ウルトラマンマックス、第9話は「龍の恋人」。
伝説怪龍ナツノメリュウの登場です。
美しい湖を望む奈津川村。そこには伝説の龍「ナツノメリュウ」の祠があった。
「ナツノメリュウさま、この土地にホテルが誘致されるなど、そのような暴挙が許されるのでしょうか」と祈る村長に対し、「オヤジも相変わらず優柔不断だよな」という息子。日に日に観光客の減っていく奈津川村の湖を望める一等地にホテルを建設し人を呼び込みたいというのだ。観光客さえ増えれば考えるに考えるという村長に息子は、奈津川湖に謎の怪獣ナッシーが出現する演出し、テレビやマスコミで話題となり人々を取り込んだ。
奈津川村の湖での怪獣騒ぎに、DASHのカイトとミズキが奈津川村の調査に向かった。湖に現れたカイトとミズキに、龍の噂は本当だと人々次々に集まり人で沸いた。調査の結果、生命反応のない湖に、村長と息子は観光客が不安がるといってカイトとミズキを一蹴した。
調査を終えて帰ろうとするカイトは、そこで何度か目にした白い服を来た少女の姿を追った。祠のところで少女は「知ってる?ナツノメリュウの伝説」・・・そういって、湖の伝説「ナツノメリュウ」について語った。その昔、この湖には村の守り神・ナツノメリュウが棲んでいた。しかしある時、村人同士の争いが起き、村の森や湖が汚されてしまい、そのせいで龍は怒りを爆発させ村に襲い掛かった。そのため、村の英雄が祠を作り龍を鎮め、そして村人たちは二度と自然を破壊しないと誓ったというのだ。少女は、人間はまた過ちを犯そうとしていると言って村の破壊を危惧し、カイトに龍の祠を守ってほしいと懇願した。
DASHでは龍の動きを解析したところ、人工物と判明した。
村長と息子に会ったカイトとミズキは、息子の「この村の為にやった、龍なんているわけがない」という発言に怒りを覚えた。しかし村長もこの夜は年に一度の花火大会が開かれることになっており、東京から多くの人が来ることになっているというため、村の盛り上がりに今では後に引くこともできなかった。
龍が祀られている祠を壊す息子・・・折りしもそのとき、カイトは、観光客が湖が吹き上がり龍らしき姿を発見するという情報を警察に訴える姿を見つけた。その後カイトは少女に会う。少女は再び祠を守ってほしいと願った。しかし、カイトは龍の話はでっち上げだと告げた。すると少女は、今夜村の人たちが祠を取り壊され、祠に手を出したら龍は本当に暴れだしてしまうというのだ。そして、村の伝説は「やがて村の英雄が龍の怒りを鎮め、龍を七色の光の中へ封印した」と結んでおり、カイトならきっと龍の怒りを鎮めることができるのだという。少女のことをミズキに告げるカイトだが、ミズキには何も見えないという。
大勢の観光客でにぎわう奈津川村で花火大会が始まった。しかし、その間、ナツノメリュウの祀られた祠の取り壊しが始まっていた。祠へ向かったカイトは「この祠は村にとって大事なものではないのか?」と村長の息子に説得するが、息子は村の生まれ変わりを信じDASHには関係ないと言って解体を続けた。
にぎわう花火大会。そんな中、祠に祀られていた龍の玉から光を放たれ、湖からナツノメリュウが現れた。炎の翼をはためかせて空を舞うナツノメリュウに奈津川村は混乱した。口から火を吐くナツノメノリュウ。炎に包まれる奈津川村に逃げ惑う人々。
「あの子の想いが伝説の龍を復活させたんだ」
カイトはミズキに避難誘導を呼びかけ、少女の元へと走った。龍の存在を信じることができなかったと少女に詫びるカイトは、ナツノメノリュウが暴れる姿を見て走りよりウルトラマンマックスへと変身した。
怒りを鎮めようとナツノメノリュウに立ち向かうウルトラマンマックスは、体にダメージを与えて取り押さえようとする。しかし、一旦怒りを爆発させたナツノメノリュウもそう簡単にはおとなしくならない。ウルトラマンマックスはナツノメノリュウの頭をキックしダメージを与えた、そしてさらに村を鎮火した。しかしナツノメノリュウは青い炎を口から吐、再び襲い掛ってきた。止めを刺そうとするウルトラマンマックス、すると「待って、待って」と少女の声が。ナツノメノリュウの瞳から涙のような光の玉が落ち、その玉の中に少女が現れた。ナツノメリュウはこの村を守りたいだけだという。そしてナツノメリュウの怒りと苦しみは村人に伝わったと説得する少女。そしてウルトラマンマックスの手から光が放たれると、七色の光がナツノメノリュウを包みこみ、怒りは封印された。
成り行きを見守る人々たち。
やがて村の英雄が龍の怒りを鎮め、龍を七色の光の中へ封印した。
「伝説が、伝説の英雄が蘇った」という村長に、ミズキは「英雄はウルトラマンマックスだけじゃない。こんどは皆さんが伝説を継承する番です。この村とあの龍のために」と村の人たちに告げると、ナツノメノリュウは光の翼で舞い上がり空高く消えていった。
その後、龍の祠は再建され、ホテルの誘致計画は中止されたという、そしてあの日以来、少女の姿を見ることは二度となかった。そう、ただ一度を除いて。
湖では白い花を湖に捧げる女性が、カイトに話した。
「娘が大好きな花だったんです。この村もこの湖も大好きな子でした。もうなくなったんですけどね。二十年も前に」
首から提げたロケットペンダントには、あの白い服の少女の写真が入っていました。

【感想】
奈津川村にある祠に祭られた龍の伝説。信じてきた人、そして作り上げて村の活性化を図ろうとした若者。しかし、その伝説は本当の話となる・・・そんな第9話でした。
伝説にまつわる話と現実のどろどろした展開に幻想的な部分が交わり、楽しめる一話だったと思います。奈津川湖のナッシーはネス湖のネッシーを思わせるような設定ですね。かつてウルトラマンガイアにミズノエノリュウという怪獣が出てきましたが、あれは風水を使って龍を探る女性がミズノエノリュウの怒りを鎮めた話だったような。我が家には、ソフビのミズノエノリュウがあり、今回ナツメノリュウの登場を知り、なぜかすぐに浮かんだのがミズノエノリュウでした(あんまり関係なかったですね)。
ナツノメノリュウの話は、童話作家、浜田廣介さんの「りゅうの目のなみだ」という作品を髣髴させるような展開。大人の目に映る伝説と子どもの目に映る伝説。今回はストーリーが味わい深いものだけに、ただしみじみと子供心に帰ったような気がします。

人気blogランキング←人気ブログランキングはこちらです