白く発想・発言してください。できるだけ批評や否定を避け、どのような意見でも、まずはアイディアのテーブルに出すことから始めましょう。

1)会の略称、愛称について、以下のように提案します。
 略称:YSTCA =Young of Shimonoseki Turist & Convention Association
 愛称:『下関フリーク』
 正式名称が余りにも長いため、通常の呼び名として『下関好き』という意味の『下関フリーク』を愛称として考えました。(例)『下関フリークの今度の例会は…』などとご利用下さい。

2)会議の設定について

 大きくわけて『定例会』と『集中会議』の二つを設定します。
 それぞれの会議の性格や活用の方法については、別紙にまとめていますのでご確認下さい。

3)情報伝達手段について
 経費面から考えても、基本的に郵送は通常の手段としては利用しません。
 電子メールとウェブログを併用したいと考えています。詳細は別紙にて説明します。どうしてもメールまたはインターネット環境がない方に限り、FAX、郵送などの方法を利用します。
 また、メール、インターネットの利用方法に不安のある方は別の日程で『ネットワークの夕べ』という、講習会&夕食会を開催しますので、そちらへご参加下さい。

4)予算折衝関係
 緊急に親会に対して予算折衝しないと行けない項目について、検討が必要となります。
  ・事務局作業費
  ・広報費
  ・調査研究費
  ・海峡祭り上ろう道中対策費

5)その他、今後の活動への提案


5、まとめ
 『ネットワークの夕べ』:○月○日(○)夕食会費/テゲテゲカフェ(唐戸はやいところ隣)/1500円
 定例会に向けての情報、出欠連絡締切(ご提案などあるかたはこの日までに):9月22日(木)
 次回9月定例会:9月27日(火)19:00より/未定/夕食会費1500円

ystca at 13:56|Permalink 2005年会議